2017-07-29

今晩のクイックルワイパー。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-掃除朋具「SCANDAL! ~Limited Edition~」ワニマガジン社 ISBN:9784862695024
話○ 抜○ 消小 総合○

ひそかに想いを寄せていた姉の恋人と関係を持ってしまい悩む妹だが姉の計らいで3P突入しみんなではっちゃけ正続編+窮地を前にやむなく枕営業を決意した落ち目アイドルは思いのほか接待が性に合い本業も絶好調本編&描き下ろし後日談+独立短編2本+フルカラーショート1本+巻頭/巻末折り込みイラストギャラリー。超絶画力から生み出される極上ガールズ&レディースのあられもない痴態を大画面かつ瀟洒なヴィジュアルで堪能の作者記念すべきファーストコミックスは大判ハードカヴァーの豪華仕様だ。なおペンネームはこの綴りで「そうじほうぐ」と発音。
昨今のエロ漫画業界というのは一般誌と比べて異様に画力特化の人材が集積する梁山泊と化しているのだけれど、そんな潮流を作り出しずっと牽引し続けているのが「COMIC快楽天」系列各誌を擁するワニマガジン社であることは論を俟たないと思う。最近は他社へも人材が移りノウハウが伝播しているようではあるものの、依然として画力オリエンテッドなノリがどの雑誌でも貫徹されている感じ。そんな風潮をまさに体現するかのような怒濤の絵ヂカラを持つこの作家が漫画作品のみならず美麗なイラストも満載のゴージャスな装幀でデビュー作を上梓するのもいわば歴史的必然なのですよ。
本書を手にしてまっ先に気づくのが、表紙/裏表紙の素材が厚紙をプレスしたガチガチの素材だという点。すなわち、一般的な漫画単行本みたくソフトな紙質ではなく、文芸書や写真集のようなハードカヴァー仕立てとなっているのだ。加えて本の判型もひと回り大きい雑誌サイズで、これでは税込み2,500円の超ブルジョア価格もやむなしといったところ。お高いプライスにふさわしくエロ本というにはいささか上品すぎる美麗な表紙をめくると出てくるのはこれまた繊細かつシルキーな独特の筆致。総体としては一般的なアニメ/ゲーム系の絵柄の範疇に属するそれとはいえ、顔パーツ付近やおっぱいにまんこなど主要部分の質感がおそろしくきめ細やかで、ひたすらその得も言われぬ色艶に感嘆するとともに「これは量産利かないだろうなあ」と思ってしまう。収録作の初出は当社刊の「コミックゼロス」で2013-15年にかけ掲載の原稿となっており、じつのところ古めのものだとむろん当初から上手いけれどもさほどケタ外れという印象ではないのだ。それが以後の作品や描き下ろしパートなど執筆年代が直近になるほどクオリティも右肩上がりになっているのがすばらしい。そのへんはむろん実際に購入して目の当たりにしていただきたいが、版元みずから異様に気合いの入った単行本特設ページをこしらえておりその脅威の画力の一端を確認できるので、掃除朋具未体験の方はまずそちらのチェックをば。
この畏怖すべきお筆先からつむぎ出されるヒロイン連中は10代後半~20代なかばあたりのゴールデンエイジ。制服女子からアイドルやキャリアウーマンに女将さんなどよりどりみどりのラインナップである。昨今この業界でいちばんウケのよい、あどけない顔立ちにこんもり盛りのよいボディが組み合わされる魅惑のコンビネイションだ。なんとも艶っぽい雰囲気をかもし出す大人キャラも悪くはないけれど、ふんわりキュートでいながら早くもドエロい体躯をあらわにするJK附近のキャラがもっとも訴求力が高いので今後もこのあたりのお歳を中心に描き続けていただきたいもの。
今作コンテンツは1話完結もしくは2連作の短編群からなるミックス構成で、オーソドックスなイチャラヴ和姦を主体に♂1×♀2や不特定多数と連続ファック(ただし複数姦はなし)などを適宜交えて多彩なニーズにお応え。お話運びはスムーズで科白まわしもよどみなく誰にでも受け入れやすいタイプの作劇だ。掃除朋具の場合はその超絶画力こそがメインディッシュであり物語はあまりうるさく自己主張せず後方支援に徹するので、ストーリー方面になにかきわ立ったワンダーや尖った展開をお望みの方は不満を覚えるかも知れないが、この作家の資質的には現状の路線でまったく間違いはないと感じる。
一部の掌編を除き1本あたり24-30ページとワニマガらしからぬ大容量で濡れ場占有率も相応に高く、掃除朋具謹製のマーヴェラスな女体を大判サイズでたっぷり摂取だ。エロシーンの趣向自体はきわめてシンプルな肉体言語の応酬であり奇抜なシチュやアイテムが用いられているわけではないけれど、この人の描くとびきりの美少女/美女たちが絶品トロけ顔さらしアンアンあえいでいる姿を目にするだけでなんとも眼福。とりわけ個人的には膣内射精/結合断面が意外なほど充実していたのがうれしくて、ゴム付きファックからナマ中田氏へと移行の黄金展開やら「孕め!」と絶叫しながら子宮の奥まで白濁を叩きつけるフィニッシュ近辺の心躍る科白やらにムスコを握る手もいっそうリキが入ろうというものだ。
清楚な笑顔のあの娘も妖艶な出で立ちのあの人も褥へ潜りこめばただちに発情しそろってメスの顔。着衣をずらし滑らかなトルソをあらわにするとそこにいるのは完璧なまでの女体美を備えたヴィーナス。たわわな双丘を揉みしだき敏感な部分を刺戟するたび瞳をうるませ震える声で快感に身をよじらせるさまがいとおしくもエロっちい。すっかり準備万端の秘密の花園をパカッとご開帳していきり立つ怒張をゴリゴリ侵入させ性器どうしの真剣勝負がスタートだ。恥じらう表情を淫蕩なメスのそれへと変貌させながら四方八方へハートマークをばらまきついには自分から腰を使いはじめる彼女の痴態にいっそう興奮。必死にしがみつきながらイクイク連呼し昇りつめてゆくヒロインズのドスケベまんこめがけ最後に特濃ザーメンの奔流を許容量いっぱいにぶちまけたその刹那両者ダブルノックアウト。
当初抱いていたようなキレイキレイしたイラスト集という印象をくつがえし、通常のエロ漫画単行本となんら遜色ないガチエロを味わえる珠玉の1冊。とはいえ普遍的なそれに比べおおよそ2倍半の立派なお値段と自慰表明の際の取りまわしがえらくやっかいなハードカヴァー仕立てはやはりハンディといわざるを得ない。同じ会社から当初大判で発売された石恵「TiTiKEi」の場合は手に取りやすく廉価な通常版が後日リリースされたけど、こちらも可能ならばコンパクトで使い勝手のよい普及ヴァージョンをのちのち上梓してもらいたいところだ。あるいはもし電子書籍版が予定されているのなら読みづらさの問題は解決するので、それを待つのも手ではある。本作の売り方からするとエロ漫画家というよりはイラストレーター方面へこの後の活動をシフトしてゆくのだろうけど、できることならまたキュート&ドスケベな漫画作品も手がけてほしいもの。収録作のなかでは若書きらしい稚拙さもありながらヒロインの無類のかわいらしさとそれと裏腹のド淫乱ぶりがナイスなアイドル枕営業もの「マクライブ!」と、清く正しいイチャイチャをすっ飛ばし恥じらいつつもひたすら肉欲におぼれちゃうJKちゃんがドエロすぎる「I Love you.の伝え方」がたいそうよござんした。

内緒だぜ 二人きりのシークレッツ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/29借出。

-大澤真幸「山崎豊子と<男>たち」新潮選書 ISBN:9784106038075
-新城郁夫/鹿野政直「対談 沖縄を生きるということ」岩波書店 ISBN:9784000292047
-中村洋明「航空機産業と日本」中央公論新社 ISBN:9784120049811
-中島淳「日本のドジョウ」山と渓谷社 ISBN:9784635062879
-金原みわ「日本昭和珍スポット大全」辰巳出版 ISBN:9784777818709
-R・ハッパー「世界の廃墟・遺跡60」東京書籍 ISBN:9784487810437
-J・M・カーリン「カクテルの歴史」原書房 ISBN:9784562054046

2017-07-26

今期の異次元緩和。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-龍牙翔「彼女とH」コスミック出版 ISBN:9784774731605
話△ 抜○-△ 消中 総合△

ふとしたことでクラスの優等生女子の隠された性癖を知った主人公は彼女とえっちなお突き合いを実践本編&描き下ろし後日談+独立短編11本。とびきりキュートな萌えっ娘たちと恋に落ち若さゆえの暴走でヒロインズのド迫力ボディをむさぼり尽くしてはドプドプ膣内射精三昧のスペクタクルな光景を惜しみなく大サーヴィスの作者最新刊は新作抜き物件としての第11弾コミックスだ。
今世紀初頭にはすでにプロ作家としての活動を開始していた大ヴェテランで、自分も大昔から息子がお世話になりまくり。ただ一般誌へ進出したり他分野のお仕事が増えたりで成年向けでの執筆は近年フェイドアウトぎみだったのも事実。それが今年に入って突如立て続けに2冊の単行本が出て欣喜雀躍したものの、それらはいずれも再録で当ブログでの評価対象とはならず購入をパスした。今回は事前に新作単行本という話を聞いていたのでようやくネットでポチった次第である。なお初単行本化原稿ばかりの作品集としては2010年刊行の「Hでゴメンナサイ。」以来じつに7年ぶり。
エロゲ風味のラヴリィな作画がキャリア初期から最大の特徴で、少女漫画的繊細さとオタ的な直球のキュートネスとがほどよくブレンドされた端整な筆致がかつて若かりしころの俺のハートをきゅんきゅんさせてくれたものだ。ひるがえってこの新刊を見るとカヴァーイラストはずいぶんいま風のタッチに変貌していてビックリ。しかしながらいざページを手繰れば出てきたのは自分が記憶していたとおりの古きよき龍牙翔のそれで、おそらくゼロ年代末~2010年代初頭あたりに描かれたものが中心と思われる。ゆえに表紙と中身とのギャップは明確であり、可能ならば店頭見本を手に取れる環境で吟味したうえでの購入可否決定をオススメ。
このたびぼくらを慰安してくれる女性陣は年のころハイティーン~20代なかば付近の食べごろ世代。といってもブリブリの萌えフェイスでJKはおろか社会人女性でもキュートネス炸裂の愛らしい造形ゆえ、逆にお歳相応の婀娜っぽいレディースがお好みの方には回れ右推奨。そんなラヴリィなお顔なのに首から下はボンキュッボンのたいへんグラマラスな体躯をお持ちで、とりわけおわんをそのまま伏せたみたく不自然に盛り上がったビッグバストが逆に2次元ならではのバロキッシュな美しさを感じさせて読み手の勃起中枢を大いに刺戟するのだ。
著者公式ブログのお仕事告知で明言されているとおり、今作は単行本未収録原稿+同人初出作品の構成。ほとんどが1話完結のオーソドックスな短編群であり大半は甘口のタイマンエロスと普遍的な造りで意外性には乏しいけれど、ワン・アイディアを軽妙に引っ張りスムーズに濡れ場へとつなげるよどみない進行はさすが大御所作家。同級生に先輩後輩、幼なじみから血族に人外さんまでとヴァラエティ豊かなおにゃのこたちと想いを通じあい首尾よく結ばれてハッピーエンドの心暖まる光景に君のハートはほっこり股間はモッコリ。
同人からの収録が多いせいか10ページ以下のむやみに尺の短い作品が目立つのだけど、そんな掌編でもエロシーン容量は充分に確保され自慰表明を効率よくアシスト。ノーマルな肉体言語の応酬のなかにもイジメティックに責めてみたり逆に女性主導でいたぶられてみたりと変化球を交えて多彩な営みをくり広げるのだ。龍牙翔お得意の肉厚ビラビラ描写が無粋な白抜き修整で遮断されぎみなのはうれしくないけれど、ふだんの端整な笑顔をすっかり涙とヨダレで濡らしながら彼氏ちんこで貫かれはしたなくイキ狂うヒロインズの痴態を存分に堪能。
いつもは柔和な笑顔を向けてくる彼女もいざ発情すればすっかりメスのツラをさらけ出し自ら衣服を剥いでたわわな肢体をオープンセサミ。辛抱たまらずド迫力おっぱいへむしゃぶりつき舌先や指で執拗にニップルを刺戟すればたちまち甘い吐息が漏れはじめる。グショグショの下着越しに秘密の花園へ暴れん棒をねじこんで粘膜どうしのハードな摩擦運動をスタートだ。ストロークを刻むたびほおを紅潮させアンアン嬌声を発するさまがいとおしくもエロっちい。全身を打ち震わせながらのぼりつめてゆく彼女のドスケベまんこいっぱいに最後白くねばつく液体を怒濤のごとく叩きつけ女体征服ミッションコンプリート。
新作作品集と謳いつつもだいぶ昔の作品が多かったのはまあ措くとして、収録作の初出記載がいっさいなかったのと性器修整がまるでコンビニ売り誌みたいに真っ白テープ貼りつけだったのはもったいない部分。前者はコレクターズアイテムとしての価値をかなり減じてしまうし、後者はやっぱり本作の採点を辛くするに充分な理由となってしまう。とはいえひさしぶりに龍牙翔謹製のうさんくさいほどの巨乳をたっぷりおがめ、なおかつ直近作ではみごとに現代のトレンドを取り入れた画風へチェンジしているのを確認して、この人には再度商業誌でバリバリ活躍してほしいと心より感じた次第。このたび収録の物語たちのなかでは、後日談を含めた唯一の連作であり最新型龍牙翔の柔和な筆致&ヒロインのナイスな痴態がじっくり味わえるタイトル・チューン「Hな彼女」/「彼女とH」が私的フェイヴァリット物件。

気分が良くて何が悪い?

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/26購入。

-中川右介「冷戦とクラシック」NHK出版新書 ISBN:9784140885215
-押尾一彦/野原茂編「日本鹵獲機秘録 新装版」潮書房光人社 ISBN:9784769816492

2017-07-24

今夜のチェス・ゲーム。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-いちまつ「背徳へようこそ。」ワニマガジン社 ISBN:9784862695017
話○ 抜○ 消小 総合○

仲良し同級生女子3人組の週末予定がどうしても合わない理由は……本編&描き下ろし後日談+水泳部の巨乳先輩女子にイジられっぱなしの後輩男子は徐々にカノジョとの距離を縮め本編&描き下ろし後日談+独立短編6本&うち3作品ヒロインズ集合アフターストーリー+フルカラーショート1本。ばいんばいんボディをハードに使役し男たちの邪悪な欲望の餌食となりつつみずからも肉欲の坩堝へと落ちてゆくオンナたちの浅ましき情景をヴィヴィッドに描き出す作者最新刊は通算3冊めのコミックスだ。
ワニマガ各誌執筆陣に共通するハイクオリティな作画を誇りつつある程度の量産もこなせるという編集サイドにとってはこれ以上ないほどありがたい作家で、しかも快楽天系列にはめずらしくデビューから一貫してダーク系主体の淫靡な雰囲気のエロスを手がける貴重な存在。前単行本「オンナノスキマ」刊行から本作リリースまでは1年半以上とやや間隔が開いたけど、それでも業界平均ペース以上ではある。
基本的にはオーソドックスなアニメ/ゲーム系の絵柄の範疇に属するものの、黒目がちのうるんだような瞳や常時紅潮しているかのごとくお顔に多くの線が入る画面処理が全体としてどこか翳りを帯びた雰囲気をかもし出しているのがいちまつ絵の特徴的な部分。日常パートでは他の作家みたくコミカルな崩し顔も描くだけに濡れ場での淫蕩なたたずまいとのギャップがいっそう映えるのだ。収録作の初出を確認するとすべて前作発売後に「COMIC快楽天」に掲載された最新の作品ばかりでジャケ買いも安心。なお版元の提供するコミックス情報のほか、非常に浩瀚な単行本紹介記事が著者公式ブログ内にあり、そこから内容サンプルや各ショップ購入特典の参照が可能だ。
この端整な筆致でもってドドーンと景気よく盛りつけられたおわん型のエクストララージバストをお持ちのドエロい女子を年齢の上下を問わず大量供給するのがいつものパターン。今回も女子高生から人妻まで、おぼこい女子ありギャルギャルしいのありと多様なニーズに対応だ。そんな爆乳スキーのパラダイスではあるものの、ごくまれに投入されるちんまい貧乳っ娘もまたえらくかわいくて、この作家がひと筋縄でいかないところを見せてくれる。
コミックス表題が示唆するとおり、くり広げられる物語の多くは体よくだまされレイプされたり口止めのため意に沿わぬ隷属を強いられたりの凌辱仕立て。なにも知らない少女がすっかり肉便器化させられたり貞淑な人妻が性欲処理のオモチャにされたりの人権蹂躙がてんこ盛りだ。むろんガチ成年指定とは違い慎太郎シール誌掲載物件ゆえ最終的には女子みな気持ちよく昇天するのでそこはご安心を。とはいえ既刊2冊から比べると普遍的なタイマンラヴがあったりお気楽ハーレムを投入したりと作劇のヴァリエイションが増えてきた感じ。このへんを進化ととるか逃げととるかで評価は変わってくると思うが、個人的にはオハナシの引き出しが増えることは歓迎すべきことと考えるので前者寄りの見解だ。
女性らしく角ばったところのひとつもない柔らかな肢体を猛り狂う剛直で貫きまくり容赦なくスペルマの奔流を浴びせるエロシーンはなんともウェッティ&エロティック。1本あたり18-20ページと分量は比較的コンパクトで濡れ場占有率もコンビニ誌初出だけあり極端に高いわけではないけれど、朱に染まったイキ顔を見せつけビッグバストを乱暴に揉みしだかれつつ法悦の態で未曾有の快感によがり狂う光景を扇情的なアングルの多用で読者の脳髄へダイレクトにたたきつける演出の妙によりチンピク度がグッと上昇するのだ。くわえて過半の作品で乱交プレイが展開され、大量のちんこに埋もれ全部の穴をえぐられて絶頂するヒロインのえげつない痴態でぼくらの辞意表明も止むことなし。
わけもわからぬまま褥に横たえられ、あるいは悪辣な企みの犠牲となって、女たちはその豊満な肢体の全容を見せつける。しっとり汗ばむ乳房を揉みしだき先端に口づけながら徐々に敏感な部分まで指や舌先を這わせてゆくとたちまち彼女ら呼吸を荒げ早くもトロけ顔。すっかり準備万端の蜜壷を暴れん棒でかき分け粘膜同士ハードにこすり合わせるたび羞恥と拒絶の表情はいつしか受容と悦楽のそれへと変わってゆく。なん本もの男根をねじ込まれ全身汁まみれになりながらついにはハート目で淫語マシンガン連射しては自分から膣内射精を乞うに至り、そんな彼女の見せた恭順に対し征服の証として子袋いっぱいに白くねばつく液体をとめどなく注ぎこむのだ。
キャリア初期からの基本路線を踏襲しつつもヒロイン造形や物語のパターンにいくつか新たな試みを加えた成長の1冊。個人的にはイチャラヴ中心で描いている他の快楽天作家みたくライト系エロのお話ももっと読んでみたいのだが、このしっとりと湿りを帯びた作画やいかにも受難劇の似合いそうな女性陣のキャラメイクを見ているとたしかにNTRやら輪姦やらの方が相性はよさそうなのだよな。ともあれ今回も大いに息子がお世話になり感謝感激雨あられであるけれど、なかでも引きこもり少女と彼女を世間へ連れ出した社会人オタ女子のいとこ同士がそろって転落の「こもりひめ」と、サバサバ系先輩女子の度重なるちょっかいからお互い見せっこ→本番へとエスカレート「夏の境界線」の明暗両極端な2本が私的お気に入り。

彼岸過迄

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/24購入。

-久保田万太郎「浅草風土記」中公文庫 ISBN:9784122064331
-「COMIC E×E」08

2017-07-23

今週のヘヴン状態。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-いちはや「あまいきかのじょ」ジーオーティー ISBN:9784814800384
話○ 抜◎ 消小-極小 総合◎

極上ふわとろ美少女たちが積極的にちんこへまたがりダイナミックに精液搾取短編全10本。キュートフェイス&ビッグバストのヴァラエティ豊かなヒロインズが日常の清楚な笑顔からは想像もつかないあけすけな痴態をさらけ出しては子宮の奥までザーメン注がれはしたなさすぎる全力アクメ顔を披露の作者最新刊は通算3冊めにして当社からのファーストコミックスだ。
以前からその傾向はあったとはいえ昨今すっかり童顔巨乳スキーの自分にとって、その理想を目の前で具現化してくれるこの作家に出会った日から現在までずっとそのすばらしき芸風のとりこ。文苑堂よりおよそ1年前に上梓された前単行本「しこまんぞく」は壮絶までにキュート&超高シコリティであり、当ブログ選定の2016年エロ漫画ベスト10において第3位に挙げたほどの傑作。そんなこの人の新刊単行本なのだからリリースの報を耳にしたその日からずっと愚息もフル勃起で労苦のあまりやせ細ったほどだけどようやく入手することができましたよ!
のっけからプリッと豊かな双丘を惜しみなく見せつける蠱惑的なカヴァーは既刊2冊にも勝るできばえで、もうこのイラストだけで早くも1発抜けそうなくらい。はやる気持ちを抑えつつページを手繰り初出一覧を見ると、今回収録の物件はすべて当社刊の「comicアンスリウム」誌上で2015-17年にかけ掲載の最新型いちはやオンリーとなっている。よって表紙と中身の絵柄は完全コンパチであり、いちはや特有の萌え萌えテイスト炸裂なきらびやかなタッチがもっとも洗練された形で楽しめる仕掛け。なお版元公式サイト内の単行本情報ページからサンプル画像のほか各ショップ購入特典も確認できるので、この作家にはじめて挑戦する方はいちどそっちを覗いておくのが吉。
この滑らかな筆致から生み出される女性陣はおそらく制服JK固定で、これまでの単行本のなかではもっとも年齢分布がピンポイント。いちはやが薄い本でよく描くロウティーン貧乳っ娘がお好みの方にとってはご愁傷さまだが個人的にはまさに今回らへんの年代がマイ経絡秘孔ドンピシャなのでノー文句。むろん表紙で訴求するとおりのラージバスト女子専科でもあり、お歳のわりに幼い雰囲気の顔立ちでいながらおっぱいは大人顔負けのゴージャスなブツが付属というアンバランスさが淫靡さをいっそう高めるマジックとして機能するのだ。
オリジナル同人ではシリアス系の苦い恋模様も描く人だが二次創作や商業原稿ではもっぱら明朗快活エロコメ路線で、それはこの最新刊でも共通。すべて読み切りの収録作たちいずれも思春期男女の明るく楽しくちょっとアホな性春グラフィティを活写だ。1本のみ存在の3Pネタを例外としてほかは同級生もしくは年上男子とのタイマンラヴの構図で、彼ら彼女らのおバカなやり取りを目の当たりにしてニヤニヤが止まらない。また今回いちはや作品で特筆すべきなのは従来から定評のあったヒロインたちのイキイキとした造形にますます磨きがかかったことで、一途だったり二面性を秘めていたり無邪気だったり思惑を隠し持っていたり多種多様な切り口からパーソナルな魅力を引き出すのに成功している。とりわけ唯我独尊マイペースだったり過剰にテンパったりするタイプの女の子を描かせると天下一品。彼女らの行動原理がときにエキセントリックながらもしっかり確立していることでストーリー展開もスムーズとなり、物語の楽しみもおかしみもよりきわ立つ仕組み。
1作品あたり18-20ページ程度の若干タイトな分量ながら巧みなお話運びでサクサク濡れ場へ突入しファックの密度は充分。こんなにカワイイ娘がド派手に乱れて……というギャップ萌えのお手本のごとき女の子たちの豹変ぶりがたまらなく股間を刺戟する。プリプリ弾力豊かな肢体を惜しみなくさらけ出しては性器どうしをハードに使役する容赦なきエロシーン描写に、いちはや特有の絶品アクメ顔百面相がさらなる興奮を励起せしめ、利き手の摩擦運動もはかどりまくりだ。全身をグショグショに濡らし端整なお顔をすっかりメスのツラへと変貌させながら淫語マシンガン連射する彼女のコンパクトな子袋いっぱいに幾たびも白濁を注ぎこむ光景をノンストップでお届け。
JKとはいえまだまだおこちゃまテイストのあどけない日常の笑顔はどこへやら、はしたないビッチ同然の淫蕩なトロ顔をさらしつつ彼女の方からたわわな乳房をオープンし下腹部もパックリご開帳して臨戦態勢。辛抱たまらずルパンダイヴの男子の欲望を熱烈歓迎し粘膜の奥を突き進む暴れん棒の動きにシンクロするかのように女子どもも腰をシェイクさせうっとり法悦の態で快楽享受に夢中だ。怒張で内奥をゴリゴリしごかれるたび全身をビクつかせだらしなくヨダレ垂らしながら四方八方へハートマークをまき散らすさまがエロティックでたまらない。性器どうしこすれ合う擬音と彼女のケダモノじみた咆吼とが渾然一体となりながら超高速BPMとなり下品きわまりないアクメ顔を見せはじめたら絶頂も間近。いよいよ感極まり執拗にナマ中田氏を懇願するヒロインズの願いどおり、ティーンエイジまんこの最深部めがけ白くねばつく液体を続けざまにお見舞いし女体征服ミッション完了。
工夫がこらされた女の子のキャラメイクにより物語にもエロにも魅力が増した、いちはや商業漫画としてのひとつの完成形。トーン薄めの良心的な性器修整のアシストもありこれまでの作品中でもっともユースフルでもある。同人の方では近年まったく異なるテイストのお話を展開中なのでそっちから入門した読者はとまどうかも知れないが、スカッと笑えてサクッと使えるこっちの路線も両方大好物な自分としてはあえて両極端なノリを今後も貫き続けていただきたいもの。どの女の子にも息子が腎虚になるほどお世話になりまくったけれど、なかでも優等生の兄のストレスを母性あふれる妹ちゃんが幼い身体ですべて受けとめなん度も中田氏させてくれ放題「あまやかしすたー」と、凛とした王子様系女子が恋人たる男性教師の前ではふだんと裏腹なメスのツラさらしてイカされまくり「ヒメゴトプリンス」のショートヘア巨乳っ娘もの2本で我が精嚢のストックもスッカラカン。

ベンテンさん

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/23購入・借出。

-赤江達也「矢内原忠雄」岩波新書 ISBN:9784004316657
-桜田美津夫「物語 オランダの歴史」中公新書 ISBN:9784121024343
-南極OB会編集委員会編「南極大陸大紀行」成山堂書店 ISBN:9784425948611
-海渡雄一編「戦争する国のつくり方」彩流社 ISBN:9784779123146
-「コミックバベル」2017年9月号

2017-07-22

ウコチャヌプコロ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/22購入。

-鈴木小波「ホクサイと飯さえあれば(5)」講談社 ISBN:9784065100240
-白田秀彰「性表現規制の文化史」亜紀書房 ISBN:9784750515182
-「COMIC LO」2017年9月号

2017-07-21

本日のジャパリパーク。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-majoccoid「とろけも」コアマガジン ISBN:9784866530703
話○ 抜◎-○ 消小-中 総合○

神様の御眷属にして人間界で修業中のオオカミっ娘は居候先の男性教師と恋に落ち連作4本+就活願掛けで神社へ訪れた主人公は巫女に扮したお稲荷さまに童貞を食われ犯りたい放題中編3本&サブヒロイン主演パラレル短編1本+全員集合巻末描きおろし漫画。もっちりボディ&プニプニまんこの人外ガールズと深く愛し合い激しく身体を重ねる淫靡で幸福な世界に耽溺の作者最新刊は通算3冊めにして本レーベルからのファーストコミックスだ。
いろんな雑誌を股にかけ八面六臂の活躍を続けるいまが旬のエロ漫画家のひとり。クライアントが分散しすぎてコミックス刊行に必要なストックがたまるのが各社遅く処女作リリースまではずいぶん待たされたけれど、以後の歩みは順調そのもの。去年出た2冊に続きさほどインターヴァルを置かずにぼくらと再会だ。そんなわけでデビュー作「ユメミルスレイブ」がキルタイムコミュニケーション、前単行本「おやつのじかん」が茜新社ときて、この3冊めがコアマガジンという具合に版元はすべてバラバラなのがちょっと笑っちゃいますね。
普遍的なアニメ/ゲーム系の絵柄に少女漫画ティックな繊細さとオタ文化的萌え風味をほどよくブレンドしていねいに撹拌したその絵柄はおそろしくキャッチー。前述の事情で単行本化にこぎ着けるまで時間がかかり収録作の初出は直近に別媒体で執筆の1本を除けば2014-15年にかけての「コミックホットミルク」掲載分と数年塩漬けになった格好だが特段の違和感はないはず。強いていえば最新の原稿や描きおろしパートでは描線が細くなりmajoccoid特有のクセがやや薄れたような。例によって出版社公式サイト内の単行本情報ページからサンプル画像がおがめるので、いきなり書店へ直行する前にそっちを確認しておこう。
コミックス表題が示唆するように登場ヒロインのほとんどがnot人類ゆえ年齢設定はほぼ無意味だけれど、ルックス的には10代前半から20代なかば相当まで比較的ワイドレンジ。既刊2冊では童顔巨乳系のキャラデザインが圧倒的だったが今回は並~貧乳も用意してロリコン諸兄のニーズにもお応えだ。乳サイズの大小を問わず柔らかな女体のラインと触ると弾けそうなプニプニまんこの妙なるマリアージュは共通しており、この得も言われぬ肉厚感こそがmajoccoid最大の武器といえよう。
構成コンテンツは大まかに2パートで、前半部が「おおかみさんシリーズ」と銘打たれたニホンオオカミ人型変化ヒロイン×居候先人類男性教師ピュアラヴ連作(各回タイトルが異なるだけで実質的には通しの中編だ)、後半部がショタ系大学生×H大好きキツネ神様カップルにロリっ娘座敷童がイッチョカミの中編「ぼくのおいなりさま」プラス明言されてないけど座敷童ちゃん(あるいは転生別人格か)単独のスピンオフとおぼしき読み切り「ちづるちゃんのいえでにっき」。そして最後に両シリーズが合流し主演男優2名を分身させて乱交大会の描きおろしショート「かみさまたちのひまつぶし」となる。なお竿と鞘の対応は本編どおりでちんこ入り乱れてのスワッピングにはならないから安心せよ。いずれも運命のヒト♂と人外♀がボーイ・ミーツ・ガールからはじまり愛が深まって永遠に添い遂げることを誓うまでのド直球なタイマンラヴであり砂糖菓子をダイレクトでかじり倒しているかのような読後感がこっ恥ずかしくも甘酸っぱい。いずれの話も男性主人公に思いを寄せたり状況をかき乱したりのサブヒロインを投下し恋愛模様にひと波乱を起こしはするけれど、最終的には彼女らも含め大団円のハッピーエンド。KTC刊の1冊めこそわずかにダーク要素を含んでいたものの以後はひたすらスウィートかつ幸せに満ちた物語がつむがれており、殺伐とした日常に疲れた読者諸兄のささくれだった心もすっかり癒されるに違いない。
1本あたり18-24ページと若干分量にバラつきはあるがエロシーン密度はいずれも標準以上で、純真だったり小悪魔ティックだったり多種多様な女の子たちがステディな男子を前に娼婦さながらのドスケベぶりを発揮するのだ。特段トリッキーな趣向や奇抜なアイテムが用いられるわけではないオーソドックスな肉体言語の応酬ではあるものの、充填剤がたっぷり詰めこまれたみたいにパンパンの肢体をハードに使役しつつほおを紅潮させ瞳をうるませながらめくるめく快感に身もだえするヒロインの細やかな表情変化が読み手の勃起中枢をいっそう刺激する。とりわけ物語終盤においてさまざまなすれ違いや誤解をようやく乗り越え思いの丈をぶつけあってラヴワードを臆面もなく乱射しながら熱のこもった交合をくり広げるさまは圧巻で、2人の身もフタもないらぶらぶちゅっちゅぶりを目の当たりにしながら自慰表明もはかどりまくりだ。
互い想いあう気持ちを確認するには実践がいちばんとばかりに2人は熱く口づけ服を脱ぐのももどかしくベッドイン。目前にまろび出されたたわわな双丘にむしゃぶりつきながらぷっくり盛り上がった肉ヒダをゆっくりねぶり倒すたび全身をビクつかせ呼吸を荒げるさまがいとおしくもエロっちい。やがて準備万端の蜜壷をみずから押し開き愛液をしたたらせながら挿入をおねだりする彼女のリクエストにお応えしいきり立つ怒張をインサート。子宮の奥まで突き上げられ熱に浮かされたように淫語マシンガン連射の彼女の痴態に興奮しきりだ。いよいよ感極まりきつく抱きつきながら涙と汗とヨダレまみれで昇りつめてゆくヒロインズの人外まんこめがけ2度3度4度と霊長類ザーメンの奔流を怒濤のごとく叩きつけフィニッシュ。
コアマガ単行本の宿痾である性器ドアップ時の面積大きめ黒ノリは若干興が殺がれ、また私的嗜好によりちっぱいヒロインではいくらか実用度が減退したものの、あいかわらず強力無比なムチプリボディ絨毯爆撃&極上射精断面メガ盛り状態のマーヴェラスな光景に息子をいじる手も腱鞘炎になること請け合い。いったん各社のストックが放出されたので次に単行本が出るのはしばらく先になりそうだけど、安定した供給能力をフルに発揮していただき早めに4冊めを出迎えたいもの。今回の収録2シリーズのなかではなんといっても俺的にmajoccoid漫画開眼のきっかけとなった「おおかみさんシリーズ」が白眉で、清楚でけなげなのに最愛の彼の前でだけはド派手にイキまくりのギャップがすばらしすぎるニホンオオカミ女子・詠(ヨミ)たんのワガママボディで精根尽き果てるまで我が砲身を酷使。

飛べ日本基督教団号

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/21購入。

-羅川真里茂「ましろのおと(18)」講談社 ISBN:9784063925944
-赤澤史朗「靖国神社」岩波現代文庫 ISBN:9784006003654
-一ノ瀬俊也「飛行機の戦争 1914-1945」講談社現代新書 ISBN:9784062884389

2017-07-18

つまみぐい文学食堂

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/18借出。

-川本三郎「「男はつらいよ」を旅する」新潮選書 ISBN:9784106038082
-越野弘之「昭和レトロ自販機マニアックス」洋泉社 ISBN:9784800312440
-P・オースター「冬の日誌」新潮社 ISBN:9784105217181

2017-07-17

Going Underground

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/17購入。

-玉置標本「捕まえて、食べる」新潮社 ISBN:9784103511410
-逢坂まさよし+DEEP案内編集部「首都圏住みたくない街」駒草出版 ISBN:9784905447825

2017-07-16

今宵の桃色学園都市宣言。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-宮原歩「淫形(ドール)の館」ティーアイネット ISBN:9784887746572
話△ 抜○ 消小 総合○

飼い主の希望どおり女性を調教し専用の性玩具へと仕立て上げるスゴ腕主人公のもとへ今日も新たな依頼が……表題作長編4話+独立短編1本。華やかかつ可憐な筆致で描かれる極上ガールズ&レディースがメスの本性を開花させド派手に乱れはしたなくアクメ顔披露のワンダフルな光景を視界360度どこまでもお届けの作者最新刊は抜き物件としての通算16冊めにして6冊めの本格黄色い楕円コミックスだ。
ガチエロ/ライトエロ両方をほぼ同様の比率で執筆する器用な作家で、自分もそれぞれ楽しませてもらっている。ただストロングファック原理主義の当ブログではどうしても前者の紹介に重心が偏って、直近に竹書房から出た続きもの2冊はいずれもスルーしており心苦しい限り。そんなわけで評価の俎上へ載せるのは同じTIよりちょうど1年前に刊行の「彼女たちは暴かれた」以来のこと。
随所にBL/TL的残滓がうかがえつつも男性向けエロへ過不足なく適応したキャッチーな作画が宮原歩最大の魅力。明らかに女性の手になる繊細な筆致から意外にも肉感的でつややかな肢体描写がなされるそのギャップがたまらなくエロティックなのだ。例によって収録作の初出を書いてくれていないが、確認したところ表題作については前作発売後の連載、巻末の短編1本のみ2011年作品とずいぶん年代が開いている。よって作画の新旧差はハッキリわかるが、逆にこの作家の成長ぶりがひと目でわかりよろしいのでは。むろんこの出版社の常で作家別ページより1話まるごと試し読みをはじめ豊富にサンプルが見られるので、まずはそっちを参照すべし。
この端整なタッチでものされる女性陣はいつもだとコンビニ売り中心の他社仕事より平均年齢が下がりハイティーン近辺なのだけど、この連載に関してはもう少しアップして10代ラストから20代アタマといったところ。もっともラストの読み切りで制服JCが投入されており均せば結果的にいつもどおりではある。おっぱいサイズも基本巨乳ながら最後だけ甘食サイズになるので、昨今レアな宮原歩貧乳キャラをおがむ絶好の機会ですよ!
物語は普遍的な兄妹ラヴものであるラストの短編「いもうと恋心」はまず措くとして、タイトル・チューンの長尺連載をメインで紹介。階層格差が進み一部の富裕層以外の女性は売買されるのが常識となった社会で、クライアントの要望どおりに少女らを調教し飼い主の嗜好にピッタリのメス奴隷=「淫形(ドール)」へ作り替えることを生業とするのが主人公・海人(かいと)。その過程では激しいプレイや人格蹂躙もいとわないが、最終的には彼女らを快楽へ順応させむしろ積極的にご奉仕することに悦びを覚えるまでに導く――女を「幸せ」にするのが彼のポリシーなのだ。かくして生意気な没落令嬢はザーメン中毒と化し、ドM少女は元いじめっ子にモノとして扱われ、その辣腕に仕事仲間の女までもが調教志願する始末。そんな海人は仕事のかたわら行方知れずの幼なじみを探し出し、別の調教師のもとで淫形となっていた彼女と再会するのだが……その結末はみなさま自身で読んでのお楽しみ。学園ものの体裁を採りつつほのかにダークな愛欲の隘路を描いた前単行本に引き続き、こちらの長編もどちらかというと翳りを帯びた雰囲気だ。とはいえ女の子はみな幸福そうにイキまくるし極端に凌辱ティックな趣向はないのでこの作家のライトエロを読みつけてきた人でもさほど抵抗なく受容できるだろう。
1本あたり40ページ平均にもなるとてつもないヴォリュームを十全に活かし濡れ場はひたすら豪華絢爛。依頼主のリクエストどおりヒロインの多種多様な性癖を引き出してゆく調教プロセスをじっくり腰を据えて活写だ。宮原歩特有の艶めくボディ描写を引き立てるべくトルソのアップを多用しり性器結合部をさまざまなアングルで映し出すカメラワークが光る。加えてすばらしいのがフィニッシュで必ず膣内射精断面を大ゴマで展開してくれることで、狭隘な子宮の奥底まで白濁のほとばしりが注ぎこまれるその瞬間を逃さず捕らえ、それにシンクロするように女子連中の淫蕩きわまりないアクメ顔を重ね合わせる巧緻なテクニックに読者の股間も屹立しっぱなしですね。
囚われの子羊たる少女たちはこれから待ち受ける運命を予感し屈辱と恐怖に表情を曇らせる。そんな彼女らも言葉巧みに内なる欲望を引き出されさまざまなテクニックでいつの間にか四肢をゆだねてしまいめくるめく快感の渦にみずから没入してゆくこととなるのだ。いつの間にか全身が熱くなり自分から男根を求めるように仕向けられてすっかり発情モード。ずいぶん焦らされ待ちぼうけを食らわされるうちほおは紅潮し秘部を濡らして陥落寸前。いよいよたぎる怒張をねじこまれ激しく腰を使われるころにはもはや仕向けずともちんこに夢中だ。同期するように下腹部をくねらせビッグバストを揺らしながら瞳をうるませ汗と涙とヨダレまみれで日本語にならない咆吼を発し続けるさまはもはや1匹のメスのそれ。淫形の歓びに目覚め四方八方へハートマークをばらまきつつしきりに膣内射精を懇願する彼女のご要望にお応えし、ドスケベまんこのいちばん奥までザーメンの奔流を叩きこみ女体征服ミッションコンプリート。
展開に趣向を凝らしているとはいえ調教完了までの流れは一種のルーティンであり物語的コクはさほどないものの、そのぶんちんこの摩擦運動に全エネルギーを集中できる良質の自慰表明アシストツールだ。また従来お蔵入りしていた初期作品1本が改めて収録されているのもお得で、単行本を買うことの喜びを実感できる1冊といえよう。今回の調教されたガール4人衆のなかでは、主人公の運命の女であり昔日の清楚な姿のまますっかりド淫乱に変貌していた黒髪ショート和装っ娘・小春(こはる)が俺的イチオシ。

モーニング・ムーンは粗雑に

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/16購入。

-クール教信者「おじょじょじょ(4)」竹書房 ISBN:9784801959897
-スージー鈴木「サザンオールスターズ 1978-1985」新潮新書 ISBN:9784106107245
-「COMIC快楽天BEAST」2017年8月号

2017-07-14

人気のパ、実力のパ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/14購入。

-長澤和俊「世界探検史」講談社学術文庫 ISBN:9784062924382
-武田尚子「ミルクと日本人」中公新書 ISBN:9784121024381
-「comicアンスリウム」2017年8月号

2017-07-13

本日の九条OS。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-音乃夏「はたらくおんなのこ」コアマガジン ISBN:9784866530680
話○ 抜○ 消小 総合○

勝ち気な体育教師やお堅い数学教師が生徒たちに弱みを握られ性欲処理の道具にされるも彼女らは一発逆転の機会を狙い……中編3話+母が蒸発し叔父の元へ身を寄せた少女は彼の営む劇場のダンサーとして舞台に立ち中編4話+独立短編2本。スタイル抜群ガールズ&レディースが豊満な双丘をブリブリ揺らしセックスの快楽に没頭する光景をお腹いっぱい摂取の作者最新刊はマークつき作品集としての通算8冊めにして当社発の第5弾コミックスだ。
必要以上にうるさく描きこまずトーンワークも比較的シンプルなのに女の子のたわわなビッグバストの質感をじつに美味そうに表現できる極上おっぱい絵師として活動しはや幾歳月。すでに男性向けエロでのキャリアも10年をすぎもはやヴェテランの風格だ。近年は一般仕事も増え最盛期に比べると執筆ペースも落ちついた感じだがそれでも抜き漫画から足を洗わず良作を供給し続けてくれているのはありがたい限り。てなわけで前単行本「ワンダフルデイズ」刊行から2年少々とやや長めのインターヴァルを経ての再会である。
少年/青年漫画系のスッキリした描線をベースにほどよく萌えだの色艶だのをブレンドした好感度の高いヴィジュアルがいつもながらにグッド。昨今この業界で流行っているような、コッテリ陰影を効かせた濃い口の作画とはいささか趣が違うけれども、過剰な装飾に頼らずとも女体の美しさをかもし出せるのは漫画家としての技倆がたしかな証拠だ。収録作の初出を確認すると1本だけ2009年執筆の旧作があるほかは2016年以降に「漫画ばんがいち」(紙/電子)掲載の直近原稿で構成。昔から絵柄のベースは確立しているので違和感はほとんどなくジャケ買いも問題ないはず。なお出版社webにある単行本情報ページでサンプル画像が確認できるほか、著者公式ブログ内の発売告知記事から各ショップ購入特典の案内がなされているので、この作家に初挑戦する方は先にそちらを見ておくのをオススメ。
この滑らかな筆致でもって直近数冊は女子高生ヒロインを中心に描いてきたのだけど、巻末著者あとがきいわく「JK物に飽きが来たので」ということで今回は単行本タイトルが雄弁に物語るとおり、女性教諭とかストリッパーに看護師やウェイトレスと勤労女子専科となっている。もっとも年齢層はむしろワイドになっているのだがそれについては実際に購入して中身を確認すべし。むろん音乃夏最大の武器である吸いつきたくなるような美おっぱい描写は健在で、ただ大きいだけでなくおわん型の輪郭にツンとニップルが屹立した魅惑の造形が読み手の勃起中枢を痛いほど刺戟するのですよ。
ストーリーラインはそんな女の子連中がお仕事のさなかえっちに邁進する一種の職業もの。冒頭に連作+読み切り構成と紹介したが、実際には執筆時期の離れた巻末の1短編以外は全体を通じ「働く女の子」と命名されたクラスタになっており、そのなかで「女教師編」/「舞姫編」/「ウェイトレス編」と区切られている。もっともそれぞれの話は完全に独立した作品世界を形成しており無関連なので、表題は単に勤労女性エロとしてのくくり以上の意味はない。このところは甘めの乱交系メインだったがこの新刊だと各パートさまざまな味つけで、ひたすらお気楽な複数姦あり、コン・ゲームめいた駆け引きを孕んだ乱交あり、はたまたヒロインの一途なラヴ模様ありといろんなタイプの物語を堪能できる。とりわけ女性教師2名×ボンクラ男子生徒3名両サイドの思惑が交錯しひと筋縄ではいかない展開を見せる「女教師編」と、見捨てられる恐怖から叔父への真摯な愛情へ、なにもできない無力な存在から一人前のプロダンサーへ、少女の心身にわたるビルドゥングス・ロマンとして読み替え可能な「舞姫編」の長尺もの2つが白眉。
1本あたり大半が20ページ以上とわりかし余裕のある分量が与えられているおかげで濡れ場は充実。音乃夏作品最大の武器であるヒロイン連中の美麗おっぱいをどんなときにも前面に押し出し、中空でふるふる揺れる光景もギュッと揉みしだかれていやらしく変形するさまも余さず活写だ。加えてモデルさながらの優美なプロポーションを誇る肢体が画面狭しと躍動してはとびきりのアクメ顔さらけ出したっぷり膣内射精されて女子ども絶頂のドスケベパノラマが読者の脳裡へ過剰供給されるのだからたまりませんね!
積極的に抱きついてくるのから屈辱の表情を浮かべるのまでお出迎えの態度に差異はあれど、いざ褥に横たわりボンキュッボンの裸体をあらわにすれば女子みな発情モードへ突入し臨戦態勢。目の前の極上スイカップへ辛抱たまらずむしゃぶりつけば彼女も日常のすました顔をメスのそれへと変貌させほおを紅潮させながら愛撫に身を任せる。敏感な部分をいらい倒されトロトロに濡れた蜜壷をみずから押し開き挿入をおねだりする彼女のご要望にお応えしいきり立つ怒張をインサート。粘膜も破けようかという勢いで激しく奥を突きあげるたび全身を打ち震わせ小刻みに嬌声を発するおにゃのこの痴態にいっそう興奮。思惟方発砲へハートマークをまき散らしうわごとのように中田氏を懇願するヒロインの淫乱まんこめがけ体力の続く限りザーメンの奔流をお見舞いだ。
ここ数年の路線とはやや異なる趣向ではあるものの、音乃夏謹製のエクストララージバスト女子連中がストロングファックに没頭し幸せいっぱいにイキまくる眼福な光景をたっぷり味わって愚息もご満悦。個人的嗜好としてはアダルトさん主体になってやや射出角度が下がったと思いきや中盤からの巨乳JC投入で一気に直角へ回復しトータルでこの評価。いずれにせよ業界屈指のおっぱい星人御用達作家としての地位はますます揺るがずたしかな使い心地の鉄板抜きツールと言えよう。そんなわけで私的ベストは当然けなげなちうがくせいが最愛の叔父のため彼所有のストリップ劇場で新人踊り子として奮闘の「働く女の子 -舞姫編-」であり購入即100万回ほど抜きましたですよ。

おれのすべてを見せてやる おまえのすべてを見たい

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/13購入・借出。

-中村秀幸「特攻隊映画の系譜学」岩波書店 ISBN:9784000283816
-杉山淳一「列車ダイヤから鉄道を楽しむ方法」河出書房新社 ISBN:9784309226781
-S・R・バウン「最後のヴァイキング」国書刊行会 ISBN:9784336061515
-M・ジャコーザ/R・モッタデリ/G・モレッリ「世界の特別な1日」日経ナショナルジオグラフィック社 ISBN:9784863133853
-「ダム大百科」実業之日本社 ISBN:9784408063331
-「コミックアンリアル」2017年8月号

2017-07-11

Сүхбаатарын бунхан

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/11購入。

-S・サンド「ユダヤ人の起源」ちくま学芸文庫 ISBN:9784480097996
-國分功一郎/山崎亮「僕らの社会主義」ちくま新書 ISBN:9784480069733

8月の新刊チェック。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
ソースはここ。

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_adult&group=label&term=month&date=201708&view=LIST&count=all(成年向け)

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_all&group=label&term=month&date=201708&view=LIST&count=all(コミック全般)


確定:イコール・左橋レンヤ・たまちゆき・メメ50

二次出荷:アーセナル・こたつ。・潮風サンゴ・chin・やみなべ・雪雨こん

ってなとこ。

夏の祭典もあるというのにずいぶん盛況で財布が悲鳴を上げそう。新人作家よりはヴェテランの手堅い新刊が多くてマイちんこも安心だ。
非エロは正直いまいちなラインナップだけど、「ダンジョン飯(5)」、「ゴールデンカムイ(11)」あたりはマストバイ。

2017-07-10

今週のメキシカン・カーヴ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-隈太郎「強制快姦トロけ堕ち」クロエ出版 ISBN:9784908099359
話△ 抜◎-○ 消小 総合○

口下手でめんどうごとを押しつけられ放題のJCは援交志望と間違われ犯されたことでようやく自分の思いをさらけ出し本編&ショート後日談+学校では地味なヒロインがコスプレ会場では大胆に変貌し気がつけばハメ撮られ本編&ショート後日談+悪党どもには容赦しない格闘少女だが妹を人質に取られて媚薬漬け肉便器化本編&ショート後日談+独立短編4本。あどけない少女や気高き美女が凌辱調教の末ちんこパワーに屈し下品きわまりないアヘ顔さらして絶頂するまでに堕落してゆくまでの詳細プロセスをじっくりねっとりお届けの作者これが記念すべきデビュー単行本だ。なおペンネームはこの綴りで「くまたろう」と読ませます。
自分の定期購読誌ではない当社刊の「COMIC真激」は、他社経由などでなじみのある一部の作家はともかくここだけで執筆している人についてはほぼ予備知識なし。よって今月のこの新刊も当所は購入予定になかったのだけど、なかなかに訴求力の高い表紙画像がネットに流れていたのを見て発作的に通販のカートへ。そんなわけで事前のインフォメイションが皆無ゆえ以後の記述がもしかするとピント外れになっているかも知れないがどうかご容赦を。
さっそく届いた本書をひもとくと、WEB上で目にしていたとおりのグッとくるカヴァーイラストがさっそく股間を昂ぶらせてくれる。全般的にはオーソドックスな一般青年誌系の絵柄に属するヴィジュアルで、ページを手繰り出てくる白黒原稿も印象としては同じラインだが、カラー彩色に比べモノクロのトーンワークはラフに感じられ若干のギャップを覚えるかも。あと初出の古い一部の作品は直近のそれより造形がおぼつかない雰囲気ではあるものの、新旧の極端な品質差はないので決定的なマイナス点ではないだろう。この出版社の恒例で公式サイト上から本作の内容サンプルや一部ショップの購入特典が確認できるので、隈太郎未体験の方はまず一瞥すべし。
このたびぼくらを慰安してくれる女性陣は年のころ10代前半~20代なかばと比較的ワイドレンジ。表紙だとおっぱい強調だったけど女の子たちはむしろ並乳クラスが主流派で、つるぺたは趣味じゃないけど昨今流行りのド迫力バストにもなじめなくて……という微妙なラインがお好みの諸兄にはジャストフィットではなかろうか。無垢なアリスたちありおっとりオドオドJCあり凛としたJKあり目つき鋭いキャリアウーマンあり、多彩な需要に応じた全方位外交でお出迎え。
ストーリーラインはコミックス表題が示唆するとおり全編これヒロイン快楽堕ち一本やり。完全拒絶あり半分は自分の意思もあり(もっとも大半はそう思う段階でダマされてるんですが)と当初の姿勢にいくらか差異はあれど、最終的には彼女らすっかり理性のタガを外され気持ちよく調教されて1日24時間ちんこのことしか考えられない立派な牝奴隷一丁上がりだ。魔法少女ネタやら拉致監禁やらNTRやら前提条件およびプレイ内容にヴァリエイションを設け読み飽きない工夫はなされているものの、結局のところバッドエンド一直線の黄金パターン専科で物語的コクは希薄。しかしながらそれゆえに読み手の脳みそも最初からそれに全適応しヒロイン転落プロセスを隅々まで味わってスカッと抜ける非常に合目的的な1冊に仕上がっているのだ。
そして隈太郎漫画のメインディッシュはやはりエロシーンそのもの。1作品あたり30ページ近くと潤沢なヴォリュームのうえ濡れ場占有率も極限まで高く、どのページを開いても出てくるのはエロメスどものちちしりまんこアヘ顔ばかり。とりわけこの作家得意のドスケベきわまりないアクメフェイス百面相は存在感抜群で、最初はひたすらいやがり侮蔑の表情を浮かべていたヒロインたちが多彩なアイテムを駆使され執拗に内奥を貫かれていつの間にか法悦の態で全身を打ち震わせ未曾有の快感に悶絶するさまがはしたなくも扇情的だ。日常パートでは少々稚拙な印象を受けるザックリした絵造りもファック中はその散らかり感がむしろプラスに働いていて、過剰なほどに各種擬音がバラ撒かれデッサンおかまいなしのはわわわお口から淫語乱射しつつハート目さらし分泌物まみれで怒濤のごとくイキ狂うおにゃのこの艶姿をこのうえなく引き立てる。
拒めない雰囲気に流されて、あるいは四肢の自由を奪われて、生贄の子羊たるヒロインたちは滑らかな裸体を卑劣な男どもの前で御披露目。死にたいほどの屈辱に耐えつつも執拗に全身をぬめ回され敏感な部分を刺戟されていつしか下腹部も蜜を帯びてくる。やがて猛り狂う男根が彼女の秘密の花園へと突き立てられ、そのまま粘膜どうしのハードな摩擦運動がスタート。羞恥と恐怖の表情はいつしか陶酔しきったそれへと変貌しやがて自分から腰を使いはじめ積極的に快楽享受だ。すっかりちんこパワーのとりことなりグズグズのアヘ顔さらしては日本語にならない嬌声を四方八方へばらまき出して彼女は初イキ寸前。全力でしがみつき矢も楯もたまらず膣内射精を懇願するおにゃのこの必死ののリクエストにお応えし、最後は子袋の許容量いっぱいに特濃ザーメンの奔流を叩きつけ女体征服ミッションコンプリート。
初物ゆえに作画/作劇ともずいぶん粗っぽい部分があるのは否めないところだが、そんなのが些細な瑕疵に感じるくらいパワフルなメス堕ちストロングファックの連鎖にすっかりご満悦。個人的嗜好により幼すぎたり大人すぎたりの一部キャラではわずかにチンピク度が下がったものの、総体としてすばらしくユースフルな精液分泌支援装置として作用した。ググってみるに従来は同人方面へ活動の主軸を置いていた人のようだけど、もっと商業誌登場頻度をアップさせこれまで以上にガチンコエロス絨毯爆撃で楽しませてもらいたいもの。このたび収録の物件中では、自分の意見が言えないヒロインがガチ輪姦されたのをきっかけにみずから積極的にセックスを求めるまでに自己変革を遂げる「オープンドール」と、拉致され場末の淫売宿でちんこ狂いにさせられた元優等生のもとへ噂を聞きつけた男たちがこぞって彼女を抱きに「媚少女のすまい」でガッツリ愚息を使役。

冷やしラーメン始めました

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/10購入。

-吉井理人「投手論」徳間文庫 ISBN:9784198942410
-野瀬泰申「食品サンプルの誕生」ちくま文庫 ISBN:9784480434562

2017-07-09

本日のアレキサンドリア四重奏。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-前川ハヤト「お姉ちゃん病棟」ティーアイネット ISBN:9784887746565
話△ 抜◎-○ 消小 総合○

交通事故で重傷を負った主人公は姉たちが医者や看護師として勤める病院で至れり尽くせりの血縁ハーレムライフを満喫表題作長編全5話。全国8000万のおねショタスキー期待の成長株たるこの作家が今回も糖度10000%の全編実姉ベタ甘ラヴを過剰供給の最新刊は通算3冊めのコミックスだ。
2014年に上梓されたこの人のデビュー作が「大好きだからお姉ちゃんとHしてもいいよねっ」で、一昨年秋に刊行の前単行本「お姉ちゃん先生の秘密授業」と来りゃ、およそ2年近く経ってリリースのこちらも当然のごとく「お姉ちゃん」がらみのタイトル。なお1冊め→2冊めより若干発売ペースが落ちた原因については巻末著者あとがきに記されているのだが(くわしくは実際に買って読もう!)、その体験が今回の連載作品にバッチリ活かされているのだから転んでもタダでは起きないプロ漫画家の鑑ですね。
キャリア当初はかなり粗っぽく感じた作画はいまだにゴツゴツとした部分を残し洗練の極みとは言いがたいものの、充分なキャッチーネス&キュートネスを備えた万人受けしやすいものだ。例によって収録作の初出を書いてくれていないが確認してみると2015-17年の「COMIC夢幻転生」掲載分ということで執筆時期は新しく表紙のカラー絵と本編のモノクロ原稿とのギャップも最小限。行きつけの書店にサンプルが置いてなくても裏表紙に中身から抜粋が散りばめられ、また版元公式サイト内の著者別情報ページから1話試し読みを含めたサンプル画像が参照できるので前川ハヤト未体験の方が挑戦してみるのも容易。
たまに読み切りも手がけるけれど今回は1冊まるまるの長尺ものなのでまずはストーリーの概要から。事故で大ケガし生死の境をさまよった少年・斉藤日向(さいとうひなた)だが、さいわい予後は順調で現在はリハビリと勉強にはげむ日々。彼がかつぎ込まれた帝愛総合病院では偶然にも3人の姉がナースとして勤務しており、なかば専属で世話焼きしてもらい入院生活は快適そのもの。凛とした雰囲気のなかにも女性らしい物腰の次女・菖蒲(あやめ)、豪快脳筋系のビッグで褐色な三女・皐月(さつき)、おっとりラヴリィなツインテ四女・菫(すみれ)それぞれと姉弟水入らずの濃密な時を過ごすうちいつしか身も心も結ばれるのであった……というのが物語のベースライン(ちなみにお姉ちゃんたち全員処女)。みごとにタイプを違えた彼女らのキャラメイクに序盤から即ハーレム突入ではなくキッチリ各個撃破の周到なお話運びも合わさって、おのおの異なる反応のヴァラエティ豊かなおねショタエロスを腹いっぱい摂取できる仕掛け。さてここまででまだ見ぬ長女はどうしたの?と疑問が湧くところだが、下3人とは異なり勉学のため早くに家を離れ以前から当病院の医師として赴任している長姉・椿(つばき)はどういうわけか日向の前に顔を出さず、しかも接触を故意に避けているフシもあり。そんな彼女も日向の再度の危機に際してついに姿を現し、ようやく4姉妹そろったところで物語はいよいよクライマックス!なのだけど、以降の展開については貴方自身の目でご確認を。
日常パートはすべてこれスウィートな姉弟ハーレムを具現化するための前振りであり、当然その真髄はいとしのお姉ちゃん連中とねっとり執拗に絡みあうエロシーンそれ自体。1話あたり30ページ以上の大容量を存分に活用してショタ弟とむっちり姉との汗だく汁だくファックを詳細中継だ。主人公の少年らしい短躯に対し堂々たる体格の姉たちが優しくもときに激しく彼の肢体を包みこみいつしかひとつのマッスと化しながら快楽享受に没頭。いきり立つ怒張を下腹部の茂みのなかへ導き入れ粘膜どうしのハードな摩擦運動をくり広げては淫語も擬音も渾然一体となってコマ全体を覆うダイナミックなエロ演出が我々のシンクロニシティを高め自慰表明を力強くアシストするのだ。
入院生活の無聊をなぐさめるべくお姉ちゃん'sは果敢に弟の股間へしゃぶりつき全力ご奉仕をスタート。ほとばしる青い精をゴックンしたらこんどは前人未踏の蜜壷をみずからご開帳してレッドスネークカモン。姉の長躯にしがみつき必死で腰を振る彼を優しく抱きしめつつも自分自身はじめての衝撃に全身を打ち震わせるさまがけなげながらもエロっちい。肉ヒダを目いっぱいこすり上げられるたび内奥をきゅんきゅん収縮させ白濁を迎え撃つ気満々の姉まんこの最深部へヤンガーブラザーザーメンの奔流を2度3度4度と注ぎこみ姉弟の濃密な愛の営みはいつまでも続く。
整然とした作画や巧緻なお話作りで売るタイプではなくいくらか大味感はただようものの、ことこの作家に関してはやりたいことが明確でありその情熱のすべてが優しくえっちなお姉ちゃんヒロインズとのイチャラヴを実現することへ向けられているのが如実にわかるのでさほどのマイナス点とは感じない。かくして目前に提示される高カロリーきわまりない甘々おねショタ満漢全席ときたらまるで激盛りのお菓子をエンドレスで胃袋へ詰めこまれているかのような感覚であり脳髄まで砂糖漬けになること必定。そのブレない姿勢にはまいどながら最敬礼するほかなく、今後もスウィートネス炸裂な姉弟エロスを延々描き続けるのだろうと改めて感服した次第だ。本連載登場の弟LOVE4姉妹のなかでは、表紙でもたいそう扱いのよろしい、褐色豪快系だけどじつは純情で一途な三女・皐月姉がマイベストお姉ちゃん。

ナマコのからえばり

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/9購入。

-中村元「水族館哲学」文春文庫 ISBN:9784167908959
-平坂寛「喰ったらヤバいいきもの」主婦と生活社 ISBN:9784391150452

2017-07-08

今夜のパラノイア合衆国。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-宇行日和「福従都市メガロマニア」キルタイムコミュニケーション ISBN:9784799210512
話◎-○ 抜○-△ 消小 総合○

量子コンピュータの管理による完全無欠の理想郷に住まう一級市民たる獣人たちはソドムさながらに背徳の情欲にまみれ表題作シリーズ4本&描きおろし前日譚+独立短編5本。本格SF仕立てのハードな物語世界を背景に多種多様なケモミミガールズ&レディースが尋常ならぬ淫蕩ぶりを発揮しては文字どおり動物じみたストロングファックに没頭し大量の精を注がれ受胎するに至るまでの一部始終を疾風怒濤のヴォリュームでお届けの作者最新刊は通算3冊めのコミックスだ。ところでこの作者のPNを一発で「たかゆきひより」と読める剛の者はほとんどいないと思うので今回も既刊2冊と同様に明記。
商業デビュー当初から抜きキャラにヒューマン種族などほとんど出してこない生粋の人外エロ描きで、前単行本「愛欲幻想の怪」からはついにヒロイン陣から人類が総退場。加えて作劇のマニアック度もどんどんアップして、昨今非現実度が低下ぎみの「コミックアンリアル」にあってむしろ奇想ぶりが青天井で上昇しているツワモノだ。そんなこの人およそ1年半ぶりのこの新刊はさらにとんでもないブツになっておりましたよ。
コテコテのアニメ/ゲーム系のタッチは基本的な造形こそキャリア初期と通底するものの、ややのっぺりしていた表情には適度に陰影が加わり微妙なニュアンスを表現できるようになって深みが増した。このへんは肢体描写にも共通していて、よりエロ漫画らしい色艶が乗っかった四肢やちちしりまんこ等のエロパーツはシズル感にあふれ読み手の欲望を効果的に励起せしめる。ことに今回収録の作品たちはみな直近2年以内に執筆の最新型宇行日和であり安定感は抜群。なお例によってKTC恒例の詳細すぎるくらいなコミックス情報ページでサンプル画像がたっぷりおがめるので、いきなり本屋へ直行する前にそちらを覗いておくのをオススメ。
この蠱惑的な筆致でもって今回も獣耳娘だの悪魔だのノーマルな霊長類に属さないヒロインがてんこ盛り。下等市民としてわずかに登場する人間たちもすぐさま獣人化改造されるうえ、ただケモミミがついているだけでなく骨格までガチの動物っぽいキャラが出てくるので人外っ娘にあまり耐性のない方にはハードルが高いかも。とはいえ首から下はシッポがつく以外おおむね人類互換の美味そうなボディで、むっちり肉づきのよいトルソから激しく自己主張するたわわな双丘を目の当たりにして思わずむしゃぶりつきたくなること必至。
クトゥルフ神話ベースのヒリつくような世界観をエロのフィールドでみごと具現化した前作から趣向を一転、今回はさらに骨太のディストピアSFをくり広げる。タイトル・チューンである「福従都市メガロマニア」(および非シリーズものの短編「ヒューマン・イン・ザ・ループ」も舞台設定を共有)は巻末著者あとがきいわく「某完璧で幸福なTPRG」が元ネタとのことで、それについてはググれば自明だし、この枠組み自体「1984年」、「われら」、「華氏451度」など普遍的な反ユートピアものの系譜に属するものだ。しかしながらそれを獣人エロというみずからの得意分野へ力業で接続しきちんとした整合性をもって物語をドライヴさせるのが宇行日和ならではのオリジナリティであり最大の美点。核戦争後の荒廃した世界の立て直しを公平無私のコンピュータ「信託機械」にゆだね、肉体を獣人化し地下のシェルターで安寧に生きる市民たち。だがその裏側では支配体制の矛盾と歪みがふつふつと蓄積され、その暗黒面を垣間見ることになった彼ら彼女らには非情な罠と酸鼻な凌辱が待ち受けているのだ。かくして噴出するブルータルな情欲の発露とやるせない結末とがオムニバス形式でつづられたのち、巻末の本編プロローグで作品世界の成り立ちが描かれ締めくくる構成も完璧。その他ノン・シリーズの読み切り群も人外女子たちをめぐる殺伐とした性の饗宴が訥々と語られ、いずれも苦く複雑な味わいのエンディングを迎えてあたかも鉛を飲み干したみたいな読後感に包まれる。てなわけで甘々イチャラヴをお望みの方は間違っても手にしちゃいけない猛毒であるけれど、それだけにずしりと心身にたまるたしかな読書体験を得られる希有な1冊だ。
本作は異様に密度の濃いストーリーパートのみならず濡れ場の充実ぶりも天下一品。一部の掌編を除き1本あたり20ページ内外のさほど多くない分量のなかでもこの作家ならではの卓越したお話運びによりスムーズにエロシーンへ突入しケモミミガールがド派手に乱れ膣内射精され放題の性的放縦を余すところなく活写だ。プレイ内容は強要系主体でレイプ輪姦てんこ盛りのえげつない光景が雨あられのごとく読者の脳裡に叩きつけられる。支配/服従の構図が色濃い人権蹂躙フルコースの殺伐としたファックがどこまでも続き、マインドコントロールによる人格破壊や具体的な肉体損傷にまで至る地獄絵巻をくり広げつつもいつしか快楽の渦に飲みこまれ正常な思考能力を喪失した彼女らはもう目の前の肉欲におぼれる以外なにもできなくなるのだ。もはや単なる1匹の動物として刹那的な交合に明け暮れるヒロインたちの胎内には幾度となく白濁が注がれ、やがて誰のものかもわからぬ子を孕みボテ腹さらしてはなおも終わることなきセックスの奔流にその身が朽ち果てるまで没入してゆく。
無辜の母娘や罪なき少女がパーフェクト・ワールドのその淵にふと見えた暗闇へ引きずりこまれ止むことなき凌辱の悪夢へ一直線。着衣を引き裂かれ柔らかな体躯を白日の下さらけ出されて羞恥と屈辱に打ち震える彼女らの受難はしかしまだ序の口。投薬や器具により理性を失わされ赤裸々な欲望のみを引き出されるとケダモノさながらの痴態を存分に見せつけ自分から男根にまたがり腰を降りはじめるのだ。いつしか粘膜どうしの摩擦運動に没頭し下品きわまりないアヘ顔さらしながら淫語マシンガン連射するさまはもはや下等生物のそれ。デスパレイトな快楽に身をゆだねヒトならぬイキっぷり全開でうわごとのようにナマ中田氏を懇願する彼女のご要望どおり、最後は受胎確実の特濃ザーメンを子宮の最深部までたっぷりとお見舞いだ。
まだしも取っつき良好な部分を残していたデビュー作から冊数を重ねるごとに作画/作劇とも息苦しいほどに密度が高まって、いまや極限までエキスを煮詰めた濃縮液のごとき面妖な雰囲気までかもし出しはじめたハードSF凌辱の金字塔。ここまでコッテリ感が強まると気軽にちんこをしごくのには逆に向かなくなってきたけども、ディストピア系エロのひとつの到達点として今後も語られるべき逸品であるのは間違いない。人外耐性のあまりない自分はガチでケモな一部のヒロインでは少々息子を活用するのが辛くなったものの、人間なんかイラネ!と豪語する本格派獣っ娘スキーならばむしろ抜き評価5割増しでよろしいかと。今年に入ってからのKTC物件はいろんな方向へ突出しまくった単行本が続々と刊行されて出版社の本気を改めて感じた次第だが、作者さまにおかれましてはますますゴーイングマイウェイを極め前人未踏の境地へ到達していただきたい。

すばらしい新世界

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/8借出。

-永田和宏「人はどのように鉄を作ってきたか」講談社ブルーバックス ISBN:9784065020173
-田中圭一「うつヌケ」角川書店 ISBN:9784041037089
-山田邦紀「軍が警察に勝った日」現代書館 ISBN:9784768458013
-小関和夫「カタログでたどる 日本の小型商用車」三樹書房 ISBN:9784895226684
-C・マコーリフ「心を操る寄生生物」インターシフト ISBN:9784772695558
-T・エルボラフ/A・ホースフィールド「世界の果てのありえない場所」日経ナショナルジオグラフィック社 ISBN:9784863133778

2017-07-07

ウラオモテ彼女

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/7購入。

-蝉川夏哉/ヴァージニア二等兵「異世界居酒屋「のぶ」(4)」角川書店 ISBN:9784041057933
-大月悠祐子「ど根性ガエルの娘(3)」白泉社 ISBN:9784592147985
-DARTHREIDER「MCバトル史から読み解く 日本語ラップ入門」KADOKAWA ISBN:9784046019073

2017-07-02

今宵の赤ヘル軍団。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-左カゲトラ「そーじゅくダイアリー」コアマガジン ISBN:9784866530567
話○ 抜○ 消小-中 総合○

メールが縁で男性ボーイズラヴ漫画家宅へ押しかけてきた腐女子ファンはそのまま美味しくいただかれつつも2人の関係は徐々に深まって……長編5話+姉の導きによりBL開眼する彼の少年時代前日譚前後編+独立短編2本。洗練された筆致でものされる10代前半女子'Sが清純そのもののルックスとは裏腹のえげつないド淫乱ぶりを白日の下へさらけ出す作者最新刊は通算3冊めにしてこの出版社からの第2弾コミックスだ。
キャリア初期はおもに他社で活動していたのが途中から主戦場をコアマガジンに移し、そこでの執筆分をまとめた前単行本「はつじょーでいず」を上梓したのがちょうど3年前。もとより作品産出スピードがそう速い部類ではないもののポツポツ原稿を発表し続けているうちストックもたまり待ちに待ったこのニューエスト・モデルの誕生ですよ。
派手さこそないけれど丁寧につむがれた繊細な描線に落ちついたトーンワークの静謐なヴィジュアルはおそろしくセンスのよい都会的なもので、エロ漫画というよりは美大漫研とか非エロの創作系イヴェントなんかによくいそうなタイプ。収録作の初出を見ると2014-17年にかけ当社の「コミックメガストアα」掲載の作品群と執筆時期の新しいものばかりゆえクオリティも高値安定だ。コア単行本の恒例で版元公式サイト内の作者別紹介ページから内容サンプルを参照できるので、左カゲトラ初体験の方はまず真っ先にそちらを確認するのが吉。
このオサレ感あふれるタッチで描かれるヒロインたちは作者自身が従来から義務教育後半世代専科を標榜しているだけに、明示的にわかるものも特段それと表記してないものでもおそらくちうがくせいオンリーかと。まだくびれの発達していないスレンダーな肢体に甘食クラスのちんまいバスト、いまだ視界をさえぎる植生の皆無な下腹部という具合に思春期入りたて女子の記号がてんこ盛りのボディデザインがある種の嗜好の紳士たちの内なる獣を呼び起こすこと必定だ。
物語パートは読み切り作品を冒頭/ラストに配置しその狭間に続きものをサンドウィッチの構成。おおむね従来の芸風を踏襲する1on1の軽妙なラヴコメ仕立ての読み口良好な作品群だが、そのなかで目を惹くのが実質的な表題作に相当する長編「パレード」。男性BL作家とそのファンの少女とのただれた愛欲生活が徐々に真摯なラヴへと変容してゆく関係性の変化を縦軸に据えつつ、作品の背景となるボーイズラヴ文化の豊富なウンチクを横軸として配置しコマ外の随所に挿入される注釈とともに詳細解説する異色作だ。ノーマルな男性向けエロはともかく腐女子カルチャーにはまったく不案内な自分にはしばしば???な記述が続き混乱もするのだけど、はじめてその意味を知る事柄があったり理解不能だったのがようやく腑に落ちたりでいろいろ勉強になりまくり。そんな風に推移するお話の方は終盤で思わぬ急展開がありビックリするのだが……その結末はみなさま自身の目でご確認を。
1本あたり平均20数ページの標準的な分量でエロシーン密度も極端に高いわけではないけれど、清楚で素朴な印象のおにゃのこ連中が一転だらしないアヘ顔さらし淫語マシンガン連射のナイスな痴態を惜しみなく披露してくれ使い勝手は良好だ。また左カゲトラといえばなんといってもまんこ以上にアナルファックを重視する作家なのだが、巻頭からしばらくフツーにヴァギナばかりを使用していたので「あれ宗旨替え?」と思ったらやっぱり中盤以降は怒濤のごとく肛門性交連発である意味安心。前後どちらもパックリ開いた穴洞めがけて熱い白濁のほとばしりを大量に流しこまれたその刹那法悦の態で前人未踏アクメに到達するえっちなJCたちの艶姿に我々も興奮冷めやらず。
自分から積極的に男子のちんこへしゃぶりついてきてはご奉仕をスタートする彼女のつたない舌技に思わず先走り汁を発射。なおも着衣をはだけ誘惑してくるニンフェットたちのタイツを脱がし下半身をあらわにしつつ暴れん棒を蜜壷へねじこみ反撃開始。狭隘な膣内をキュッと締めつけながら未曾有の快感に全身を打ち震わせお顔をとろけさせるさまがなんとも扇情的だ。男根で性具で女院と菊門を動じ攻略され悶絶しながら感極まり絶叫する少女のジュニアハイスクールまんこ&アナルの最深部へ最後たっぷりとザーメンの奔流をプレゼント。
いつもながらにアーバンでクールな作画とそれにふさわしいコージーなラヴ・アフェアを描きつつ濡れ場ではストロングファック満漢全席のすばらしきギャップに愚息もご満悦。前作のご無体なモザイク修整からやや面積大きめとはいえ黒ノリ乗っけに緩和されたのもありがたい限り。若干アナル使用率が減ったのは肛門性交大好きっ漢にはうれしくない点かも知れないが、個人的にはそこは無問題ゆえ大いに活用させてもらい感謝ですよ。収録作たちのなかではやはり題材といいヴォリュームといい他を圧する存在感の「パレード」が白眉で、典型的腐女子タームを自在に操り背伸びした行為に耽溺しつつもつつときとして等身大の思春期少女の姿をかいま見せるヒロイン・ゆあこちゃんの卓越した造形に感じ入りつつゴリゴリ我が砲身を酷使。

カ舞吼!

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/2借出。

-新保信長「字が汚い!」文藝春秋 ISBN:9784163906317
-杉山祐之「張作霖」白水社 ISBN:9784560095348
-松浦さと子編「日本のコミュニティ放送」晃洋書房 ISBN:9784771028845

2017-07-01

今月の自宅警備。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-にぃと「ヒミツデレ」ジーオーティー ISBN:9784814800353
話△ 抜○ 消小 総合○

男性人口が極度に減り成人するとひとりメイドがもらえる近未来、その日を待ちこがれていた主人公のもとに手違いで3名同時に女の子がやって来て極楽ハーレム性活がスタート連作5本&描きおろし後日談+若くして亡父の地位を相続した名家の御曹司に妹は発情を抑えきれず本編&彼に性戯を仕込んだ女執事と本気のガチファック続編&描きおろし後日談+独立短編2本。売れ線ど真ん中のキャッチーな筆致で問答無用ド迫力エロスを速度無制限で展開の作者これが成年向けとしての記念すべき初単行本だ。
冒頭からわざわざエクスキューズを入れたのにはわけがある。昨今すっかり一般漫画を読まなくなった自分はまったく以下の事実を知らなかったのだけど、旧体制「コミックゼロス」-「COMIC E×E」と継続して読んでいたこの作家はどうやらだいぶ前に非エロでデビューし、すでに10冊の単行本を上梓している実力派なのだ(参考:Wikipediaの当該項目)。その他ラノベの挿絵なども手がけていて、てっきり駆け出しのエロ漫画家だとばかり思っていた俺の見る目のなさにひたすら恥じ入るばかり。なので一般的な新人とは扱いが異なり、いわば学生横綱が幕下付け出しでデビューしたようなものですね。
2017年現在の萌え/燃え/オサレ/リリカルなど流行りの要素すべてを兼ね備えたおそろしく訴求力の高いヴィジュアルも前述の事情を知れば当然のことと納得。この黄色い楕円デビュー作も表紙/裏表紙ともに書店店頭で映えまくるキャッチーな絵柄だ。中身の白黒絵もカラーとなんら遜色なく、柔和な描線のベースラインに現代エロ漫画ならではのコッテリしたトーンワークをしかしながらクドすぎることなくくり広げるセンスのよい筆致に思わずため息。このままジャケ買いしてもなんら問題ないと思うが、万全を期すのなら出版社提供の単行本情報ページで内容サンプル画像の確認を。
このたび登場のヒロイン連中は年のころハイティーン~20代前半附近のゴールデンエイジ。ほわほわキュートフェイスにむっちりグラマラスボディが組み合わされた、まさに現代エロ漫画読者層における最大公約数的需要のスウィートスポットを直撃の造形だ。加えて髪型や顔立ちに細かく差異を設け性格描写にもおのおの特色を入れて女の子たちの差別化にも周到に配慮するキャラメイクの巧みさが光る。そんな彼女らと来たらみなさん清楚そのものの笑顔を見せてくれるのにおっぱいやまんこなどエロパーツは常時じゅくじゅく濡れてテラテラいやらしい光を帯びる壮絶なギャップが読み手の欲情をどこまでも刺戟して止まない。
すべての作品タイトルが「~デレ」と銘打たれた収録コンテンツの構成は前半部に配置された連作形式の長尺もの2本および後ろの読み切り2作品からなる計3パート。どのお話も万人に受容しやすい普遍的な和姦ラヴコメの形態を採るが、なかでも印象的なのがアタマからの実質的なタイトル・チューン「エリエデレ」/「ビビデレ」/「ヒミツデレ」/「シズクデレ(2話構成)」/「オヨメデレ」。世界人口の7割が女性を占め成人男性には必ずメイド1名があてがわれるというそれだけでトチ狂った基本設定のうえ、主人公の家にだけ3人同時にメイドがやって来るというスーパーご都合主義、結局1年以内にそのなかから1人だけを選ぶという試練が設けられたものの、3人中2人はさっそく犯らせてくれるわ当初ツンツンしていた残り1名もタイマン張れば即座にデレるわの超インスタントな展開に股間も大喜びだ。むろん最後に彼ら彼女らを待ち受ける結末もおおむね予想するとおりの大団円なのでくわしくは本書を買ってのお楽しみ。なんの努力もなくはじまるハーレム生活を我々もとくに疑問に思うことなく全面的に受け入れ男性キャラにシンクロしてひたすら彼の享受する愉悦を追体験するのが本作の正しい楽しみ方だろう。その他大富豪でイケメンで若社長で……の主人公に妹や執事兼秘書が無条件の好意を寄せ好きなだけ身体を許してくれるもうひとつの連作シリーズ「アキナデレ」/「セバスデレ」/「セバスデレアフター」の脳髄を灼くような全能感も強烈で、エロ漫画というよりはなろう小説のコミカライズを読んでるみたいな感覚。
雑誌掲載時の都合なのか1作品あたりのページ数は多寡バラバラなものの、総じてエロシーン含有率は高くちちしりまんこを景気よくさらけ出してくれるので全編を通じきわめて実践的。特段に奇抜なプレイがあるわけでなくオーソドックスな肉体言語の応酬となるのだが、その際に過剰なほどエロ漫画的演出の数々が散りばめられ濡れ場は非常に豪華絢爛。にぃとヒロインズ特有のふんわり柔らかな表情がたちまちトロけ顔へ変貌し全身汗みずくになりながら恥も外聞もなく淫語マシンガン連射のはしたなさすぎる痴態を見せつけるすさまじいまでの落差が読み手の股間をハードヒット。貞淑な少女がステディな男子の前でだけ娼婦さながらの淫蕩ぶりを発揮してはむっちりボディをダイナミックに使役し幾度となくザーメンの奔流を膣内深く打ちこまれて絶頂する光景を目の当たりにしてティッシュの消費量もうなぎ登り。
女の子サイドから積極的に股間へしゃぶりついてきてはハードにご奉仕してくれるものだから愚息は早くも暴発寸前。早急の谷間にはさまれ絶品の舌技を披露されて即座に第1ちんこ汁を発射だ。お返しとばかりにこんどはこちらからお尻を抱えこみ秘密の花園をぱっくり開いていきり立つ怒張をインサート。ゴリゴリ内奥を突き上げるたび瞳をうるませほおを紅潮させながら快楽享受に没頭するおにゃのこ連中と来たらこちらの腰の動きに蜜壷を同調させいっそうきつくシャフトを締めあげる。やがて日本語にならない嬌声を四方八方へばらまきしきりに体躯を震わせはじめたら彼女の絶頂も間近。だらしなアクメフェイスを白日の下にさらしはしたなくイクイク連呼の少女らのドスケベまんこめがけ白くねばつく液体を許容量いっぱいに叩きつけて女体征服ミッション完了。
ラノベさながらのご都合主義全開な作劇は正直読んでて目が滑り、またヒロインの言動がドSティックな一部のお話では若干私的抜き度が下がったものの、この最新流行の作画でもっていっさい手抜きなしのストロングエロスを雨あられと読者の脳裡に叩きつける壮絶な作風はいちど目にするともう忘れられない体験。またすぐ一般へ帰ってしまうのかしばらくは成年向けに滞在してくれるのかわからないけど、できればこのまま問答無用ハードファックの洪水に浸らさせてもらいたいものだ。登場ヒロインみな愛らしい笑顔とそれとは裏腹のド淫乱ぶりを美味しく摂取させてもらったけど、なかでもお兄ちゃんLOVEが高じて常時発情モードで子宮をうずかせようやく結ばれればケダモノのごとくつがいまくりの才色兼備妹・秋菜ちゃんの度を超した豹変ぶりにやられっぱなしですよ。