2016-04-04

本年度の随意契約。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-国崎蛍「子供だってエッチなの」ティーアイネット ISBN:9784887746039
話○ 抜○ 消小 総合○

姪っ子姉妹の世話を言いつかったニート男子の主人公は彼女らに弱みを握られ仰せのままにあらゆる場所で性的ご奉仕連作3本&フルカラーショート1本&描きおろしアナザーエピソード+独立短編2本。ちっちゃいくせに早くもセックス大好きで欲望に忠実な小悪魔ニンフェットどもにいい歳した大人が始終振りまわされるうれしいんだか大変なんだかわからない光景をモリモリお届けの作者記念すべきファーストコミックスだ。なおペンネームはこの綴りで「くにさきけい」と読み下す模様。
毎月数冊の単行本をコンスタントに送り出すこの出版社だが、現在の執筆陣はその大多数が頭身高めグラマラス系女子を得意とする描き手。一部たまにぺたっ娘も混入させる作家はいるものの基本的には巨乳ヒロインの殿堂という印象の版元だ。そんななか4月新刊リスト中でいきなりロリ全開な本作の表紙画像を目にしてたいそう驚き、これはなにごとかとさっそく挑戦してみることにした次第。
購入後改めてカヴァーを見返すと、寸胴体型のみごとなロリっ娘がズラリと配された表紙/裏表紙に改めて驚嘆。中身の白黒原稿もおおむね同じ雰囲気のキュートなアニメ絵基調の作画だ。残念ながら収録作の初出明記がないがググってみると直近2年くらいの「バスターコミック」掲載分をまとめたようで、作品間で絵に若干のバラつきは感じられるものの極端に気になるほどでもない。全体としてやや古典的なヴィジュアルながら泥くささなどとは無縁であり、どのような層にも受容しやすいのではなかろうか。なお版元提供の著者別情報ページ内でサンプル画像を参照できるので、近所に店頭見本を見られる本屋がない方は購入前にそちらの確認をオススメ。
当然のごとく登場するのは第二次性徴突入前のランドセル世代ガールズオンリー。脇キャラでJKやママンが出てくるので女性らしい体型が描けないわけではないのだろうけど、このたびファックを担うのはそろってお胸ささやかお尻ペッタンの平坦ボディっ娘ばかりだ。作中では巨乳扱いの女の子でさえせいぜい甘食クラスのちんまい突起なのでおっぱい星人には回れ右推奨。ヒロインみな顔立ちは基本いっしょでツリ目/タレ目の描き分けや髪型で差異をつけても結局似た感じのルックスになってしまうけれど、ベースのデザインが充分にラヴリィなのでノー文句。
天使のような笑顔の彼女たちだけどくり広げられる物語のなかで果たす役割は意外にもエグい。本作のメインコンテンツである冒頭連作「いいなりハウスキーパー」シリーズおよび単独の読み切り群いずれも、性欲旺盛な少女サイドが大人男子に積極的に迫り、あるいは露骨に服従を要求してえげつない行為を強要するという暴君ぶりを発揮するのだ。むろん悪意や憎しみが存在するわけではなくあくまでプレティーン特有の無邪気な全能感の発露であり根底にあるのはむしろ嬉々としてペットとたわむれるみたくコミカルなノリではあるのだが、純真無垢な大和撫子タイプのヒロインに全身全霊で尽くされたい諸兄にはハッキリ言って不向き。
かくして突入のエロシーンでは野郎どもみなお姫さまの命じるまま全力で腰を振り精根尽き果てるまでサーヴィスサーヴィス。忠実にご奉仕さえすれば彼女の方から股間にまたがり全身で腰を使いながらちんまい子宮いっぱいにザーメンを受け止めてくれるのだからたまらない。付随して秀逸なのが効果的に挿入される性器結合/射精断面図で、狭隘な膣内をゴリゴリ貫きたっぷりと精液を注ぎこむまでの一部始終がヴィヴィッドに描き出され読み手の自慰表明を大いにはかどるものとしてくれる。
女の子側からもっちりボディをすりつけられ熱い体温を感じてたちまち息子はエレクチオン。たぎる情欲をひとまず抑えまずはょぅι゙ょのお大事を丹念に舐めあげれば、ご褒美にビンビンの暴れん棒をお口や手足や素股でなぐさめてもらってドプドプ漢汁発射だ。休憩など許されずこんどはすっかり発情した彼女らのお好きなシチュでイカせることを命じられ、滑らかなスリットめがけて反り返るシャフトを激しく突き入れる。全身汗みずくになりながら激しく腰を振り快楽享受に熱中するアリスたちがまだしちゃいけないアクメ顔を見せつけながらよがり狂うさまが淫猥でたまらない。いよいよ日本語にならない咆吼を発し体躯をのけぞらせて必死に中田氏を懇願する少女のお望みどおり、ちびっ娘まんこの最深部めがけ許容量オーヴァーの種つけ汁を際限なく叩きつけ果てしなき性の饗宴もようやくグランドフィナーレ。
一歩間違えばサドっ娘主導のハードSMになりかねないところをギリギリで踏みとどまりコミカルなイチャラヴ風味で進行する秀逸なガチロリ物件。女の子たちは全員どこへ出しても恥ずかしい正真正銘のビッチばかりゆえ貞淑オクテっ娘との赤面必至甘エロなどは期待できないが、そのぶん吹っ切れた肉食獣ファックを満喫できることだろう。彼女らの服従要求プレイにはどうしても引いてしまう自分も国崎蛍謹製のすばらしい結合断面描写には感嘆しきりで差し引きちょうどいい感じ。ロリ専門ではない総合百貨店雑誌にあっては貴重なちびっ娘要員として今後も大いに活躍してもらいたいもの。冒頭シリーズの壮絶な姉妹丼&ハーレムエロスもよかったが、それ以上に姉の恋人をなかば寝取るみたいに大胆アプローチでガチハメ三昧に持ちこむ幼女ヒロインの痴態がすばらしい短編「しーくれっと in the dark」がグッと来て、とくに姉とキスするのと同時に妹へはガッツリ膣内射精するその瞬間の構図が秀逸!

0 件のコメント:

コメントを投稿