2016-06-18

本日のフェルミ推定。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-Rico「よいこといけない放課後」コアマガジン ISBN:9784864369213
話○ 抜○ 消小 総合○

教え子2人から同時に告白された塾講師はセットで彼女らを愛でまくり連作2本+かわいすぎるメガネっ娘妹とラヴラヴ夫婦性活シミュレイション連作2本+甘えん坊の妹ちゃんを一人前のオンナにしてあげて連作2本+一緒にお風呂へ入ってくれる純真無垢な義妹にも目覚めの日が連作2本+独立短編2本+表紙連動描きおろし漫画。ちんまい女子連中から無条件に慕われ濃厚らぶらぶちゅっちゅののち幼い子宮へ大量にザーメン斉射のAlmost Paradise到来な作者最新刊は通算7冊めにして初のオールちびっ娘コミックスだ。ちなみに本作はその内容ゆえか初手からアマゾン八分を食らっているので、書籍リンクはまんが王のサイトへ。
いっとき一般誌でも連載をこなしていた関係で前単行本「世界で一番愛してりゅ」のリリース前はけっこう発売間隔が空いたのだけれど、今回はそこから1年ちょっとで刊行と以前のペースを取り戻した。巻末にある収録作の初出を見るとほとんどの作品が2015-16年に描かれたもので、最近のRicoがいかにノリノリで執筆しているかというのがよくわかるお仕事ぶりである。なお出版社提供の単行本情報ページで内容サンプルが見られるほか、作者サイトの発売告知記事でも収録作紹介や各ショップの購入特典情報を掲載など盛りだくさんな案内がなされているので、それらを参照ののち本屋へ向かうのがベター。
「萌え」という概念をそのままヴィジュアライズしたみたくキュートネスの塊な作画はデビュー当初からRico最大の武器。とくにここ数年は表現技法の洗練により女の子の喜怒哀楽クルクル変わる表情変化が従来以上に魅力を増した。前述したように執筆時期がかなり狭いスパンで固まっているので作画のブレも少なく、また唯一2013年に描かれた古めの原稿も差異は明確にわかるが極端な違和感はないかと。
このラヴリィな筆致で極上キュートガールズをモリモリ量産するのがまいどの作風なのだが、この新作は既刊との明確な相違点が存在する。すなわち、登場キャラがひとりの例外もなくつるぺた寸胴体型のピュアロリっ娘で占められるということ。従来も巨乳/貧乳分け隔てなく描きこなしてきた作家だけれども、総体としてはおっぱい女子優勢で推移していた。それが今回は完全にょぅι゙ょ方向へ寄せてきたので、Rico謹製の童顔巨乳ヒロインがことのほか大好物だった諸兄は要注意。自分もこの人の描く女の子はわりとビッグバスト嗜好だったので若干ショックではあるのだけれど、ともあれやや頭でっかちなボディバランスに華奢な四肢、非常にささやかな稜線のお胸近辺、そして下腹部にはみごとに1本線のたてすじという具合に彼女らは誰もがまごうかたなき無垢なニンフェット。
そんな彼女らと優しく誠実でちょっとえっちなお兄ちゃんや先生たちとがくり広げる糖度100000%のベタ甘和姦が物語のベースライン。ほぼ修羅場らしい修羅場もなく相思相愛どうしのひたすらスウィートな恋愛模様が臆面もなく展開されるのだ。加えて単行本冒頭からなかば過ぎまではお話が2本1セットの構成となっており、1本めでめでたく結ばれた2人が2本めでさらに距離を縮め関係を深めるイチャラヴぶりの進化がつむがれるのが特徴的。この仕掛けはコミックスへ確実に両者とも収録されるのを前提にしないと実現できないシステムで、作者の培ったたしかな実績があるからこそこの凝った趣向も許される。全面的な信頼関係のもと身も心もステディな彼にゆだねすっかり安心しきった少女たちが赤面必至の睦言を次々と口にしては永遠の愛を誓う光景にニヤニヤが止まらない。
エロシーン密度はものすごく高い方ではないけれど、飛び抜けてキュートな発展途上アリスたちの一挙手一投足がむやみに情欲をそそり、それをデビュー作からは格段の進歩を遂げた各種のエロ演出技法が下支えする。とくに性的に無知なヒロインをまるで壊れものを扱うみたく慎重にその幼い体躯へ快楽を覚えこませてゆく男性キャラたちの優しくも執拗な手つきと、それに導かれあどけない表情を一歩一歩ステップを踏みゆっくりといっちょまえのメスのツラへと変貌させてゆく幼女たちの艶姿がなんとも煽情的。しまいにはすっかり覚えたてのセックスに熱中しギュッと抱きつきながら恥も外聞もなく中田氏をおねだりするまでに成長するのだからたまりませんね!
まだ性行為のなんたるかもわからないちびっ娘を褥に横たえ起伏の少ない肢体へ指を滑らせながらゆっくり秘所をほぐしていくうちに彼女の方もいつの間にか瞳をうるませ呼吸を荒くする。高まる心臓の鼓動が聞こえそうな位置までボディを密着させて濃厚なキスを交わしいよいよ前人未踏のょぅι゙ょのワレメへたぎる怒張をロックオン。極力苦痛を与えぬようソフトタッチで距離を稼ぎながら狭隘な子宮口へすぐさま到達しそこから徐々にストロークを早くすると少女もいつしか頬を紅潮させうっとりしたような表情で初めての感覚に身をよじらせるのだ。全身が汗ばみ結合部からとめどなく露をあふれさせたままうわごとのようにエロワードを乱射ししきりに膣内射精を懇願するヒロインのJSまんこめがけて最後に特濃ザーメンの奔流をたっぷりとプレゼント。
この作家の描くものではやっぱ巨乳ヒロインの方が……と最初は思っていたけれど、けなげで献身的すぎる学童おにゃのこのお姿や彼女らの見せるドエロいイキ顔百面相に心打ち抜かれマイちんこをハードに使役した次第。いっとき頭身が上がりすぎて気になっていたのもちびっ娘ばかり描いているうち是正されたようで今回はノー文句。薄い本では引き続きおっぱいっ娘もモリモリ描いているので、巨乳/貧乳問わずえっちぃヒロインをずっと大量供給してもらえれば重畳きわまりない。収録作いずれも心地よく精巣のストックを費消させてもらったが、なかでもショートおかっぱ甘えん坊妹ちゃんにじっくりセックスの気持ちよさを覚えこませ立派な中田氏大好きっ娘に育った彼女へドプドプ射精の「さみしい夜はお兄ちゃんと」/「お兄ちゃんとハートな記念日」連作と、カテキョ先の教え子ちゃんの真摯な告白に応え必死に抱きついてくる彼女の奥へたっぷり種つけ「ふくらみかけの想い」がとくによござんした。

0 件のコメント:

コメントを投稿