2018-12-16

今宵のディナーカレー。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-いづれ「ラブジュース」ワニマガジン社 ISBN:9784862696014
話○ 抜○ 消小 総合○

親同士の再婚でできた綺麗なお義姉さんに少年は美味しくいただかれ本編&フルカラーショート前日談+ふだんはフランクな女友達が急に押しかけてきてオンナの顔を見せ本編&描きおろし1P後日談+独立短編7本。液汁まみれで派手派手しくイキ狂うドスケベガールズのはしたなさすぎる痴態を読者の脳裡めがけ大量投下の作者これが記念すべきファーストコミックスだ。なおこちらは今月初頭発売のものをだいぶ遅延しての評価記事となっていることを最初におわびしておく。
ワニマガ唯一の書店売りガチ成年誌として華々しく創刊した「コミックゼロス」もいまやすっかり世間に定着した。しかしながら膨大なページ数を埋めるべくいまも新人発掘に余念がない。今回こちらで取りあげるこの人もそうしたニューカマーのひとりで、ゼロス執筆陣にはめずらしく商業誌だけでなく同人活動とかの痕跡もないまっさらのルーキーである。しかしながらその実力は折り紙つきで、初掲載から2年そこらで即座に初単行本リリースの順調な成長ぶりだ。てなわけでさっそく中身をひもといてみるですよ。
超弩級おっぱいをのっけから惜しみなく披露のなんとも眼福な表紙でまずツカミはOK。中身の白黒原稿もカヴァーイラストに準じたキュートなアニメ/ゲーム系の絵柄であり、いかにもワニがスカウトしそうな売れ線まっしぐらのタッチ。収録物件は失楽天初出の1本を除きすべて2017年以降のゼロス掲載分と直近に執筆のものばかりで新人らしからぬ安定したクオリティだ。いつものように版元公式ウェブ内のコミックス情報ページからサンプル画像を参照可能なので、初見の方は先にそちらへ立ち寄ったのち購入可否を判断すべし。
このたび我々の股間の愉悦に貢献してくれる女性陣はハイティーン制服女子を中心に上方向数名をプラスとおおむねエロ漫画購買層の最大公約数的需要に沿ったもの。わずかに存在する並乳さんを除き、とびきり愛らしいフェイスに景気よくビッグバストをメガ盛りの童顔巨乳系のキャラメイクで統一されておりこちらも万人向け。おっきく常時うるんだような瞳やいつも上気したようにほおを朱に染めているお顔の造作がなんとも蠱惑的で、そんな彼女らが期待どおりエロエロに乱れまくってくれるのだからたまりませんな!
コンビニ誌とは異なり凌辱調教なんでもありの成年指定媒体に載っているとはいえ、くり広げられるのはきわめて穏健なラヴコメ仕立てのストーリー。とはいえ、いづれ特有のポップで快活な絵柄にはやはり和姦ネタの方がより良好にフィットするだろう。もっとも趣向の方はそれなりに工夫が凝らされ、ノーマルな恋愛模様のみならずおねショタやドS女子ものに変態性癖込みの話もありと読み手を飽きさせない。このへんは新人らしからぬ手堅いできばえで、編集サイドの見る目はなるほどたしかなもの。経過がどうあれ最終的にはハッピーに収束するので読後感もきわめて良好。
この作家の魅力がもっとも発揮されるのはなんと言ってもエロシーンそれ自体。単行本タイトルで謳うとおり濡れ場全般がやたらとウェッティで、汗と涙と愛液にまみれながら未曾有の快感に全身を打ち震わせるヒロインにさらなる液体を注ぐべく男子諸君がこぞって特濃ザーメンの奔流を子宮の許容量いっぱいに叩きつけるという寸法だ。加えて肉ヒダをテラテラ光らせながら入り口をくぱぁする女性器描写がまことに秀逸で、柔肉の1枚1枚で男根を締めつけては問答無用で精液搾取にいそしむ光景を豊富な結合/射精断面図とともに展開。
ステディな男子を前にすっかり発情モードの彼女はすでに下半身もビショビショ。敏感な部分を刺戟されさらに液汁を噴き出しながら四方八方へ甘ったるい嬌声をまき散らす。湯気を立て準備万端の秘密の花園へおもむろに屹立した怒張をあてがい性器どうしの真剣勝負を開始だ。下品な音を立てながらストロークを刻むたびトロトロのイキ顔さらし日本語にならない咆吼を発してはビクンビクンと体躯をのけ反らせるさまが淫猥でたまらない。強烈な締めつけを感じながら熱い内奥のその奥へ大量の本気汁を2度3度4度と注ぎこめばその都度エロメスどもは法悦の態で昇天するのだ。
初手からキャッチーネスあふれる作画とほどよく変態性が散りばめられた作劇とが高いレヴェルでバランスした、これが処女単行本とは思えない完成品の趣。とりわけシズル感にあふれた女体描写は秀逸で、今後の成長しだいではゼロスの看板を背負って立つことも可能な逸材だ。欲を言えば髪型以外にも女の子の描き分けが多彩にできるようになれば重畳きわまりないので、そのへんは精進を期待。このたび収録の物件中では、キスまででガマンしていたヒロインがリミッター解除で秘められた性欲を全開の「約束」と、生真面目な教師をからかう教え子ギャルJKがさらなる性的強攻に及び「ホントのワタシ」がことのほかマイサンを直撃。

2時いろネットワーク

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/16借出。

-中柳豪文「日本昭和トンデモ児童書大全」辰巳出版 ISBN:9784777821754
-米倉正裕「北海道150年の写真記録」フォト・パブリッシング ISBN:9784802131148
-高月靖「在日異人伝」バジリコ ISBN:9784862382399
-中田美知子「少女は、いまでも海の夢を見る」亜璃西社 ISBN:9784906740338
-ブルボン小林「ザ・マンガホニャララ」クラーケン ISBN:9784909313041
-D・ゴールドブラット「オリンピック全史」原書房 ISBN:9784562056033
-J・フランダーズ「クリスマスの歴史」原書房 ISBN:9784562056095
-S・クロフト/A・テイラー「金管楽器マニュアル 日本語版」ヤマハミュージックメディア ISBN:9784636952339

2018-12-15

カチアートを追跡して

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/15購入。

-森薫「乙嫁語り(11)」エンターブレイン ISBN:9784047353435
-生井英考「空の帝国 アメリカの20世紀」講談社学術文庫 ISBN:9784065140932
-「comicアンスリウム」2019年1月号
-「COMIC快楽天BEAST」2019年1月号

2018-12-12

プリンセス・マサコ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/12借出。

-野瀬泰申「食は「県民性」では語れない」角川新書 ISBN:9784040821429
-三田誠広「源氏物語を反体制文学として読んでみる」集英社新書 ISBN:9784087210507
-斎藤勝裕「汚れの科学」サイエンス・アイ新書 ISBN:9784797393606
-竹内正浩「旅する天皇」小学館 ISBN:9784093886307
-中江秀雄「ものと人間の文化史182 鋳物」法政大学出版局 ISBN:9784588218217
-広岩近広「医師が診た核の傷」藤原書店 ISBN:9784865781885

2018-12-11

本日のシルエット・ロマンス。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-ひょころー「おとめぼれ」ヒット出版社 ISBN:9784894657830
話○ 抜◎ 消小 総合○

兄に対しつれない態度の妹だけどあるできごとを契機にようやく本当の気持ちを打ち明けて本編&フルカラーショート前日談+独立短編5本+当社刊前作収録短編ショート後日談。抑えきれない恋心を明らかにしたのち激しく燃えあがり幾たびも精を注がれ絶頂する極上キュートガールズのマーヴェラスな痴態を怒濤の勢いでお届けの作者最新刊は通算3冊めにして本レーベルからの第2弾コミックスだ。
おそろしくキャッチーなヴィジュアルと問答無用のストロングファックが精緻に組み合わされた訴求力抜群の作家であり、個人的にはエロ漫画業界で天下を獲れるだけの逸材だと認識している。しかしながらワニマガジン社より2014年に上梓された前単行本「とろけまなこ」が出た前後から商業誌での露出が極端に減りレアアイテム同然の執筆頻度になってしまった。そんなわけでこの新作リリースまで4年以上の歳月が無為に過ぎ去ってしまいまことにもったいない限り。そうは言っても一時期はこのまま薄い本専業の人になってしまうのではと危惧していたので今回こうしてカムバックしてくれただけでも大感謝ですよ。
エロティックでいながら上品な色合いのカヴァーイラストはまことにすぐれた装幀もあって書店店頭でひときわ目立つ。中身の白黒原稿もこのカラー絵に準じる、誰もがメイド・イン・ひょころーと一発でわかるもの。かなりキツくディフォルメを効かせたその作画は同時に独特のダイナミズムをも生み出しており余人をもって代えがたいオリジナリティが炸裂している。前述のとおり近年の非常に緩慢な作品産出ペースを反映して収録作の初出は2012-18年にかけての「COMIC阿呍」掲載分+αとおそろしくワイドレンジだが、さいわい極端な絵柄の乖離はなくジャケ買いも安心。いつものように出版社公式サイト内の単行本情報ページから内容サンプルも閲覧可能なので、万全を期すのならそちらをチェックしたのち本屋へ向かうべし。
わずかな例外を除けば基本的にティーンズ女子主体で描いてきた人であり、それはこの新刊でも同様。ツンデレだったりおっとりだったり、大人しいのからやかましいのまで多種多様なキャラメイクがなされた彼女らから誰もがお気に入りを見つけられるはずだ。そしてみなさんそろってとびきり愛らしいフェイスにたわわな肢体が付属したまことに扇情的すぎるボディデザインなのだからたまりませんね!
ひょころー漫画の魅力が遺憾なく発揮されるのがその作劇面において。デビュー当初はやや方向性に迷いがあった感じだが、中途からは個性豊かなヒロイン連中が一途に想う相手と恋愛成就へ至るピュアな恋愛模様をつむぐことにほぼ専念。こちらの新刊もデビュー作収録短編のおまけ漫画のみNTRティックで異色なものの、それ以外は読んでて赤面するほどにまっすぐな純愛ラヴストーリーがてんこ盛りだ。女の子たちの個性次第でのっけから好感度100%なのから当初ツンツンしているのまで状況は多様だけれど、最終的には女子みな最愛の男子に愛を告げ本懐を遂げるって寸法ですよ。そこへ到達するまで急くことなくていねいに言葉を費やしじっくりダイアローグにページを割くので愛情の積み重ねがたしかなものとして実感されるのも加点要素だ。かくして本当の意味で結ばれる2人のハッピーエンドを目の当たりにして我々読者も「えがったのう……」と涙がホロリ。
むろん抜き漫画であるからにはストーリー以上に濡れ場も充実していなければならないのだが、この作家は期待をはるかに上回るパワフルなガチファック絨毯爆撃で応えてくれる。互いに身体を重ねる相思相愛カップルズの情熱的なラヴワードの応酬にまず目を見張り、そして大胆なパースを多用しつつ性器どうしのハードな合従連衡を多彩なアングルで見せつけるダイナミックな性交描写に圧倒されるのだ。とりわけハートマークを乱射しながらイキ狂う女子連中の子袋の許容量いっぱいに2度3度4度と執拗にザーメンを注ぎ続ける連続膣内射精断面描写はひょころー作品中のまさに白眉で、怒濤のごとく白濁を放たれその都度体躯をよじらせながらよがりまくる彼女らの艶姿で読み手のオタマジャクシも速攻で枯渇。
いくばくかのすれ違いや誤解を経てようやくお互いの本当の気持ちを打ち明けた2人はいまや誰彼はばかることなくスキスキ連呼し熱く口づけながらベッドイン。彼女を褥に横たえゆっくりと下着をずらしてゴージャスな体躯をご開帳だ。ステディな彼の愛撫に身をゆだねときおり甘い嬌声を発しながらしっとり汗を帯びる素肌がなんともエロティック。かくしていよいよ準備万端の蜜壷へたぎる怒張をねじこみ性器どうしの真剣勝負をスタート。執拗に奥を突き上げるたびほおを紅潮させ全身を打ち震わせながらアンアンよがり声を挙げるさまにいっそう興奮。強烈に締めつけてくる柔肉の奥へ辛抱たまらず幾たびも熱い飛沫を放ち続け、そのたびに愉悦の涙を流し絶頂するヒロインズの痴態がひときわいとおしく感じその細いトルソをギュッとかき抱くのだ。
長いこと待たされただけのことはある特濃ラヴ模様&ストロングエロスメガ盛り状態に心身ともご満悦の逸品。作画も濡れ場も唯一無二の強烈な個性を発揮するこの人がまだ完全にはスターダムにのし上がっていないのが不思議でならない。まあ正直執筆ペースをもっと上げてくれればと思いはするけれど、とりあえず商業誌でコンスタントにその姿をおがむことができるだけで五体投地レヴェルのありがたさですよ。どの作品も包皮が発火するほどに股間を活用させてもらったが、なかでも主人公の勘当により許嫁でなくなった彼女と改めて愛情を確認し狂おしく精を注ぎ「雨のち雫」と、ショートボブ年下幼なじみ女子の成長具合をそのカラダで確認の「恋せよメガネ」がことのほかマイサンを直撃。

人妻Aさんと息子の友人Nくん

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/11購入。

-高津ケイタ「おしかけツインテール(4)」芳文社 ISBN:9784832257344
-岡本健「巡礼ビジネス」角川新書 ISBN:9784040822594
-橋本健二「アンダークラス」ちくま新書 ISBN:9784480071873

2018-12-09

今月のスーパーリアル麻雀。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-Ash横島「ヲタ子さん(ほか)」ワニマガジン社 ISBN:9784862695994
話○ 抜◎-○ 消小 総合○

ショタ男子を女子2人で性のオモチャにするはずがすっかり立場逆転本編&絶倫の彼のためお仲間をもう1人引きこんで描きおろし続編+独立短編7本。明朗快活ハッピーラヴのさわやかな物語を展開するかたわらで超高密度ストロングファック満漢全席を同時進行のすさまじいギャップで迫り来る作者最新刊はじつに9年ぶりの再会となる通算3冊めのコミックスだ。
この人の存在を最初に認知したのははるか昔、前世紀のいまは亡きエロ漫画誌「COMICファンタジーライズ」だったと思う(すでに記憶も定かでない)。その後そこの編集スタッフが中心になり移籍創刊した「コミックメガストア」(コアマガジン刊)に横滑りし同誌の主力としてアクティヴに執筆していたのがゼロ年代初頭~なかばあたりのこと。しかしながらそのコアから2009年に上梓した前単行本「3ANGELS SHORT Full Passion」以降は極端に執筆頻度が落ち、商業誌に登場するのは年イチ程度の顔見世興行のみになってしまった。そんな事情で気の遠くなるほど長い空白が生じたのだけれど、ようやく単行本リリースに必要なストックがたまり本作発売にこぎ着けてまずは善哉。
キャリアだけ見れば大ヴェテランの領域なのだけど、その絵柄は古くささなどみじんもないシャープで端整なヴィジュアルだ。ただAsh横島ならではの特徴的な筆致はカラー彩色ではかえって減殺され個性が埋没するので、ぜひモノクロ原稿でそのエッジの効いた作画を堪能していただきたい。長大なインターヴァルを反映し収録作は最古のものだと2012年のから直近では今年の当社刊「コミックゼロス」掲載分までとおそろしくワイドレンジであるものの、すでに今世紀初頭には絵柄のベースを確立させており全体を通しての違和感がほとんどないのにはすなおに感嘆。疑り深い方は出版社用意のコミックス情報ページでサンプル画像をその目でしかと見よ。
今回我々を桃源郷へといざなってくれるヒロインたちは年のころミドルティーン~20代中盤あたりの黄金世代。一部並乳さんも存在するものの基本的にはキュートフェイスにボンキュッボンのダイナミックボディが組み合わされる。この作家は以前からたいへん魅力的なショートヘア女子を描く人でこちらでも短髪っ娘多めではあるのだけれど、世間の情勢に屈したのかフツーにおぐしの長い方々もおられるので一般的な嗜好の諸兄も安心(俺は残念)。付随してヒロイン造形もわりかし活発なタイプの女の子中心であり、こちらは髪型がどうだろうと踏襲されていてたいそうチャーミングだ。
既刊2冊はいずれもこの作家のライフワーク的長編連載を収録していたのだけど、この新刊は一転して1話完結の短編群をラインナップ。いずれも作画同様のクリーン&ライトなエロコメ専科となり読後感はきわめて良好だ。オタ女子とふとしたことから結ばれ、幼なじみの性欲処理を請け負い、カテキョ女子が教え子兄弟と肉欲に没頭して……などなど、タイマンエロスから乱交まで、甘酸っぱいラヴ模様あり身体だけの関係あり、多種多様なセックスライフを活写する。ウェッティな情緒よりは勢い優先の疾走感が持ち味ながら、お話のトーンによっては最後しっとりまとめてみたりと複雑な味わいを堪能できるのはさすがキャリアの蓄積は伊達ではないといったところ。
どちらかというとライトなノリの作劇に対しむやみやたらとハードコアなのがその濡れ場。1本あたり22-24ページの平均的な容量ながら、ダイナミックな構図が多用され大量の擬音と液汁にまみれながらの特濃ファック絨毯爆撃がくり広げられ圧巻。現在の業界トレンドからは乖離したサッパリ系の肢体描写でいながら、そんなのをなんらハンディとしない圧倒的な熱量と容赦なきアヘ顔百面相、そしてなによりもゴリゴリとちんこまんこ干戈を交える強烈無比な性器結合/射精断面描写の充実ぶりがたまらない。全部の穴をハードに活用しながら下品きわまりないアクメ顔さらし幾度も精を注がれて昇天しまくるエロメスどもの痴態を余すところなくお届けだ。
女の子側から積極的に股間へがっつき即座にご奉仕を開始されて男子諸君たちまち辛抱たまらず第1ちんこ汁を放ってしまう。お返しとばかりにたわわな肢体へルパンダイヴののちすでに準備万端の蜜壷へビッグコックをこんにちはさせ性器どうしの真剣勝負をスタート。はしたない結合音を周囲にばらまき液汁を派手に飛び散らしながら2人して摩擦運動に没頭し、激しく内奥を貫かれるたび彼女らはうわごとのように淫語マシンガン連射し法悦の態だ。前後の穴を交互に責めたてながら2度3度4度と熱い白濁を注ぎこまれまたしてもケダモノじみた咆吼を発しイキ狂うヒロインズの艶姿を目の当たりにしてまたしても劣情をもよおし性の饗宴は果てることなし。
鬱度0%のさわやかなストーリーと超ハイカロリーなダイナミックファックとが奇跡的に同居する摩訶不思議なマリアージュが読者の心身をとらえて放さない逸品。誰が見ても即座にAsh横島謹製とわかる特徴的な作画/作劇は魅力いっぱいだけに、かえすがえすも惜しいのはそのむやみにスローモーな作品産出ペース。できれば次回作は9年越しなんてご無体なことを言わずにもう少し間隔を縮めてリリースしていただきたいもの。収録作いずれも大いに愚息を酷使させてもらったが、なかでも泥酔した帰りに遭遇した女子を速攻で性奴隷化調教の「ユニット肉便器さん(仮)」と、ボーイッシュ日焼け陸上少女のはじめてを美味しくゴチになり「新田bravery」の短髪ヒロインもの2本で精巣のストックもスッカラカン。

火山島

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/9借出。

-三浦篤「エドゥアール・マネ」角川選書 ISBN:9784047035812
-宇多丸/高橋芳朗/DJ YANATAKE/渡辺志保「ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門」NHK出版 ISBN:9784140817551
-若林宣「日本を動かした50の乗り物」原書房 ISBN:9784562056088
-上柳昌彦「定年ラジオ」三才ブックス ISBN:9784866730684
-梁聖宗/金良淑/伊地知紀子編「済州島を知るための55章」明石書店 ISBN:9784750346762

2018-12-08

今夜のにぎにぎ体操。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-森崎くるみ「スキのカタチ」コアマガジン ISBN:9784866532516
話○ 抜○-△ 消小 総合○

想いあう気持ちを素直にぶつけて心も身体も燃えあがり短編全8本。キュートネス炸裂の美麗な筆致でもって相思相愛カップルズのイチャイチャ模様を怒濤のごとく投下する作者最新刊は成年向け仕様としての第6弾コミックスだ。
長年にわたり業界に君臨してきた萌えエロ漫画誌の先駆者的存在「漫画ばんがいち」はしかしながら時代の波に逆らえず紙媒体としては店仕舞いし、現在では「web漫画ばんがいち」として電子世界での存続を図っている。そんな同誌を本拠地に息の長い活動を続ける大ヴェテランがこの人。一時期は異分野進出でエロ漫画とは縁遠くなっていたけれど昨今は本格復帰し、前単行本「色恋少女」刊行から2年ちょっとのそう長くないインターヴァルでこの新作リリースと相成った次第。
繊細かつファンシィなその絵柄は見るからに女性の筆になるとわかるもので、いささか古典的ながらも端整なヴィジュアルは昔もいまも森崎くるみ最大の美点。だいぶ古い作品も混ざっていた前作とは異なり今回の収録作たちはすべて2015年以降の原稿でクオリティ的にも万全だ。例によって版元提供の著者別情報ページでサンプル画像を参照できるので、近くに見本を閲覧できる書店がない方も安心。
このたび我々の股間の愉悦に貢献してくれる女性陣は年のころハイティーン~20代前半あたりのゴールデンエイジで占められる。明確にキュート寄りの造形をする人であり10代女子はむろんのこと成人済みでもヒロインたちはティーン同然の愛らしさなので熟女スキーは速攻回れ右すること。かくもあどけないフェイスにボンキュッボンのゴックンボディが付属するという万人向けの肢体描写ながら、昨今ちまたで支配的な目を疑うような爆乳でなくほどよいサイズのビッグバストなのがじつに上品でよろしいですね。
非常にエレガントな作画にふさわしく、物語の方もまことに口当たり良好な1on1のピュアラヴ専科。濡れ場を抜きにすればそのまま往年の少女漫画誌に載っていてもおかしくないような美男美女の甘酸っぱいラヴストーリーばかりでちんこを握るより先に赤面しちゃいそうですよ。お話進行の都合で多少のすれ違いや誤解などがあっても最終的には2人して固く結ばれ永遠の愛を誓うという黄金パターンを目の当たりにして読み手のニヤニヤも止むことなし。
恋愛オリエンテッドな構成なのでエロシーン占有率はけっして高くないものの、web移行でガチ成年向けとなったばんがいちの誌風の変化に対応しファックの濃さは前作以上。以前はかなりの頻度で外出しフィニッシュとなりそのたびにマイサンが萎えてしまったものだが、この新刊では膣内射精エンドの方が多数派となり中田氏大好きっ漢の俺的にはありがたい。花も恥じらう乙女たちが大好きな人のためならと羞恥にほおを染めながらも扇情的なポーズで彼を誘い大胆に乱れまくる光景がなんとも素晴らしいですな!
もとより好き同士の彼と彼女はお互い本当の気持ちを確認しあっていっそう固く抱き合い双方の身体でもって熱烈に愛を語らう。滑らかな肢体を彼の手にゆだね生まれたままの姿で愛撫されて甘い吐息をもらすさまがいとおしくもエロっちい。すっかり濡れそぼち準備万端の秘密の花園を景気よくご開帳しシャフトをねじこんで敏感な部分を貫きたび全身をのけぞらせ法悦の態で呼吸を荒くする彼女の痴態にいっそう興奮。最後はタイトに抱き合い執拗に口づけながらヒロインの清純まんこめがけ白くねばつく液体を問答無用でプレゼント。
清楚な女の子がステディな男子の前でだけトロトロにイキ狂う眼福な光景を洗練されたタッチでお届けのナイスな1冊。ただむやみにセックスするのではなく彼氏彼女の甘やかなやりとりをじっくりつむいでゆく端整なお話運びは野郎読者のみならずティーンズラヴに親しんだ女性などにも取っつきやすいかと。このたび収録の物件中では幼なじみカップルがついにもう一歩関係を踏み出して「私の王子様」と、経営不振で唯一の従業員に給料を払えない旅館の若女将が身体でご奉仕の「幸福館へWelcome☆」がオキニですね。

東京イズバーニング

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/8購入。

-塩田潮「東京は燃えたか」朝日文庫 ISBN:9784022619495
-栗原康「アナキズム」岩波新書 ISBN:9784004317456

1月の新刊チェック。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
ソースはここ。

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_adult&group=label&term=month&date=201901&view=LIST&count=all(成年向け)

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_all&group=label&term=month&date=201901&view=LIST&count=all(コミック全般)


確定:左橋レンヤ・美矢火

固相抽出:能都くるみ・水風天・ムサシマル・山咲梅太郎

ってなとこ。

年末の刊行ラッシュから一転、2019年の幕開けはお財布に優しい月になりそう。そうはいってもなかなかに待ち遠しいメンツがそろっているので年明けからも楽しみですよ。

2018-12-06

今晩の練馬大根。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-奈塚Q弥「極上!! ハーレム館」ティーアイネット ISBN:9784887747128
話△ 抜○ 消小 総合○

ナヨナヨ小柄だけど股間だけは特大のブツをお持ちな主人公が資質を見こまれセレブ相手の男娼として大活躍長編全6話。頭からシッポまでどこを開いても女体メガ盛り体液おかわり放題の超高密度乱交が読者の脳裡へ襲いかかってくる作者最新刊はトータル18冊めにして当版元発売の第7弾コミックスだ。
駆け出しの新人から伝説級の大ヴェテランまで幅広い執筆陣をそろえる「COMIC夢幻転生」のなかでも、この人はそのキャリアの長さでは5本の指に入るであろう大御所クラス。ずっと生き残ってきたエロ漫画家というのは当然それに値するウリがあってのことだと思うが、奈塚Q弥のそれはなんといってもその恐るべき量産能力だ。雑誌掛け持ちはむろんのこと同人誌まで合間にバリバリ出す精力的な執筆ぶりには驚嘆するほかない。そんなわけで同じTIからの前単行本「催眠!! 全裸学園」からわずか1年のインターヴァルで上梓されるこちらもこの人としてはむしろブランクが空いた部類なのだからとんでもないですね!
おそらく外注であろう表紙の塗りはいかにも最新流行だけど、中身の白黒原稿はその長きにわたる経歴を裏付けるオーセンティックなアニメ絵だ。とはいえずっと第一線で活躍しているだけに泥くささはみじんもなく、いくらかただよう雑然とした雰囲気さえ許容できるのなら無問題。当社物件としてはめずらしく完璧に記された初出一覧を確認するとすべて2018年に入ってからの夢幻転生掲載分と最新原稿ゆえクオリティも万全。例によって出版社公式サイト内の単行本情報ページから豊富なサンプル画像も見られるので、書店店頭で見本を手に取れない環境の方も安心だ。
この手慣れた筆致であらゆる年齢のヒロインを無難に描きこなす人だが、この長編では推定10代後半~20代なかばのゴールデンエイジとなる。少し前はやたらと熟女推しになっていて青い果実スキーの自分はもの悲しく思ったけれど、直近数冊ではティーン中心に回帰しておりまことにありがたい限り。年齢を問わず造形は明確にグラマラス寄りで、2次元でしか実現不可能なボンキュッボンの完璧プロポーション女子が目白押しだ。そのぶんキャラクターは髪型以外の差別化要素に乏しいけれど、長年この作家を読みつけてきた自分はむしろこの金太郎飴ティックな造形を目の当たりにして「ああ、いつもの奈塚Q弥だなあ!」とうれしくなっちゃいますね。
雑誌初出時は「むげんハーレム」の表題で連載された1冊まるまるの長尺シリーズとなるこちら、コミックス表題および帯訴求コピーでほぼ内容が示唆されているので俺のようなレヴュワの出番があんまりない。とまあそれで終わりじゃマズいので簡単にアウトラインを。ゆえあって身体は育たずちんこだけが異常発達した少年・邑山渚(むらやまなぎさ)は親類宅へ向かう途中で暴走車にはねられ意識を失う。事故を起こした豪邸住まいのお嬢さま・恋ヶ窪珠理奈(こいがくぼまりな)とその使用人たちの手で恋ヶ窪家所有の豪華売春宿「夢幻館」の男娼として調教されてしまった渚はその巨根を武器にさまざまな顧客を極楽浄土へと導くのだった……てな感じで、上流階級だの有名スポーツ選手だの某国大統領令嬢だの多種多様な女子連中を相手に昼夜分かたずセックスセックスセックス!の抜き特化仕様ですよ。基本設定を開示したあとはひたすら女体回転寿司でストーリー的うまみは皆無に等しいものの、それだけに脳みそをカラッポにして摩擦運動に没頭できるという寸法だ。
かくも直球の構成ゆえエロシーン密度も極限まで高く、1話あたり30ページ以上にわたる大ヴォリュームのほぼすべてが交合場面というすさまじさ。主人公がそのビッグコックにものを言わせる多人数ファックという単行本タイトルどおりの展開ではあるけれど、男娼たる渚がやけにM体質で屈辱的な調教をモリモリ受け情けない表情でイカされまくるという、普遍的なハーレムものとは若干方向性が異なる情景がくり広げられるので、初見では少々とまどうかも知れない。物語の中盤以降では渚も積極的に主導権を握るようになるので多くの人が期待する乱交ネタに近づくのだけど、このへんは読み手側が男性キャラに受動的要素を望むか否かが受容の鍵となろう。
自分から猛り狂う怒張を見せつけて彼は上客たるセレブ女子たちの体躯にダイヴイン。規格外の巨根が蜜壷の奥までねじこまれ未曾有の感覚に悶絶する女たちのドエロい豹変ぶりがいっそう情欲を刺戟。はしたなくエロワードを乱射しながら進んで腰を使い柔肉をさらに締めつけて極太ディックのもたらす快感に没頭する女どもの痴態がおそろしく淫猥だ。いろんな分泌物を噴き出しつつ肉食動物さながらに咆吼するドスケベヒロインズの子宮の奥へ2度3度4度と妊娠確実の特濃孕み汁を放ち続け性の饗宴はいつまでも止むことなし。
ゲップが出るほどの女体回転寿司オートリバースをおそろしいまでの密度で詰めこまれて読者の精嚢も枯渇寸前の逸品だ。ストーリーテリングは正直穴だらけでいろんな伏線やら設定やらが特段のケアもなく放置されているのだけど、そんな細かいことは気にせずに目の前のちちしりまんこ満漢全席を美味しくいただくことに集中するのが吉。個人的には主人公のMっぷりが激しすぎて従来の奈塚Q弥作品よりややチンピク度が低下してしまったけれど、それはむしろご褒美という受け身嗜好かつショタ男子の艶姿にシンクロしたい諸兄ならば実用度5割アップで。

アホダラ帝国

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/6購入。

-K・アッカー「血みどろ臓物ハイスクール」河出文庫 ISBN:9784309464848
-東海林さだお「ひとりメシの極意」朝日新書 ISBN:9784022737892

2018-12-05

君と歩いた道

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/5借出。

-保阪正康「昭和の怪物 七つの謎」講談社現代新書 ISBN:9784065123393
-上田誠二「「混血児」の戦後史」青弓社ライブラリー ISBN:9784787234414
-鈴木智彦「サカナとヤクザ」小学館 ISBN:9784093801041
-石井光太「漂流児童」潮出版社 ISBN:9784267021503
-佐藤優「十五の夏(上)(下)」幻冬舎 ISBN:9784344032705 ISBN:9784344032712
-長谷川ヨシテル「ヘッポコ征夷大将軍」柏書房 ISBN:9784760150458
-西川伸一「政衰記 2011-2018」五月書房新社 ISBN:9784909542144

2018-12-04

今季の契約合意。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-シイナ「ノラネコ少女との暮らしかた」茜新社 ISBN:9784863497405
話○ 抜○ 消小 総合○

ある日突然転がりこんできたJKと気ままな同居性活表題作長編8話(第1-8話、以下続刊?)。奔放だったりつれなくされたり甘えてきたりのマイペース少女と体も心も徐々に距離を縮めてゆくさまを流麗なヴィジュアルでもって活写の作者これが記念すべきファーストコミックスだ。
いっときはオールジャンルから分野特化のまでさまざまなエロ漫画誌を発行してきた茜新社も現在ではラインナップが激減。しかしながらそんな逆境にめげず毎月複数冊の新刊を発売しているのだからその努力には頭が下がる。とはいえ休刊が進み定期刊行物がわずかになったいま、単行本のネタ元を外部に求めざるを得ない状況だ。今年10月に上梓された二三月そう「1LDK+JK」ではついに他社のWEB配信漫画を紙媒体にコンバートするという荒技に出てビックリ。そして今回評価の俎上に載せるこちらも同じルートをたどったネット連載→単行本化の第2弾である。
反則級にラヴリィな女の子が仰向けでお出迎えの逆レイアウトは書店店頭でひときわ目立つデザイン。この見るからにシルキーな表紙絵はモノクロ原稿でも同様に繊細かつキュートで、かすれるような描線やきめの細かい髪の処理などを見るに出自は少女漫画/BL/TLあたりの趣。加えていまどきブログやツイッターなどSNSのたぐいをまったくやっていないというのも、他ジャンル出身者の男性向けエロ用別名義ではないかと疑う理由。さて本作は前述したようにネット配信エロ漫画誌「アナンガ・ランガ」にて2016年から現在まで連載中の作品を紙媒体化したものということで執筆時期の新しいものばかりゆえ作画品質は高値安定だ。出版社提供の新刊案内は書誌データのみの素っ気ないものだが、初出であるwebヴァージョンの作品情報ページでは充実した内容紹介がなされ試し読みまで可能なので、シイナ初体験の方はまずそちらを参照したのち本屋へダッシュするのをオススメ。
いつもならキャラクター造形の分析などするところだが今回は頭からシッポまで1冊まるごとの長尺ものかつ単独ヒロイン制ということでいきなりストーリー紹介から入る。現在進行形で連載が続いているうちの序盤をピックアップしての紙媒体化ではあるけれど、大河ドラマ的ジェットコースター展開ではなく淡々と日常を積み上げてゆくタイプの進行なのでブツ切りコミック化でもさほど違和感はない(まあ伏線らしきものはいくつか張ってあるのだけれど)。
平凡なリーマン男子・佐藤敦尭(さとうあつたか)の暮らすアパートにある晩制服姿の女の子が訪れる。高田美鶴(たかだみつる)と名乗った彼女は、亡母の友人の娘であり万一の時に支え合おうと約束したとのこと。家を失い行く当てもないという彼女との奇妙な共同生活がはじまり、やがて成り行きで2人は身体を重ねたのだった――というのが物語の発端。そんなわけでみんな大好き「女子高生と同居シチュ」が単行本1冊ずっと堪能できる仕掛けですよ。大仰な起承転結はなくわりかし淡泊に日々は流れるのだが、そんななかでも敦尭/美鶴両サイドの細かな心の動きや互いを深く知るにつれての感情の変化などがていねいにつむがれ、このご都合主義的なお話にある種のリアリティを附与してくれるのだ。また表題で謳うようにヒロイン・美鶴の猫ティックな言動がまたじつにキュートで、王道の黒髪ロング大和撫子などとは逆を行くショートくせっ毛スレンダーボディの造形ともジャストフィット。余談だが、悪く言えば誰でも美少女らしく描ける長髪女子でなくボサボサヘアの短髪っ娘を安定して可愛く見せるのはかなりテクの要ることで、そんな難題をいともたやすくクリアする作者のスゴ腕には驚嘆。
1話あたり18-26ページの平均的な容量ではあるけれど、主人公/ヒロインのほかはわずかなNPC的キャラしか出てこない非常にクローズドな空間ゆえ2人の関係もむやみに濃密でそれが濡れ場にも如実に反映される。どちらかというと起伏に乏しく実年齢を考えるとむしろ発育不全じゃないかという華奢な肢体が大人男性の手でゴリゴリ蹂躙されるさまがなんとも背徳的でよろしいのだ。また第1話ではまるっきり未開発だった美鶴が徐々に性の悦びを知りいつしか肉欲に目覚めてゆくさまが「俺がこの手でオンナにしてやってるんだ!」感をかもし出してまことにたまりませんね!
布団でもお風呂でもコタツでも、2人の生活空間はそのままセックスの舞台。辛抱たまらず少女のコンパクトな体躯をかき抱き滑らかな肢体に指を這わせると小さな口から甘い吐息が漏れはじめる。執拗な愛撫ですっかり濡れそぼった蜜壷をいきり立つ怒張で押し開き性器どうしの真剣勝負をスタートだ。トントンとストロークを刻むたび彼女の髪は乱れほおは朱に染まって覚えたての快楽享受に夢中。全身を打ち震わせ未曾有の感覚に随喜の涙を流しながら昇りつめてゆくヒロインの狭隘な子宮めがけ最後にたっぷりと白くねばつく液体をお見舞いだ。
JKと同居という全男子垂涎のシチュをしかしながら登場人物たちのていねいな心象描写と周到に積み上げられる2人の関係の進展とで単なるエロ漫画的テンプレで終わらせない力作。なにせまだ物語は続いておりどのように収束するのか現時点ではわからないけど、このたゆたうよい雰囲気を保ちつつハッピーに決着してほしいもの。そんなわけで自分も激カワ短髪ヒロイン・美鶴ちゃんのクールなようでいてその実わりと豊かな表情変化と、ちんまいボディを大胆に使役したっぷり膣内射精されてイキ狂うマーヴェラスな痴態とを存分に摂取させてもらい感謝感激雨あられ。

オッパイーヌ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/4購入。

-平野耕太「ドリフターズ(6)」少年画報社 ISBN:9784785963446
-上原善広「今日もあの子が机にいない」河出文庫 ISBN:9784309416502

2018-12-02

今週の戦国魔神。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-きょくちょ「らぶりー」文苑堂 ISBN:9784861173080
話○ 抜○ 消小 総合○

タイプの異なる双子姉妹をダブルでご賞味連作2本+独立短編6本+フルカラーショート1本。ふんわりキュートな筆致でものされる多種多様なキュートガールズがこぞってイカされまくりトロトロのイキ顔さらし昇天の眼福すぎる光景を怒濤のごとくお届けの作者これが記念すべきファーストコミックスだ。なお機種依存文字につき省略したけど、単行本タイトルの末尾には本来ハートマークが付属しますよ。
このエロ漫画界大不況の時代に敢然と創刊に踏みきりいまやすっかり独自のポジションを確立したのが当版元の書店売り総合誌「コミックバベル」。さすがに執筆陣のコマ不足は否めずスカウティングや新人発掘に余念がないが、そんななか飛び出してきた期待のニューフェイスがこの人。ほんの2年前に誌面へ初登場したばかりながら掲載ペースも速く、あっという間に処女作刊行にこぎ着けてまずは善哉。
のっけからおそろしくラヴリィな女子2名がそろっておっぱいまろび出しの非常にナイスな表紙がぼくらをお出迎え。中身のモノクロ原稿もカヴァーの印象に準じた売れ線まっしぐらなアニメ/ゲーム系の絵柄で、バベルというよりは快楽天などワニマガ系の雑誌に載っていてもおかしくないポピュラリティを持っている。さっそく初出を確認するとすべて2017年以降のバベル掲載分と最新原稿ばかりゆえ品質も安定(ただ最初期の作品が収録漏れしているようだけど)。そんなわけでジャケ買いでもなんら期待を裏切られることはないが、万全を期すのなら掲載誌公式サイト内の単行本情報ページで中身試し読みが、作者pixivの発売告知記事でサンプル画像の確認がそれぞれ可能なので、事前にそちらをチェックしたうえでの購入可否検討をオススメ。
このたび我々の瞳の保養に貢献してくれる女性陣はほぼハイティーン制服ガール固定で、一部存在する私服っ娘もおそらく同世代と思われる。ルックス的には明確にキュート寄りであり熟女スキーは最初から出入り無用かと。一方でおっぱいサイズは近ごろめずらしくラージ一辺倒でなく並~巨までまんべんなく取りそろえているのが特徴的だ。ヴァラエティ豊かなバスト描写のみならずキャラクター造形もまことに多彩で、大人しいのうるさいの、ストレートに迫るのあり素直に心を開けないのあり、いろんな系統の女子連中を逐次投入であらゆる男子諸君のニーズにお応えしてみせる。
かくも十人十色な彼女らが乗っかる物語たちの方はオーソドックスな甘エロメインの構成。3Pものや乱交系のイレギュラーなお話もあるけれど主体となるのは恋人同士の1on1で、ときに明るくときにせつなくの恋愛模様を過不足なくくり広げる。わずかに存在する、強引にコトを運ばれたり次々と体躯を蹂躙されたりの少々不穏な作品も最終的には女の子が気持ちよくイキまくるので読後感は良好だ。
ストーリー進行はわりかし穏健なのに、濡れ場は男子サイドがゴリゴリ女体をいじり倒してはヒロインを極楽浄土へと導くハードな快楽責め中心なのがおもしろいところ。1本あたり20-24ページの平均的な容量ながら、女の子を男根および電マやヴァイブなどの性具でみっちり攻略しそのリアクションも緻密に積み立てていってとエロシーン密度はなかなかに高い。休みなく執拗なプレイの連発に我を忘れ派手派手しくよがりまくる女子連中のアクメ顔百面相がじつに秀逸で、性器どうしの出し入れよりはむしろそちらへ重点を置いてのセックス描写がきょくちょならではの独自色といえよう。
身体へ小道具を仕込まれスウィッチの支配権を握られた少女は好き勝手に電源を入れられるたび強烈な刺戟に体躯をビクつかせ目に涙を浮かべつつこみ上げる嬌声を抑えこむのに必死。さんざんもてあそばれ責めたてられすっかり発情モードの彼女は2人だけの空間へ移行したとたん情欲を爆発させようやく最大音量で甘い叫びを乱射する。激しく怒張を突き立てられるたびほおを上気させ汗と涙とよだれまみれで表情をクルクル変えるさまが扇情的でたまらない。もはや日本語にならない咆吼を発しふだんの端整な顔をグズグズにしながら昇りつめてゆく彼女のティーンエイジまんこの最深部めがけ白くねばつく液体をたっぷりとプレゼント。
訴求力高すぎのタッチで甘酸っぱいラヴ模様を描き出すという万人向けのアプローチを採りつつ、性器も性具もフル活用のストロングセックスを敢行し分泌物まみれの絶品アヘ顔を全面フィーチャーの強烈な絶頂描写が読者のちんこをわしづかみのナイスなデビュー作。欲を言えば執拗な前戯に比し本番それ自体は比較的淡泊でかつ性器結合/射精断面描写もナシなのは今後足かせになりかねない部分なので早急な改善を期待したいところだが、なにせいまが伸び盛りの作家なので次回作には間に合わせてくるはずだ。収録作いずれも大いに愚息を使役させてもらったけども、とりわけ恥ずかしがり屋の彼女にオモチャを仕込み白昼堂々イカせまくり→発情しきったところでガチハメ敢行の「初めての××デート」と、徹底的にノーリアクションな同級生女子をどうにか反応させるべく全身愛撫&ハードファック「無口な彼女」のショート巨乳ヒロインもの2本が最愛。

FANTASMA

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/2借出。

-蒲生俊敬「太平洋」講談社ブルーバックス ISBN:9784065128701
-浜本隆志「図説 指輪の文化史」河出書房新社 ISBN:9784309762739
-住江淳司「カヌードスの乱」春風社 ISBN:9784861105715
-井上佳子「戦地巡歴」弦書房 ISBN:9784863291768
-林憲一「音楽クリエイターのためのマイクロフォン事典」ディスクユニオン ISBN:9784866470801
-山家勝「北海道から日本の近代が見える」財界さっぽろ ISBN:9784879335241
-李鍾元/木宮正史編「朝鮮半島 危機から対話へ」岩波書店 ISBN:9784000238977
-E・フラー=トリー「神は、脳がつくった」ダイヤモンド社 ISBN:9784478102954
-「緊急出版 報道写真集 2018.9.6北海道胆振東部地震」北海道新聞社 ISBN:9784894539235

2018-12-01

本日のチョコレート効果。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-kakao「発情びーむ」ワニマガジン社 ISBN:9784862695987
話○ 抜◎-○ 消小 総合○

資産家息女3姉妹がそれぞれのスタイルで奔放にセックスを謳歌連作3本+独立短編7本。超絶キュートなビッグバストガールズ&レディースがドスケベボディをフル活用し精液搾取にいそしみまくりの光景をたっぷりとお届けの作者最新刊は通算3冊めのコミックスだ。
ワニ各誌のなかでもひときわラヴリィな筆致の執筆陣を集積させている「COMIC快楽天BEAST」で数年前にデビューを飾り早いうちから頭角を現していまやすっかり看板作家扱いに。この界隈の作画カロリーが上がりすぎて執筆速度もみなさん落としがちな昨今だけどこの人は比較的筆が速いのも魅力で、前単行本「好き好きマシンガン!」から1年ちょっとの快調なペースでの新作リリースである。
予備知識なしでこの作家の3rd Editionを手にした人は表紙を見てちょっと驚くはずだ。というのもキュートネス炸裂のファンシィな絵柄の基本線こそ変わらないが、女の子の顔立ちがずいぶんと面長になり若干頭身も上がった体。2017年以降のBEAST掲載分となる今回の収録作たちのうち、今年に入ってからのものはとくに変化が顕著。個人的には直近のだといじりすぎで逆に可愛さが減殺されてきた感もあるので、以前のタッチと最新のそれとの間で上手い妥協点を見つけてもらえれば。ともあれ版元提供のコミックス情報ページおよび著者pixivアカウントの発売告知エントリで新旧いずれの作品もサンプル画像を参照可能なので、それらを吟味したのち購入するのをオススメ。
登場する女の子連中はいつものように制服ハイティーンを中心にプラマイ数歳くらいの構成。10代女子は当然のことOLや看護師など大人女性でも愛らしいフェイスゆえ熟女スキーにはまったく不向きだが、前述した絵柄の変化もあり昔よりはアダルティな雰囲気もかもし出してきたように思える。スレンダーボディにおっぱいのみ超特大サイズのマーヴェラスな肢体描写もいつもどおりだが、1名のみ微乳ヒロイン主演の作品があるので(といっても他作家なら並~やや巨レヴェルの充分なヴォリュームだけれど)、童顔爆乳っ娘のみで読みたい方は注意すること。
いかにも快楽天BEAST掲載物件らしい明朗快活ハッピーラヴの物語傾向はこの3冊めでも基本的には変化なし。友人以上恋人未満の男子女子が丁々発止のやりとりののちめでたく恋愛成就のタイマンエロスを美味しく摂取だ。加えて今作では1冊めの読み切りヒロイン再登場から世界観を広げた「大宮3姉妹シリーズ」のように、ドSだの小悪魔だの女の子側にクセのある属性を付与しそこから物語を展開してゆくテクニックの向上が目につく。付随してキャラ造形のヴァリエイションも一気に幅が増してストーリーテラーとしての成長が如実にうかがえすばらしい。あんまり深入りしすぎてコンビニ売り誌の舞台が窮屈になるなんて事態も招来しかねないが、そのときはまあBEAST卒業でしょうなあ。
1本あたり16-24ページのタイトな分量ながら、kakao特有のダイナミックボディが画面狭しと躍動する濡れ場はなかなかに扇情的。むっちり張りつめた女体が興奮に朱を帯びキュートフェイスをトロトロに崩しながらエロパーツを酷使し全身全霊で男子の精をしぼり取るのだ。ことにぷっくりまんこへいきり立つ怒張がゴリゴリ打ちつけられ子袋いっぱいに熱い白濁が叩きつけられる性器結合/膣内射精断面描写は絶品で、大量の白濁を子宮の奥で受け止めた刹那法悦の態で絶頂する彼女らの艶姿でぼくらの摩擦運動もはかどりまくりですよ!
艶めく肢体を自分からさらけ出し彼女は目の前の怒張にしゃぶりついてご奉仕を開始するのだ。とまどうヒマもなく全力フェラ&パイズリの魔力に屈し第1ちんこ汁を放出。休憩など許されずこんどはすでに準備万端の秘密の花園へ屹立したままのシャフトをねじこみちんことまんこの真剣勝負をスタート。みずから激しく腰を使い全身をのけぞらせながら快楽享受に没頭するおにゃのこ連中のド派手な乱れっぷりにいっそう興奮。ハート目アヘ顔を臆面もなくさらししきりに中田氏を懇願する彼女のリクエストにお応えし、最後に特濃漢汁の奔流を卵巣の奥まで届こうかという勢いでぶちまけフィニッシュ。
作画/作劇のアトモスフィアはそのままに表現技法や演出にいっそうのパワーアップが図られ、エロ漫画家としての階梯をもう1弾ステップアップさせた快作だ。惜しむらくは近年の絵柄改造の結果として一部のホンワカ系ヒロインの描写には適さなくなってきていることだけど、このへんはいろいろ試行錯誤して打開策を見つけてもらいたい。どのお話も大いにマイサンを活用させてもらったけど、なかでも金髪碧眼童顔ダイナマイツボディの米国産同級生とカラダで異文化交流「HENTAI GIRL」と、行きずりのナンパのはずが彼女の方から積極的に性的軍事侵攻の「ビーチサイド・エンジェル」でもって我が精嚢もスッカラカン。

うそつきパラドクス

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
12/1購入。

-きづきあきら/サトウナンキ「秋の鹿は笛に寄る(1)」集英社 ISBN:9784088911373
-「コミックペンギンクラブ」2019年1月号

2018-11-29

今宵のロック画報。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-こりす「りとるがぁるふれんず」三和出版 ISBN:9784776991502
話△ 抜○ 消小 総合○

萌え萌えニンフェットのキュートなお大事を大人ちんこでゴリゴリ貫通短編全9本。義務教育世代前半のあどけないちびっ娘たちが問答無用で発展途上まんこを攻略されては容赦なく膣内射精され放題の壮絶な光景をお届けの作者最新刊は商業単行本としての通算第6弾にして本レーベルからの2ndコミックスだ。
かつて一世を風靡した萌えエロ専門誌「コミックポプリクラブ」(マックス刊)が惜しまれつつも休刊して以降、商業媒体でこの人の漫画作品を見ることは皆無。しかしながら去年/今年と連続で複数の単行本が世に送り出され、むしろ取り巻く状況はにわかに騒がしくなっているといってもいい。まあ種明かしをすると直近2年のコミックスはすべて同人再録で、それも徐々に新しめの作品が収められそのうち追いつきそうなペースなのだけど。ともあれ今年4月に大洋図書より上梓された前単行本「従妹・未緒 はじめての…」から半年そこらでこの新作リリースという異常事態であり、当社物件としても昨春発売の前々作「かよわき小さな獲物」から1年半の短いインターヴァルである。
往年の「美少女ゲーム」をほうふつとさせるオーセンティックなエロゲ絵が、こりすという作家のいまも昔も変わらぬアイデンティティ。むろん歳月の経過とともにディテイルは洗練され業界のトレンドも適宜すくい上げてはいるものの、ベースラインはおもしろいくらいに不変。このへんを古くさいと排除するかある種のノスタルジィとともに受容するかは貴方の選択次第だ。そういうわけで内容見本などなくとも表紙イラストのみでほぼ顧客のふるい分けはできるけど、万全を期すのなら立ち読み可の書店へおもむくか近日中にアップされるであろう版元サイトの新刊情報ページを参照するのがよろし。
つるぺたからママンまでニーズに応じいろんなタイプの女子を描ける人だが、今回は単行本タイトルが示唆するとおりのロウティーン専科。いかにも発展途上の華奢な四肢に甘食クラスのささやかな双丘が組み合わされる、ロリっ娘の王道たるボディデザインがなされている。個人的にはこの作家が別ラインで手がける童顔巨乳制服ガールズの方がより嗜好に合致するのだけど、おっきな瞳に愛らしい笑顔のアリスたちが問答無用で大量投下されるのを見るとにわかにほおがゆるみまくるのは否定できないですね。
オール読み切りの収録作たちはいずれも作者のオリジナル同人が初出で、以前ポプリで描いていたころは甘ラヴメインだったのが薄い本では比較的凌辱多めなのが相違点。ここ数年は従来にも増してダーク系の比率が高くなったので、継続的に同人を読んできている古参ファンはともかく過去の商業作品のイメージでこの本を購入するとある意味ビックリするかも知れない。ダーク/ライト問わずストーリー進行は非常にインスタントで物語的コクは皆無に近いけれど、そのぶん脳みそのリソースをすべて自慰表明に割くことのできる親切設計だ。あと巻頭と巻末に少数派の和姦系を配置しつつ真ん中にはこれでもかとガチレイプを挟みこむというある意味イジワルな構成なので、店頭サンプルをチェックするときは注意すること。
同人作家のなかでもわりとページ数の多い本を発行する人で、今回も最低で20ページ、長いのだと30ページ以上の潤沢な分量でロリっ娘にガチハメ三昧のナイスな光景を堪能できる。和姦/強姦ともに少女と成人男子との1on1が基本となり、ことさら身長差が強調され極端なほど体格の違いが浮き彫りになって背徳感マシマシ。セックスのセの字も知らないアリスたちが容赦なく秘部を攻め立てられ極太ディックを執拗に突き立てられては快感に目覚めさせられてゆくさまをじっくりねっとり描写だ。
相手が大好きなお兄ちゃんだろうと身の毛もよだつキモメン中年だろうと、年端も行かない女の子たちがいつの間にかセックスに開眼させられてゆく点では共通。スレンダーボディに舌や指先を縦横無尽に這わせられ敏感な部分を責めたてられて彼女らは甘い嬌声をもらすのだ。やがて前人未踏のタテスジにもついに侵入を許し、未成熟な内奥を激しく貫かれてはまだしちゃいけないイキ顔さらしてはじめての快感に全身を打ち震わせる。幾度となく気をやりその都度ちんまい体躯をのけ反らせながらファーストアクメへ向け一直線の彼女のお子様まんこめがけ許容量オーヴァーの白濁を怒濤のごとく叩きつけフィニッシュ。
こりす同人はもっぱら巨乳系ばかり購入する自分はほとんどが初見のお話で、抜き度では前者に軍配が上がるもこの新作は非常にフレッシュな気持ちで読むことができた。欲を言えばどこかの媒体で本格的に商業新作も掲載してもらいたいのだけど、いろんな出版社の編集さんにおかれましてはどうか検討していただけないですかね。今作収録物件のなかでは、こりす得意の温泉ネタで行きずりょぅι゙ょと明るく楽しくガチハメ三昧の「温泉少女F」がライト方面の、一家で営む温泉宿への資金援助と引き換えに処女を散らされるヒロインの受難劇「宵の白波」がダーク方面の、それぞれ最シコ作品。

グレイト・ノスタルジア

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
11/29購入。

-「COMIC阿呍」2019年1月号
-「COMIC快楽天」2019年1月号
-「コミックゼロス」#73

2018-11-28

芝源

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
11/28借出。

-小原雅博「日本の国益」講談社現代新書 ISBN:9784065131268
-国立がん研究センター研究所編「「がん」はなぜできるのか」講談社ブルーバックス ISBN:9784065120934
-徐航明「中華料理進化論」イースト新書Q ISBN:9784781680507
-梅村敦子「北海道おいしいそばの店」北海道新聞社 ISBN:9784894539174
-本郷和人監修「やばい日本史」ダイヤモンド社 ISBN:9784478103951
-S・レビツキー/D・ジブラット「民主主義の死に方」新潮社 ISBN:9784105070618
-D・トンプソン「ヒットの設計図」早川書房 ISBN:9784152098023

2018-11-25

今夜のズォーダー大帝。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-しのざき嶺「JK改造計画」リイド社 ISBN:9784845853946
話○ 抜○ 消小 総合○

コミュ障ぎみの地味メガネ女子は知らぬ間に催眠調教を受けグロテスクな肉便器へと造り替えられて表題作長編10話+独立短編2本。肉体も精神も完膚なきまでに支配されちんこなしでは生きられない一人前のセックスマシーンへと仕立てあげられる一部始終を活写の作者最新刊は2018年に入っての初コミックスだ。
自分が物心ついたときにはすでに業界でも大御所扱いだった生ける伝説級の作家で、もはやコミックス刊行数も正確な数字がわからないくらい。しかしながら最近はヒロインの高年齢化&趣向の特殊化が進みだいぶご無沙汰になってしまっていた。当ブログで最後に言及したのが2006年刊行の「図書室の秘密」(ジェーシー出版刊)だから、この新刊はじつに12年ぶりのしのざき嶺作品レヴュウとなる計算。
しのざき嶺=猟奇フリーク乱れ撃ちというイメージがすっかり染みついていたのだけど、今回の表紙はそれを裏切るまことにクリーンな仕上がり。装幀もオサレな感じでマット調の瀟洒な仕上がりがナイスだ。そうは言ってもページを手繰り出てくるのは昔のまんまな古き良き昭和テイストの絵柄で逆に安堵。収録作すべて当社発行の電子配信誌「comicクリベロン」で2016-18年にかけ掲載されたものと直近原稿オンリーゆえ作画の安定感も抜群。書店で現物を参照できない方のために出版社が直々で単行本情報ページを用意しサンプル画像をチェックできるので、購入前に一瞥しておくのをオススメ。
幼女を描いてるのだけは見たことないがそれ以外はなんでも手がける(男の娘でさえも)オールラウンダーなのだけど、今回は単行本タイトルが示唆するとおりのハイティーン制服女子専科。ただし世間一般でいうところの美少女など生来のクセモノたるこの作家がメインに据えるわけはなく、地味だったり異端だったりモブ顔だったりのマイノリティが覇権を握る。ルックスは年相応なのに首から下はオバちゃんさながらのたるんだ体型はしかしながら一部好事家の目をとらえて止まない。
収録コンテンツは大まかに二分され、冒頭からの催眠調教長編およびうしろの読み切り2本から成る。短編の方はこの人には珍しく軽妙なライトエロコメだけれど、表題作はファンの期待を裏切らない一大凌辱絵巻。冴えない内気JKが男性教師2名に治療と称し無意識下で性戯を仕込まれ続け、非催眠状態で処女を奪われたのちはもはや自分から積極的に調教をおねだりするに至る一連のシークエンスをじっくりねっとり描写する。しのざき嶺作品で頻発する取り返しのつかない肉体改造こそないものの、多種多様な性具をゴリゴリ挿入し陰核や肉ヒダを肥大化させられてセックス専用機へと変貌させられてゆく光景を冷徹につむぎ出すさまはさすが大ヴェテランの貫禄だ。
短編2本では1on1および乱交のノーマルエロだけど、表題作はもちろん看板どおりの肉体開発てんこ盛り。1話/1本あたり16ページのかなりコンパクトな分量ながら、導入は最低限に抑え速攻でエロシーンへ突入するのでファックは充実。景気よくまんこおっ広げ多種多様なプレイをくり広げたあげくだらしないアヘ顔連発のヒロインの痴態をたっぷりお届けだ。物語の後半では校外にも足を伸ばし見知らぬ男どもに身体を許したりラブホで両穴ほじくられたりと犯られ放題。セックスの気持ちよさに開眼し性格も改善されて心底幸福そうにイキまくるヒロインの人間的成長ぶりを前に目からもちんこからも涙が止まりませんね!
夢うつつのなか多種多様なプレイを仕込まれすっかり肉体を開発されつくした彼女はやがて自分から変態行為をおねだり。ガバガバにされた蜜壷をさらに押し広げられ男根のみならず腕までねじこまれ未曾有の快感に悶絶だ。全部の穴を貫かれ白目剥いて四方八方へ淫語をまき散らしはしたなく咆吼する浅ましき艶姿はもはや理性を喪失した1匹のケダモノ。いよいよ感極まり全身を痙攣させながら昇りつめてゆく彼女の子袋いっぱいにまたしてもザーメンの奔流をお見舞いだ。
心身とも快楽享受のためだけの道具へと仕立てあげられてゆく壮大なプロセスをカメラ・アイですくい上げてゆくこの作家おなじみの光景を堪能。その一方で原形をとどめないほどの肉体改造や極端にフリーキーな体型など従来は多々見られた凄惨な光景がないぶん、しのざき嶺初心者にとっても取っつきのいい入門編としてもおすすめだ。個人的にも女装少年だのふたなりだの熟女だの苦手分野が今回ないので久しぶりの購入に踏みきれたというのはある。そんなわけでやはり表題作の存在感が圧倒的なものの、タイトルは大仰なくせにこの人にしては信じがたいほどマイルドな学園タイマンエロス短編「不良番長穴殺し」も逆に新鮮な気持ちで読ませてもらったですよ。

浮かびあがる

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
11/25借出。

-佐藤敏章「手塚番」小学館文庫 ISBN:9784094065213
-松原隆彦「図解 宇宙のかたち」光文社新書 ISBN:9784334043742
-五百旗頭真編「戦後日本外交史 第3版補訂版」有斐閣アルマ ISBN:9784641220188
-NHKスペシャル「人類誕生」制作班「大逆転! 奇跡の人類史」NHK出版 ISBN:9784140817421
-M・アトウッド「洪水の年(上)(下)」岩波書店 ISBN:9784000229401 ISBN:9784000229418

2018-11-24

今月のとんぬらさん。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-武将武「ハイトクインサニティ」ワニマガジン社 ISBN:9784862695963
話○ 抜○ 消小 総合○

屋上での秘めごとを目撃した少年とそこで激しくまぐわっていた少女との奇妙な交流本編&描きおろし回想/後日談+独立短編9本。秘められた情欲をねじれた形で解放し妖しくイキ狂うドスケベガールズの痴態を殺伐とした物語に乗っけてお届けの作者最新刊は通算3冊めのコミックスだ。
日本エロ漫画界の最大手たるワニマガジン社の「COMIC快楽天」系列3誌は同じコンビニ売り物件ながらも少しずつ味つけを変えてあって、なかでももっとも穏健かつキュート志向なのが「COMIC快楽天BEAST」。しかしながらそんな同誌で唯一えげつないダークトーンのお話を描き続けているのがこの作家。もちろんほかの執筆陣もたまにNTRや強要系のを手がけることはあるのだけどいつも暗黒テイストを貫いているのはこの人くらい。だもんで自分も気力充実のときでないと相対するのには勇気が要って、一昨年末に刊行の前単行本「退廃ユーフォリア」は申しわけなくも購入をスルー。よって本稿で取りあげるのは2014年に上梓された2冊前の処女作「ハイトクシンドローム」以来およそ4年半ぶり。
ワニマガ各誌のなかでも萌え色の強い漫画家を集めているBEAST執筆陣を代表するような端整かつ洗練されたアニメ系のタッチは訴求力抜群。商業のみならず同人でも長年にわたり最前線で活動する人だけありキャッチーネスの高さは折り紙つきだ。直近数年以内のBEAST掲載分に1本のみ2012年の古い原稿が混じっているが加筆修正も施されクオリティは遜色なし。なおいつものように版元サイト内のコミックス情報ページから内容サンプルを参照できるので、実際に書店で手に取る前に購入可否検討も可能。
このたび登場する女子連中は制服ティーンズを中心に上方向数名をプラスというエロ漫画購買層の最大公約数的需要をフォローする構成。いずれも愛らしいお顔にボンキュッボンのゴックンボディが付属するというこれまた万人受けのボディデザインだ。ただしルックスはみなカワイイ系なのにほとんどのヒロインが性格的にこじらせたタイプで、ちょっとクセあるねで済むのから露骨に人格破綻者レヴェルのまでこぞって不穏な空気を充満させているのが良くも悪くも武将武キャラの特徴。このへんを紆余曲折ありつつも受容できるか、あるいはどうしても耐えられないかが評価の分かれ道。
そしてこの作家がもっとも独自性を発揮するのがそのストーリーテリングにおいて。前述したとおりBEAST誌上においてほぼ唯一の劇薬成分を担当する彼は、慎太郎シール誌物件として最低限のお約束である合意エロの体裁のみは遵守しつつも寝取りだの乱交だの逆レイプだの奸計堕ちだのギリギリまで後ろ暗いシチュを盛りこみ物語世界を邪悪なアトモスフィアで満たすのだ。とりわけすでにダークサイドに染まった女の子が無垢な友人だの後輩だのをおとしいれ自分と同じ肉欲の隘路へと引きずりこんでゆくシチュをやらせるとまことに秀逸で、すっかり変貌し欲望のとりことなった犠牲の羊を毒々しい笑みを浮かべ見つめる光景を目の当たりにして読者の背筋も凍る思い。たまには邪心なくピュアな恋愛模様も描くものの、それでさえこの作家のことだからなにかウラがあるんじゃないかとつい疑ってしまうのだ。
1本あたり18-20ページのタイトな容量で濡れ場支配率も極端に高いわけではないけれど、周到に練り上げられたお話進行によりため込んだ情念を一気に解放するエロシーンは刹那的な淫猥さを持つ。ポイント・オヴ・ノーリターンを過ぎ観念したのちはむしろ積極的に快楽に身をゆだね自分から堕落してゆくヒロインたちの陶酔しきったアクメ顔がなんとも扇情的なのだ。滑らかな肢体をさまざまな分泌物で汚され肉ヒダの奥まで蹂躙され狂ったように咆吼するさまはもはや単なる1匹のメス。
後戻りできない策略にハメられ、あるいはみずから男を誘い出し、少女たちはひとしきり肉欲の宴へおのが肢体を捧げ乱舞するのだ。たわわな肢体を白日の下さらけ出しすでに濡れそぼった秘密の花園を押し開き屹立した男根を熱烈歓迎。すっかり開き直りこみ上げる衝動に全身を打ち震わせながら法悦の体でよがりまくる痴態にいっそう興奮。うわごとのようにエロワードを乱射しながら昇りつめてゆく彼女の淫乱まんこに問答無用で特濃ザーメンを打ちこみ性の饗宴もグランドフィナーレ。
コンビニ誌で許される最大限度の暗黒へ挑戦し続けるこの作家の全力疾走をたっぷり味わえるインモラル特盛り物件。かくのごときアングラ情欲絵巻を普通に凌辱調教なんでもアリの書店売り成年誌で展開してもここまでスリリングなものにはならないはずで、このタイトロープ感覚は武将武ならではの得がたい魅力だ。まあ雑誌の性質上一部読者からの反発も多いだろうがBEAST誌面の貴重な隠し味として引き続き活躍してもらいたいもの。今回収録の物語たちのなかでは、希望に満ちた新入社員ヒロインが先輩の手引きにより歓迎会の席上で同僚一同に美味しくいただかれ「飲みニケーション」と、心を病んだ教え子を慰めるべく男性教師が身をもってご奉仕の「かぞくごっこ」が私的お気に入り。

Travelling Without Moving

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
11/24購入。

-青木邦弘「中島戦闘機設計者の回想」光人社NF文庫 ISBN:9784769831006
-佐高信/平野貞夫「自民党という病」平凡社新書 ISBN:9784582858976

2018-11-23

今晩のインターネット・スラング。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-コトバアイ「妹乳ヘブン!」ジーオーティー ISBN:9784814801282
話△ 抜◎-○ 消小 総合○

実家から転がりこんできた無職妹のムチムチボディに辛抱たまらず中田氏三昧本編&フルカラーショート後日談+独立短編8本。脳みそホカホカおっぱいブリブリのヤンガーシスターを実兄ちんこでしっかり躾けご褒美に近親ザーメンをたっぷりとプレゼントの明るく楽しい兄妹相姦を頭からシッポまでみっちり充填の作者これが記念すべきファーストコミックスだ。なお単行本タイトルはこの表記で「シスぱいヘブン」と読ませます。
そこそこ長い間エロ漫画を読みつけてきて大勢の作家に関して知識を蓄えたつもりの自分も、いざ新刊発売表をチェックすると知らない名前がチラホラ。今回評価の俎上に載せるこの人もそんなひとりで、数日前に先行レヴュウがネット上にいくつか出てくるまではその存在すら認知していなかったという体たらく。てなわけでおわびがてらさっそく購入のこちらを大いに活用させてもらった次第。
コミックス表題でも表紙イラストでも訴求するのはもっぱら乳! おっぱい!! バスト!!! おそろしくキュートなアニメ/ゲーム系の絵柄にリアルタッチの生々しい彩色がほどこされた超特大おっぱいが接続されるさまはともすればグロテスクにも見えかねないところだが、ベースの作画がとにかく萌え萌えなのでわりかしスムーズに受容できる。描きおろしパートを除きすべて当社のweb配信誌「コミックグレープ」掲載分となるこちらはしかしながら掲載時期が2014-18年とかなりワイドで、絵柄の新旧差もハッキリわかる部類。表紙と完全互換なのは直近1年くらいの執筆分でそれ以前はやたらと瞳がデカく描かれ若干の違和感を覚える。とはいえ基本的には愛らしいタッチであることに変わりはなく極端な乖離はないかと。なお新刊情報ページおよび著者公式ブログ内の発売告知記事で内容サンプルおよび各ショップ購入特典が確認可能なので、いきなり書店へ直行する前にそちらを要チェック。
タイトルで謳うとおり妹オンリーとなる女性陣は年のころミドルティーン~10代ラスト附近の食べごろ世代。いずれもおこちゃま同然のあどけないフェイスでいながら目を疑うレヴェルの超弩級エクストララージバストを標準装備するという2次元世界でしか実現不可能な肢体描写で、童顔巨乳スキーの俺喚起雀躍ですよ。肉体があまりにも立派すぎてほんのり乳が垂れてきてたりお腹周りがふっくらしかけてたりもするのだけど、そんなだらしなボディがまた強烈に勃起中枢を刺激して止まない。
そんな彼女らが乗っかる物語たちは双子妹もの1本を除きいずれもお兄ちゃんとのタイマンラヴで、当初毛嫌いしてるのから初手から相思相愛なのまで兄妹仲に多少の差異はあれど、最終的にはみなお兄ちゃんだいしゅき状態に突入し存分に膣内射精されまくってハッピーって寸法ですよ。どの作品もすがすがしいほどに一本道の展開で物語的コクは希薄だけどそのぶんノーストレスで自慰表明のみに集中できる仕組み。各話タイトルがむやみに長いのだが、たとえば冒頭作の「寝ている爆乳ニート妹でパイズリしたら中出しセックスできた話」のように、その表題のみで物語のシノプシスがすべて判明するというある意味親切設計だ。あと怪しげなアプリの力を借りたり寝こみを襲ったりと一部に恋愛成就プロセスが問題アリの話があるけれど、結局は全作イチャラヴで決着するからなんら不都合などないね!
かくしてサクサク本番突入しては残る分量のすべてを兄妹相撃つ肉弾戦に費やすのでエロシーン占有率はきわめて高め。1本あたり18-26ページと特段の大容量ではないが抜き最優先の配分で大いに股間を活用できる。ヤンガーシスター連中の特盛ボディを存分に蹂躙するのみならずコトバアイ漫画できわ立つのは性器結合/膣内射精断面描写の充実ぶりで、子宮口の奥まで惜しみなく見せつけながら粘度の高い白濁を瀑布のごとく大量にぶちまける迫力満点フィニッシュを大ゴマで開陳のすばらしき構図にオタマジャクシの産出量もうなぎ登り。
実兄相手にすっかり発情モードの妹ちゃんは自分から豊満すぎる体躯を開きド迫力おっぱいをご開帳しては兄貴ちんこを両サイドから圧迫してのパイズリ&フェラ突入だ。たちまち第1ちんこ汁汁を発射したのちはノータイムで濡れそぼつ蜜壷へ屹立したままの怒張をインサート。肉ヒダの1枚1枚まで別ウィンドウで詳細にフィーチャーしながらちんことまんこの真剣勝負をたっぷりとくり広げるさまが淫猥でたまらない。こみ上げる快感を前にトロトロのイキ顔をさらけ出し日本語にならない嬌声を四方八方へばらまきながら昇りつめてゆくなかシスターまんこの許容量いっぱいに最愛のお兄ちゃんザーメンを怒濤のごとく叩きつけられて彼女らは幸せいっぱいに絶頂するのだ。
細かいこと抜きにひたすら爆乳&妹まんこを大量投下し問答無用で膣内射精断面図を連発する確信犯的な精液分泌特化物資。執筆時期が幅広いせいでやや稚拙な面も見られる古めの作品と圧倒的に完成度が高まった直近作とでギャップはあるけれど、それだけこの作家の成長ぶりが著しかったのだとわかり改めて感服した次第だ。作品産出ペースが緩慢なのは同人誌に活動の主軸を置いているためらしいのだが、可能ならば商業でも一段ギアを上げモリモリ良作をリリースしていただきたいもの。そんなわけで収録作のなかでは新しめのお話がより好みで、とりわけ表紙にも登場の眼福ボディ妹ちゃん大活躍な巻頭連作「寝ている爆乳ニート妹でパイズリしたら中出しセックスできた話」/「妹乳ヘブン!」と、ワガママな妹へ即効アイテムで勉強も性戯もガッチリと仕込み直しの「ギャルで処女ビッチな爆乳妹に媚薬を使って中出し受験勉強」でもってマイサンを酷使。

アキタランド・ゴシック

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
11/23購入。

-沼ちよ子「めんけぇなぁ えみちゃん(1)」徳間書店 ISBN:9784199805356
-藤原辰史「給食の歴史」岩波新書 ISBN:9784004317487

2018-11-22

宣伝的人間の研究

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
11/22購入。

-草森紳一「随筆 本が崩れる」中公文庫 ISBN:9784122066571
-佐藤彰一「宣教のヨーロッパ」中公新書 ISBN:9784121025166
-「コミックバベル」2019年1月号