2019-10-16

Yes, we can

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
10/16購入・借出。

-峯村健司「潜入中国」朝日新書 ISBN:9784022950321
-渋井哲也「ルポ 平成ネット犯罪」ちくま新書 ISBN:9784480072528
-下川裕治「10万円でシルクロード10日間」KADOKAWA ISBN:9784046044273
-桜井哲夫「世界戦争の世紀」平凡社 ISBN:9784582703610
-M・オバマ「マイ・ストーリー」集英社 ISBN:9784087861174
-「COMIC快楽天BEAST」2019年11月号

2019-10-14

今週の食べログルポ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-ZUKI樹「令嬢地獄」ティーアイネット ISBN:9784887747470
話○ 抜○-△ 消小 総合○

富裕層の集う名門学園で財閥令嬢の逆鱗に触れ無残に犯された妹の復讐として生徒会長は凄惨な復讐を用意して……表題作2話(うち1話前後編)+男勝りの野球少女は悪い大人にオンナの歓びを教えられ前後編+独立短編2本。年端もゆかぬ少女たちが卑劣な罠に堕ち華奢な体躯を好き放題に蹂躙されては阿鼻叫喚の叫びを上げる勧悪懲善凌辱三昧を情け無用に展開の作者最新刊は成年マークつき作品としての11thコミックスだ。なお本作は内容といいヒロインの年齢層といい某密林では早晩なかったことにされる可能性が高いので、念のため書籍データリンクをまんが王の方へも。
この人の存在をはじめて認知したときは比較的穏健なラヴコメ仕立ての作品を描いていたと思ったのだけど、中途からは獣姦メインのむやみにエキセントリックな展開、そしてさらに数年前からまたしても作風を大転換してガチロリレイプへとすさまじき変遷をたどった作家である。直近になってからはもはやテイストがブレることなく一貫してハードコア凌辱一直線で、前単行本「睡眠レイプ」でもすっかり全国8000万の読者の胸クソを悪くした記憶も新しい。そこから1年ちょっとの比較的短いインターヴァルでまたしてもZUKI樹謹製のセックス地獄絵図に再会となればはたしてそれはうれしいのか災難なのか。
細めながらもクッキリ明快な線でつむがれる非常に乾いた印象のヴィジュアルがいまも昔もこの作家唯一無二の個性。ゼロ年代なかばにはすでにキャリアを開始していたヴェテランだけにもはや筆致は固まり全編を通して作画品質も安定だ。他社物件が混ざらない限りTIはめったに収録作の初出を明記してくれないのだが本作に関してはそこも完璧で、それによると巻末の1本のみ2013年度作品と古めのほかはみな2年以内の当社刊「COMIC夢幻転生」誌上に掲載されたもの。裏表紙に中身からの抜粋コマがいくつもありシュリンクされていてもおおよその画風がわかる親切仕様だが、万全を期すのなら出版社公式サイト内のコミックス情報ページからたっぷり内容サンプルをおがめるので、まずはそちらをチェックしておくべし。
前作に引き続き登場ヒロインはつるぺた専科……と言いたいところだが、前述した2013年度作品「パンチ一発ゆーたい離脱」のみでデビュー当初のZUKI樹をほうふつとさせるJKおっぱい女子をフィーチャー。かつてはこんな娘がモリモリ巨乳振り乱してはイキ狂っていたのだよ……と古参読者たる自分はつい感慨にふけってしまう。ともあれそんな例外を除けば義務教育世代の華奢でスレンダー少女がよりどりみどりなので、最近になってファンになった諸兄も安心。いかにも無垢で清楚なおぼこい笑顔を見せるそんな彼女らには数ページのち思いもしなかった凄惨な事態が待ち受けているのだからまことに先生はお人が悪うございますね!
ストーリー傾向もコミカル幽体離脱ラヴコメ「パンチ一発ゆーたい離脱」のみ例外で、あとは昨今おなじみとなった無残痛快人権蹂躙絵巻。キモデブだったりオッサンだったりの竿役はみな人格下劣で、一見まともに感じられる幾人かの男性キャラすら心に修羅を抱えた誰ひとり善人のいない世界だ。そんなわけで相対する女性陣は当然のごとく初手からすべての自由を奪われ残酷におとしめられてはひたすら理不尽な強姦輪姦に耐え続ける。とりわけ無垢な少女を生け贄にささげたヒロインがみずからも周到に仕組まれた裏切りにより残虐行為の限りを尽くされるタイトル・チューンはまことに酸鼻きわまりなく、終わりのない絶望へ突き落とされる彼女の受難劇がフェイドアウトしたのち明かされるさらにシニカルな結末まで目にした読み手の心もたちどころにすさみきること疑いなし。
必然的に行為内容もちんまいボディをガッチリ拘束しての凌辱アラカルトが目白押しだ。1本あたり24-32ページと比較的潤沢な容量のほとんどを性交シーンに割き、ロリっ娘のお大事に大人ちんこが強引にねじこまれ彼女らが激痛に絶叫する凄惨な光景をたっぷりとお届け。加えて大半のお話では複数の男根が用意され、全部の穴に怒張をねじこまれ悶絶の痛々しいセックスを疾風怒濤の勢いでくり広げる。膣穴も菊門もガッツリ押し広げられ激しくシャフトを出し入れされる結合/射精断面図も抜かりなくフィーチャーされ、まだ子作りさえ不可能な狭隘な子袋が許容量オーヴァーの白濁で無理やり満たされ苦痛と屈辱にくずおれるおにゃのこ連中の艱難辛苦に痛ましくも勃起ですよ。
悪辣なトラップにかかり少女の汚れを知らない秘密の花園はたちまち穢される。細い四肢の自由を奪われ身動きできない彼女の滑らかなスリットへメリメリと音を立て暴れん棒が差しこまれたその刹那断末魔の悲鳴が周囲に響き渡るのだ。むろん解放など許されず少女の純潔は無残に散らされやがて後ろの穴へもシャフトがねじこまれ苦痛などおかまいなしに執拗に突き上げられて泡を噴き悶絶。その後も痛めつけられ傷つけられ排泄させられ人間としての尊厳を徹底的に奪われたのちなん度目かも知れぬ特濃ザーメンをまたしても両方の穴で受け止めなおも性の饗宴は続くのだ。
(1作品を除き)誰にも救いなど与えられず無理やり性に開花させられるちびっ娘たちの凄惨な受難劇を大量供給という従来路線を貫徹の1冊。個人的には直截的描写こそないもののスカネタは受けつけずやや実用度評価をマイナスしたが、そこすらもご褒美という諸兄なら無問題。これからますますハードコアエロスには逆風が吹きつける昨今の世相ではあるけれど、引き続きおのが信ずる道を貫いていただければ。そう言いつつも自分がいちばん抜いたのは古きよきZUKI樹テイストが炸裂のおっぱいティーンズとイチャラヴ短編「パンチ一発ゆーたい離脱」だったりします。

황소

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
10/14購入。

-松平誠「東京のヤミ市」講談社学術文庫 ISBN:9784065171158
-溝口敦/鈴木智彦「教養としてのヤクザ」小学館新書 ISBN:9784098253562

2019-10-13

きしめんの殿様

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
10/13借出。

-ヤマザキマリ「パスタぎらい」新潮新書 ISBN:9784106108099
-今井良「内閣情報調査室」幻冬舎新書 ISBN:9784344985551
-加来耕三「紙幣の日本史」KADOKAWA ISBN:9784046044921
-「旅と鉄道」編集部編「北海道の鉄道旅大図鑑」天夢人 ISBN:9784635821674
-別冊宝島編集部編「百田尚樹「日本国記」の真実」宝島社 ISBN:9784800297464
-Y・モンク「民主主義を救え!」岩波書店 ISBN:9784000248891
-C・マクナブ「絶対に住めない世界のゴーストタウン」日経ナショナル・ジオグラフィック社 ISBN:9784863134386

2019-10-12

本日のノザキコンビーフ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-牛野缶詰「いろはにほへと」コアマガジン ISBN:9784866533674
話○ 抜○ 消小 総合○

清楚な少女や貞淑な美女が想い人の前でだけ淫靡な艶姿をあらわにし短編11本+ヒロイン全員集合巻末おまけ漫画。鮮烈かつ頽廃的な筆致でもって純粋な愛とそれとは裏腹の浅ましき男女の肉欲曼荼羅とをともにヴィヴィッドに描き出す作者これが記念すべきファーストコミックスだ。なおペンネームは特段ひねることなく「うしのかんづめ」と読ませます。
なんだかんだで前世紀からエロ漫画を読みつけているとすっかり精神がスレてしまいたいていのことには驚かなくなってしまっているのだけど、この作家をはじめて「COMIC快楽天」(ワニマガジン社刊)で目にしたときは「なんだこりゃ!?」とひさびさに大きな声が出てしまった。それくらい現在主流のエロ漫画文法とは明確に異なる絵柄と作劇とで周囲の執筆陣からも当然浮きまくり。いったいこの人はどこへ向かっているのだ……とその動向を注視していたらしばらくのちこんどは突如誌面から消えてしまいまことに意気消沈。それがどういうわけか河岸をコアマガに変えて即座にコミックス発売にこぎ着けたものだから驚くやらうれしいやら。矢も楯もたまらず発売日とともに書店へ直行した次第。
表紙をひと目見たそのときから牛野缶詰が普遍的な成人向けエロの範疇を軽やかに飛び越えてゆく作家であることがハッキリわかる。さすがに中身のモノクロ原稿はここまで露骨にお耽美ではなく適度にオタナイズされた雰囲気ではあるものの、直近執筆の原稿ほどオーソドックスな漫画絵から離れていってこの先アート方面へ旅立っていきそうで心配。巻末の初出一覧によれば発売元のコアマガで描かれた原稿は「コミックホットミルク」直近掲載分の3本のみ、残りはすべて2017-18年にかけ前出の快楽天に載ったもの。いきさつはさておき当初からきらびやかかつ完璧なデッサンでありヴィジュアルの完成度では初登場時ですでに業界上位クラスだろう。まだアップが間に合っておらず版元サイト内の著者別情報ページにはサンプル画像がないが、表紙/裏表紙のみ見ての衝動買いでも期待を裏切られるようなことは絶対にないはずだ。
この美麗きわまりないお筆先から生み出される女性陣は愛らしいのから妖艶なのまで、バストサイズもささやかだったりド迫力だったりまことに多彩。ティーンズはむろんのこと大人女性でも比較的キュート寄りの造形で熟女スキー向きとは言いがたいが極端に設定年齢との乖離はないので誰が読んでも違和感は少ないはず。それより野郎キャラの方が男子用成人作品としては異例の露骨にBLティックな描き方で、目鼻立ちクッキリにごっつめなアゴのラインのコーカソイドまる出しなイケメンぞろいの光景は一般的なエロ漫画を見慣れた身にはなにやら別の国の住人たちのようですな。ともあれ美男美女勢ぞろいのなんとも眼福な作画には思わず引きこまれるパワーがみなぎっているのですよ。
お話の方はその絵柄ほどゴリゴリに尖ってはいないけれど、やはり牛野缶詰ならではの独特なアトモスフィアがそこかしこから立ちのぼってくる。すべてコンビニ売り誌掲載分ということで穏健な和姦ベースの作劇ながら、崇高でいてどこまでも淫猥な性の深淵を随所にのぞかせる個性豊かな作品世界がくり広げられるのだ。やや硬質かつ端整な描線には詩的な科白まわしや印象深いコマ割りがことのほか映え、ときにちんこを握るのを忘れ画面のなかに見入ってしまうのは抜き物件としてはいささか困りもの。ことにどこか浮世離れした海外文学の短編みたいなお話をやらせると白眉で、2人だけのクローズドな空間でひたすら我を忘れ肉欲におぼれる彼ら彼女らの生々しい行状を活写。
白磁のごとき滑らかな肢体をフル活用し茂みの奥へ幾度も白濁注がれて絶頂のエロシーンは特濃とまでは言わずとも業界水準以上を確保。1本あたり18-26ページと分量はさまざまななかストーリーパートにも潤沢に尺を割くだけにけっして性交オリエンテッドではないけれど、お肌を朱に染め荒い息を吐きながら覚えたての愉悦に没頭するヒロイン連中のとびきりの艶姿に読み手の股間はおっきしっぱなし。とりわけ随喜の涙を流し日本語にならない嬌声たれ流しながら昇りつめてゆくアクメ顔描写は絶品であり、許容量オーヴァーの孕み汁を仕込まれたのち膣口からコポッとそれが逆流するさまを見つめつつなおも上気し行為の余韻にひたる彼女らの得も言われぬ表情でまたしてもエレクチオン。
あらかじめ結ばれる運命の2人は夜も待ちきれず褥へダイヴインしては互いに熱く激しくむさぼり合う。肌を重ねタイトに抱き合いながら敏感な部分をまさぐり合ううち体躯は火照り準備万端だ。濡れそぼつ蜜壷をいきり立つ怒張で描き分けながらいちばん深い部分まで突き入れ性器どうしの真剣勝負をスタート。執拗にストロークを刻むたび呼吸を荒げほおを紅潮させながら四方八方へハートマークをまき散らし全身全霊で快楽に熱中するさまがいとおしくもエロっちい。いよいよ感極まりイクイク連呼のヒロインのドスケベまんこめがけ最後に特濃ザーメンの奔流をお見舞いだ。
いちど目にしたら2度と忘れないその清冽なタッチとそれにふさわしくどこかバロキッシュな作劇とが唯一無二の世界をつむぎ出すまことに印象深いデビュー作が爆誕。版元の雑誌たるホットミルク初出分より快楽天掲載のものがはるかに多いというのはむろんワケアリなのだろうが、紆余曲折ありつつも原稿をすみやかに譲渡したワニ編集に感謝し、自社分とあわせ非常にクールなパッケージングを構築したコア編集にありがとうを言わせてもらう。バックグラウンドを調べてみるに一般誌でのお仕事もあるようで今後どれだけ成年漫画界へ滞在してくれるかわからないけど、引き続き独自の牛野缶詰ワールドをくり広げ次回作刊行までしていただければ重畳きわまりない。収録作のなかではベストセラー作家の幼な妻としてヒロインが家事でも性事でもけなげに奮闘の「家桜」と、黄昏れた世界に降りしきる雪のなか年長女子×年少男子カップルが寸暇を惜しみ交合に没頭「あさって」が私的お気に入り物件。

Papa Don't Preach

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
10/12購入。

-鈴木宣明「ローマ教皇史」ちくま学芸文庫 ISBN:9784480099501
-V・アレクサンドロフ「かくしてモスクワの夜はつくられ、ジャズはトルコにもたらされた」白水社 ISBN:9784560097229
-「comicアンスリウム」2019年11月号

11月の新刊チェック。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
ソースはここ。

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_adult&group=label&term=month&date=201911&view=LIST&count=all(成年向け)

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_all&group=label&term=month&date=201911&view=LIST&count=all(コミック全般)


確定:藍夜・名仁川るい・日月ネコ・二三月そう

二次募集:かいづか・鉢本・ビフィダス・冬みかん


ってなとこ。

あれっ10月予定だった藍夜が……とまあそれは延期しようと当然ゲットとして残りの確定作家も超強力な布陣で愚息もご満悦ですよ。とりわけ雑誌に掲載されるたび抜き度がぐんぐんアップしていった名仁川るいがことのほか楽しみ。

2019-10-06

今夜のどてちん天国。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-りゅうき夕海「ふわとろ巨乳なおねーさん」三和出版 ISBN:9784776991717
話○ 抜◎-○ 消小 総合○

受胎確定まで脱出不可能な部屋に閉じこめられた姉弟は精根尽きるまで子作りファック本編&巻頭フルカラーショート後日談+食べてすぐ寝たら牛の角が生えてしまった姉をもとどおりにすべくえっちに奮闘本編&続編+独立短編7本。垂涎のエクストララージバストを標準装備の萌え萌えキュートガールズ&レディースが豊かな双丘をフル活用しながら絶品イキ顔を披露しつつイキ狂うマーヴェラスな光景を読者の脳裡へ無差別爆撃の作者最新刊は再録等を除いた抜き物件としての通算13冊めにしてガチ成年仕様の第11弾、そして当版元からの記念すべきファーストコミックスだ。なお機種依存文字につき本稿では割愛したが、本来はタイトルの末尾にハートマークが付属する。
この作家のプロダクトにはじめて触れたのは今世紀に入ってすぐのことと記憶しているから、おそらくそれ以前のキャリアを含めれば業界でも有数のヴェテラン。もっともアクティヴに活動していたころは年間数冊のコミックスを世に送り出すワーカホリックぶりで、マイちんこも大いにお世話になったものだ。しかしながら2010年代に入ってからは極端に創作ペースが落ち、いっときは薄い本以外にまったく消息を聞かなくなり愚息もションボリ。そんな状況が変わったのはここ1、2年のことで、テーマアンソロなどにポツポツと執筆を再開し往年のファンを大いに喜ばせてくれたものだ。そんなこんなでストックもたまり、少年画報社より2010年に上梓された非成年扱いの前単行本「センセイのエプロン」(こちらでは未評価)からじつに9年ぶりの新作リリースとなった次第。ゆえに当ブログで評価の俎上に載せるのも「センセイのエプロン」発売直前にティーアイネットから出た「彼女の乳は僕の物」以来のこと。
おそろしくラヴリィな萌え一直線のタッチは昔もいまも変わらない……と言いたいところだが、さすがに長期のインターヴァルを経て印象は激変。明確に女性の手になるとわかる繊細な描線はそのままに、もっとも顕著な違いがわかるのは瞳の描き方。初出の明記はないものの数本混入された2010年代初頭あたりの原稿では黒目の面積が極端に大きいのに対し、表紙をはじめとした直近のそれではオーソドックスな表現になっている。ひと目でりゅうき夕海謹製と認識できる強烈な個性は希薄になったものの、時代のトレンドを適宜取り入れた結果古くささなどまったく感じられないのには感嘆するほかない。ただ出版社提供の新刊情報では残念ながら表紙画像の閲覧しかできないので、このギャップをじかに確認するには現物に当たるほかないのはちょっと不親切な部分。
単行本タイトルや帯訴求コピーでは年上ヒロインを強調する売り方となっているけれど、実際にはお姉ちゃん以外にも同級や妹キャラすらいる雑食状態なので年長女子以外読みたくない諸兄は要注意。そんなわけで設定年齢も推定ミドルティーン~20代後半附近となかなかにワイドレンジだ。むろんりゅうき夕海漫画であるからにはお歳を問わずみなさん例外なくたいそうご立派なド迫力バストをお持ちで、質量のみならず乳暈までビッグな魅惑の頂を景気よく揺らしながら濃厚ファックに没頭する彼女らのはしたなさすぎる痴態をたっぷり堪能できる仕掛け。
本来は甘エロからガチ凌辱までなんでもござれのオールラウンダーだが、この新刊では明るく楽しくちょっとアホの読み口爽快エロコメに路線を統一。またテーマアンソロ初出の作品が主流ということで、セックスしないと出られない部屋だの一見地味じつはドスケベだの性転換で女のカラダをエンジョイだのの変化球シチュが全般的に多め。これら多彩な題材をどれもそれらしく描きこなしフィニッシュまで破綻なくまとめるのはさすが大御所のスゴ腕だ。ネタが多岐にわたりすぎて個人的に一部受けつけないお話もあるものの、ともあれこれだけヴァラエティ豊かなセックスを過不足なく表現しきることができるのにはすなおに脱帽。
そしてりゅうき夕海の既刊を読みつけているファンにとっていちばん気になるのはエロシーンのはずだ。というのも、この作家はまんこよりもむしろ乳、それもニップルを積極的に援用してのストロングエロスが最大のセールスポイント。そしてその期待は裏切られることはなく、本作でも揉んで舐めてホジって搾ってとバスト百段活用が炸裂だ。ことに陥没乳首を執拗にいじり倒しなめ回してはえっちに屹立させついにはお乳を噴出させる一連の責めプレイは圧巻で、ここにこれまた従来から定評のあるピキピキちんこ&ヒダヒダまんこのハードな合従連衡のすえガッツリとナマ中田氏の精密性器結合/膣内射精断面描写が加わりティッシュの消費量もうなぎ上りですよ。
おねーさまのたわわな双丘に顔をうずめ柔肌にすりつけたのちはおもむろにその先端へしゃぶりつき執拗に責めたてるうち甘く淫靡なサウンドが漏れはじめる。ほおを紅潮させ瞳をうるませながら攻勢に耐え続ける彼女の下腹部はすでに蜜でいっぱいだ。すっかり準備万端の秘密の花園へ屹立したままの怒張を押しこみ性器どうしの真剣勝負をスタート。激しく内奥を貫くたび柔肉がいやらしい音を立てながら独立した生きもののように蠕動し全身全霊で子種をしぼり取ろうと奮闘する。いよいよ感極まり四方八方へエロワードを乱射しながらしきりに種つけを懇願するヒロインのドスケベまんこの最深部めがけ最後に受胎確実の特濃ザーメンをお見舞い。
薄い本では継続的にお世話になっていたとはいえ、久方ぶりに商業作品をたっぷりと摂取しマイサンもご満悦。巻末著者あとがきを見るにいっときは筆を折ることまで考えていたとのことだけども、翻意してすばらしき作品たちを再度生み出していただき感謝感激雨あられですよ。題材によりいくらか個人的実用度に差異は出たけれど、従来からの持ち味を保ちつつ最新型へ脱皮を遂げたニューりゅうき夕海爆誕に立ち会うことができまことに善哉。今後も無理しない範囲でコンスタントに商業媒体執筆を続けてもらいそう遠くない時期に復帰第2弾コミックス発刊へとこぎ着けていただきたいもの。このたび収録の物件中だとタイトルで謳われる年上系よりは若い娘主演のオハナシの方が私的使い勝手良好で、カテキョ先の教え子に気持ちいいレッスンを体当たり指導「よいこのおねだり」と、無邪気な妹ちゃんに身体の悩みを相談された兄は……の「ひみつのお留守番」でもって包皮も灼けつくほどに股間をハードユース。

Majestic Twelve

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
10/6借出。

-飯野亮一「天丼 かつ丼 牛丼 うな丼 親子丼」ちくま学芸文庫 ISBN:9784480099518
-川崎二三彦「虐待死」岩波新書 ISBN:9784004317845
-保阪正康「続 昭和の怪物 七つの謎」講談社現代新書 ISBN:9784065149065
-井上良和「未来の戦死に向き合うためのノート」創元社 ISBN:9784422300726
-山崎宏之「日本の鉄道路線」ミネルヴァ書房 ISBN:9784623087556
-D・サウスウェル/G・ドナルド「世界の陰謀・謀略論百科」原書房 ISBN:9784562056767
-「別冊法学セミナー ヘイトスピーチとは何か」日本評論社 ISBN:9784535403529

2019-10-02

スパルタの海

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
10/2借出。

-片岡恭子「食べた!見た!死にかけた!「運び屋女子」一人旅」講談社 ISBN:9784065168400
-青山智樹「戦艦大和と一万二百個の握り飯」柏書房 ISBN:9784760151462
-大西正幸「電気洗濯機の技術史」技報堂出版 ISBN:9784765532693
-岡田和裕「明治を食いつくした男 大倉喜八郎」産経新聞出版 ISBN:9784819113663
-須田慎太郎「金ピカ時代の日本人」バジリコ ISBN:9784862382436
-東京新聞/中日新聞編「校閲記者の日本語真剣勝負」東京新聞 ISBN:9784808310332

2019-09-29

今月の東方鉄腕小町。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-幸田朋弘「うぇざっちぃず」ヒット出版社 ISBN:9784894658110
話○ 抜◎-○ 消小 総合○

天衣無縫のお天気娘たちと精根尽き果てるまでイチャラヴ三昧短編全11本。明るく楽しくちょっとアホらしくの気分爽快さわやか恋愛模様に乗っかりキュートな笑顔のおっぱいガールズが幸せいっぱいに乱れまくってはナマ中田氏され放題の鬱度0%明朗快活セックスをたっぷりとお届けの作者最新刊は黄色い楕円物件としての9thコミックスだ。
デビューは一般漫画ながらかなり早い段階で当版元の看板誌「COMIC阿呍」へ移籍を果たし以後現在に至るまで息の長い活動を続けており、もはや同誌生え抜きと区別がつかないレヴェル。ただエロ漫画家生活が長くなるとともに創作ペースまでガッツリ落ちたのは困りもので、その前のコミックスから4年経過し上梓された前単行本「コメコメSelection」からさらにインターヴァルは空いてしまい、じつに本作は5年ぶりの新作リリースという惨状だ。じつのところもはや日々の糧は定期的に刊行している同人誌から得ていると思われるのだが、ともあれこうして途切れずに商業誌に載せてくれているだけでありがたいと思うべきなのだろう。
その出自からも明らかなようにポップでさわやかな一般青年誌系のタッチはこの業界へやってきたときからあらかた完成形。さすがにもはや最新流行とは言えないタッチではあるものの、迷いなく引かれた美しい描線に希薄すぎず過剰すぎずのほどよいトーンワークをほどこしたヴィジュアルはまさにプロのお仕事だ。収録作すべて2015-19年にかけての阿呍掲載分といささか執筆時期はワイドレンジながら、前述したとおり早いうちに作画の基本は固まっておりまったく新旧差を感じさせないのはすごい。よってジャケ買いでもまったく問題はないと思うが、万全を期すのなら出版社公式サイト内のコミックス情報ページに内容見本がたっぷり用意されているので、それらを覗いたのち購入可否判断を。
この滑らかな筆致でもっておおむねハイティーン近辺の愛らしい少女たちを手がけるのがこの作家の通常運転であり、それはこの最新刊でも同様。オーソドックスな女子高生のほか年上幼なじみだのサキュバスだの変化球をはさみつつ多種多様なヒロインを用意しさまざまなニーズにお応え。みんな大好き童顔巨乳系の造形をベースに据えつつ、髪型や性格づけなどを細かく違え誰ひとり類似系を発生させていないのは立派。あどけない顔立ちなのに首から下はわりとリアルに寄せた肉々しいボディラインで、その微妙なアンバランスネスが読み手の勃起中枢をむやみやたらと刺戟して止まない。
幸田朋弘漫画においては凌辱だのNTRだのネガティヴな要素はいっさい登場せず、どこからページを手繰っても全編これまるで真夏の昼下がりのようなピーカン晴れラヴコメ尽くしとなる。なおすべての短編は「ヒロインの名前+気象用語」シバリの表題がつけられていて(たとえば「みもりサイクロン」/「ちよみブリザード」といった具合 ※一部例外あり)、それがコミックス表題の由来でもあるのだ。男女とも健やかでいながらどっかマヌケな親しみやすいキャラメイクがなされており(そのぶん深窓のお嬢さまだのはかなげな美少女だのとは無縁になるのだが)、そんな彼ら彼女らがドタバタと惚れたハレたの騒動を忙しくくり広げるさまに心はほっこり股間はモッコリ。長編だとむやみに登場人物を増やし関係を混沌とさせるきらいがある作家なのだけど、今作のような読み切りオンリーだと熱愛バカップルにターゲットを明確に絞りこみ、読んでるだけで虫歯になりそうな甘エロを臆面もなくやってのけるのだからまことに辛抱たまらんのですよ。
なんともコミカルな日常パートから一転濡れ場では問答無用ストロングファックへとギアを1段チェンジするのがこの人のすばらしい部分。どちらかというとあっさりした雰囲気の絵柄なのに、肉ヒダの1枚1枚まで緻密に描かれた女性器&血管ピキピキビッグコックとの極悪コンビがハードに合従連衡しては大量の体液を四方八方へまき散らすのだ。まるで独立した生きもののようにうごめきシャフトをしごき上げる性器結合/膣内射精断面図もたっぷりとフィーチャーされ、大ゴマ使ってド派手にのけぞり未曾有の快感に昇天するおにゃのこ連中のダイナミックな痴態にティッシュの消費量もうなぎ上り。
さんざんバカなやりとりを交わしつつもいざ互いの気持ちを確認すればたちまち2人は熱愛モード。口づけするのももどかしく即座に生まれたままの姿に戻ってはガツガツとメイク・ラヴにいそしむのだ。たわわな双丘を乱暴に揉みしだき敏感な部分を執拗に刺戟すればたちまち秘所は準備万端。いきり立つ怒張をゴリゴリねじこみ激しく内奥を突き上げるたび全身汗みずくになりながらはしたない嬌声をまき散らしよがりまくるさまがなんともエロティック。トロトロのイキ顔さらし日本語にならない咆吼を発しながら昇りつめてゆくヒロインのドスケベまんこめがけ最後に白くねばつく液体を疾風怒濤の勢いで叩きつけ性の饗宴もグランドフィナーレ。
まるでスポーツのごとく激しくもさわやかな性春グラフィティを頭からシッポまで満喫したのちは鬱屈した気持ちもすっかり晴れわたること必定の読む精神賦活剤。むろん股間の活用もおこたりなく、卵巣の奥まで届く勢いで特濃ザーメン注がれイキ狂う女子連中の艶姿ときたらまことにユースフル。これでわずかに存在するゴムつきファックが全部ナマ中田氏だったら抜き評価はフルマーク満点にしたところ。冒頭で緩慢な掲載ペースにケチをつけたものの(作者さますいません)、去年あたりから執筆頻度が再び高まってきているので、次のコミックスは今回ほど待たされずにすみそうだ。どの作品も大いに笑い大いにヌキヌキさせてもらったが、田舎から押しかけてきた超積極派幼なじみ女子の正体は……の「ももかフォーリナー」と、表紙にも登場のショートヘア美少女と晴れて恋人同士となり即座にカラダの相性を確認「ひとみサンダー」の短髪巨乳っ娘登場2作品でことのほか愚息を使役。

PIPERS

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/29借出。

-加藤秀弘「クジラ博士のフィールド戦記」光文社新書 ISBN:9784334044022
-澤村修治「ベストセラー全史 近代篇」筑摩選書 ISBN:9784480016843
-田中利幸「検証「戦後民主主義」」三一書房 ISBN:9784380190032
-竹内明彦「こうして管楽器はつくられる」ヤマハミュージックメディア ISBN:9784636971439
-田中純夫「絶望の林業」新泉社 ISBN:9784787719195
-岡田薫「半径50メートルの世界」論創社 ISBN:9784846018528
-釈順正編「ぼくらの茅ヶ崎物語」シンコーミュージック・エンタテイメント ISBN:9784401647514

2019-09-28

本日の照葉樹林。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-緑のルーペ「ガールズ・オン・ザ・ブルーフィルム」茜新社 ISBN:9784863497900
話◎ 抜◎-○ 消小 総合◎

幼い実娘を言葉巧みに誘いこみ自分専用の肉便器として開発してゆき……中編4話(最終話一部描きおろし)+独立短編3本。あどけない少女たちが性の歓びを知り肉欲のとりことなって狭隘な子宮をフル活用し精液搾取に没頭しまくりのすさまじきセックス曼荼羅を執拗な筆致で展開の作者最新刊は成年向け仕様としての通算第5弾コミックスだ。
精緻きわまりないストーリー構築と登場人物たちの重苦しいほどの心象描写でもって2010年代のエロ漫画シーンに重大な爪痕を残した特別な作家のひとりだと自分は認識している。しかしながら商業誌ではいっときを境に重厚な作劇からあえて離れる姿勢がうかがえ、物語への比重を抜き方向へ若干シフト。そんな実用性重視の頂点となった前単行本「いびつのそのご」は包皮が灼けつくほどにマイちんこをしごきまくり、当ブログ選定の2016年度エロ漫画ベスト企画にて堂々の第1位を獲得した。そんなとてつもない作品の次回作となれば万難を排してでも購入せねばならぬ物件であり、この最北のド僻地で店頭に並ぶのをジリジリしながら待ちこがれておりましたよ。
大胆な色遣いのヴィヴィッドな表紙は本屋の店頭で真っ先に目を惹くキャッチーさでまずツカミはOK。中身のモノクロ原稿は若干カラー彩色のそれとは印象が異なり、かなり細めの描線で適度なザックリ感とともに刻まれるタッチはいささか神経質な雰囲気だ。昨今の茜物件にはめずらしく収録作の初出がキッチリ明記されており、それによると当版元のガチロリ誌「COMIC LO」より2本、JK専門誌「COMICアオハ」から2本(+単行本加筆)、そしていまは亡きビッチネタ専科の「COMIC saseco」から3本となっている。どちらかというとテーマ固定にはなじまない作家でどの雑誌でも本領発揮という感じではなかったのは残念だけど、ともあれこうして1冊にまとめ上げてくれただけでも大感謝ですよ。なお出版社提供の単行本情報では表紙画像と若干の書誌データのみでサンプル画像は用意されないので、可能ならば見本閲覧可能な書店で吟味するのをオススメ。
幼女から大人女性までいろいろ描きこなせる作家だけど、この単行本ではロウティーン~高校生附近の食べごろ世代で統一。メイン年齢層は義務教育後半あたりと個人的にもストライクゾーンど真ん中で大変よろしい。過去作品を見るに本来は貧乳スキーなのだろうけど、今回はガチロリ時代の数本を除きバスト大きめなのものおっぱい星人の自分としてはうれしい点(ちょっとだけワガママを言えばアンダーヘアは巨乳さんでも生やさない方がワタクシうれしいのですけど)。ただ前作までは気にならなかったけど今回は作者の趣味なのかどの作品もヒロイン造形がかなり似通っていて(具体的には黒髪メガネっ娘てんこ盛り)、そっちが刺さらない人には厳しいかも。俺はむろん大歓迎もっとやれ!ですが。
かつてのような大長編は商業だとやらなくなったけど、それでも人間の業を深くえぐる巧緻なストーリーテリングは本作でもむろん健在。とりわけ初出時は雑誌2誌をまたいで掲載された冒頭連作「父の愛人」は10代はじめからハイティーン突入までの父娘相姦を偏執狂的な心理描写とともにねっとり描ききり圧巻だ。実の子供によこしまな欲望を向け無知につけ込んで彼女を心身とも支配する父と、被害者とも共犯者ともつかぬあいまいな思いを抱きつつも肉体的には完全に快楽へ依存し肉欲の隘路へと堕ちてゆく少女との、アモラルでいて純粋な愛の営みが少女の親友を巻きこみつつ一種のビルドゥングス・ロマンとして構築されている。
後半部に収録のsaseco掲載読み切り群もまた壮絶なオハナシばかり。「ビッチ」をテーマに据えた雑誌なのにこの作家はいかにもなヤリマンギャルを登場させたりだの逆に一見真面目な少女がじつは……だののテンプレ2パターンを両方とも拒否し、年相応のあどけない少女の素顔とどうしようもない肉欲の権化との2面性をごく自然に兼ね備えた、緑のルーペならではの独自解釈がなされたビッチっ娘たちのすさまじき行状をクールにつむいでみせる。そしてどちらの系統であれ、この作家の描くヒロインはケダモノじみた情欲に耽溺する自分を別の場所から俯瞰してながめつつももはや無垢なアリスには戻れずにみずから破滅への道を一直線に歩んでゆき、当然のごとくその後に用意されている末路は――あとはみなさま自身が読んでのお楽しみ。
純情ティーンズがまだしちゃいけないアヘ顔さらしちんまい子袋にゴリゴリ怒張をねじこまれド派手に絶頂のエロシーンは質量ともとんでもなく充実で、1本あたり28-48ページの特大ヴォリュームを利し遠慮会釈なくストロングファック満漢全席をくり広げる。野郎サイドの口から際限なく流れ出る悪魔的な性へのいざないが少女たちの脳裡へ呪詛のごとく刻まれやがてそれは胎内深く爆発し下品きわまりない痴態をみずからさらすに至るのだ。未成熟ボディを振り乱し淫語マシンガン連射しながら幾度も白濁を注がれだらしなくアヘりまくるその艶姿にぼくらの自慰表明もはかどりまくること必定。
純真無垢な子供の姿そのままで、彼女は熟練の売春婦のごとく性戯に精通し男を歓ばせる媚態を早くも身につけたのだ。いとおしげに男の股間へしゃぶりつき熱烈ご奉仕で早くも第1ちんこ汁を搾取。すぐさま準備万端のスリットを押し広げ自分からレッドスネークカモン。避妊などおかまいなしにねじこまれたナマちんこのもたらす圧倒的な快感に目をグルグル回しながらドデカい嬌声を発し必死に腰を使うさまがたまらなく淫猥だ。固く抱きつきながらケダモノじみた咆吼を発し昇りつめてゆくヒロインの子供まんこの最深部めがけ2度3度4度と特濃ザーメンの奔流をプレゼント。
人倫などクソ食らえの罪深き所業に進んで己を投企し畜生道へと堕ちてゆく男女の荒涼たるありさまを描かせると天下一品のこの作家が既刊とは異なるアプローチを採りつつもやはり従来どおりに殺伐とした性愛曼荼羅を活写の一品。ただ残念なことに、巻末著者あとがきによればこの作品を最後にしばらく商業エロからは離れるとのこと。掲載誌がことごとく廃刊となる不運はあったけれども、唯一無二のこの個性が雑誌で読めなくなるのはまことにさびしいし切ない話だ。どのみちもっと前から主戦場はとうに同人へ移行しているとはいえ、できればそう遠くないうちにどこかの媒体でカムバックを果たしてもらいたいもの。お話的にはやはり巻頭シリーズ「父の愛人」のビターな後味を残す狂った愛の物語に圧倒され、抜き的にはJCビッチ3連発の後半短編群に我が精巣のストックを完全に枯渇させられました。

間宮羊羹

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/28購入。

-木尾士目「はしっこアンサンブル(3)」講談社 ISBN:9784065169728
-里見U「八雲さんは餌づけがしたい。(8)」スクウェア・エニックス ISBN:9784757563155
-高森直史「日本海軍ロジスティックスの戦い」光人社NF文庫 ISBN:9784769831389
-「COMIC快楽天」2019年11月号
-「COMIC E×E」#21

2019-09-25

少林足球

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/25借出。

-田中雄一「ノモンハン 責任なき戦い」講談社現代新書 ISBN:9784065168578
-馳星周「馳星周の喰人魂」中央公論新社 ISBN:9784120045035
-長谷川和男「朝鮮学校を歩く」花伝社 ISBN:9784763408938
-渡辺尚志「海に生きた百姓たち」草思社 ISBN:9784794224040
-D・パトリカラコス「140字の戦争」早川書房 ISBN:9784152098627

2019-09-24

Зеркало

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/24購入。

-亀山郁夫「大審問官スターリン」岩波現代文庫 ISBN:9784006023119
-F・デュボワ「作曲の科学」講談社ブルーバックス ISBN:9784065172827
-「コミックバベル」2019年11月号

2019-09-22

今週の内紛勃発。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-朝倉満「魅せもの小屋」エンジェル出版 ISBN:9784873068756
話○ 抜○ 消小 総合○

恥辱にまみれ快楽におぼれながら女たちは刹那的な情欲に身をゆだね短編全8本。美麗なヴィジュアルを駆使しながらドスケベガールズ&レディースがグラマラスな肢体をフル活用しては恥も外聞もなくイキ狂う光景をあけすけに活写の作者最新刊は通算8冊めのコミックスだ。
当版元の看板誌「エンジェル倶楽部」はどちらかというと自分の嗜好と乖離した編集方針ゆえ定期購読はしていないのだけど、そんななかでも幾人かの作家については単行本が出るたびレヴュらせてもらっている。今回評価の俎上に載せるこの人もそうしたメンツのなかのひとりで、一昨年の冬に上梓された前単行本「美マゾふぇすた」から2年経たずの快調なペースで新作リリースにこぎ着けまずは善哉。
はじめて目にしたときからすでに最新型とは言えないタッチだったけど、2019年のいまとなっては明確にオーセンティックな絵柄。とはいえ描線そのものは迷いなくクッキリと引かれデッサン狂いもまったくない端整な筆致はまさにプロのお仕事。むしろあまり先鋭的すぎるとそもそも女体と認識しづらいシロモノとも遭遇しがちなだけに、誰もがナイスバディと認める朝倉満ヒロインズの優美で淫靡なスタイルは抜き漫画として正義だろう。なお掲載誌公式ブログの内容紹介記事ツリーをたどることで豊富なサンプル画像や各ショップ購入特典を参照できるので、この作家初挑戦の方にはそれらを覗いておくのを強くオススメ。
ヒロインの年齢層はハッキリと内角高めで、ほんのわずかJKが存在する以外は奥さまだの女教師だのOLだの大人女性のオンパレード。その他女囚やらなぞの異人やらも含めみなさんこぞってボンキュッボンのプレイメイト体形なのでフルフラット嗜好の方は速攻回れ右推奨。まさに男子のちんこをしごかせるためだけに存在するような彼女らが期待どおりド派手に乱れはしたなさすぎる痴態をこぞって披露するのだからまことに辛抱たまりませんな!
このエレガントとすら言える作画とは対照的にどこか素っ頓狂でオフビートな独特のお話運びがかつての朝倉満作品最大の特徴だったのだけど、最近はエンクラの誌風に屈したのかベタな凌辱調教系のネタが増えてきてそこは正直不満。とはいえそれは完成度の低さを意味するのではなく、定番なりにキッチリ舞台立てをととのえ巧みにアイディアを運用して一級の読みものとして仕上げている。個人的にはやっぱり昔のテイストが好きなので、いくつか収録されているギャフンオチのコミカルエロスを堪能しご満悦ですよ。
物語傾向がどうあれやはりこの作家最大の武器はエロシーンそれ自体。1本あたりほぼ22ページ固定の比較的コンパクトな分量ながら、非常に考えられた構成により充分すぎるほどの濡れ場総量を確保している。朝倉満謹製の、泰西名画から抜け出してきたようなおわん型ビッグバスト+キュッと締まった細腰+安産間違いなしの魅惑のヒップという完璧ボディが画面狭しと乱舞しては派手に液汁まき散らし女たちは愉悦におぼれるのだ。美女たちによるパイズリ&フェラ熱烈ご奉仕からはじまり秘密の花園へゴリゴリ剛直をねじこんではハードに抽送をくり返し最後は気持ちよくオタマジャクシ放出へと至る一連のシークエンスがていねいにつむがれ読み手の興奮も止むことなし。
完全無欠の裸体を惜しみなく男の前にさらし彼女はこれからはじまる行為を思いほおをほてらせ瞳をうるませるのだ。自分から股間にしゃぶりついては強烈なバキュームでたちまち第1ちんこ汁搾取。休むいとまもなくこんどは濡れそぼつ蜜壷を自分からオープンセサミして挿入をおねだり。勢いよくねじこまれたビッグコックのもたらす快感にたちまち甘い嬌声を発し全身汗みずくになりながらケダモノじみた交合に没頭だ。自分から腰を振り積極的に快楽享受にいそしむ彼女の艶姿にいっそうエレクチオン。法悦の態で歯を食いしばり未曾有の感覚に身をよじらせ昇りつめてゆく彼女の淫乱まんこめがけ最後に粘度の高い白濁をたっぷりとプレゼント。
作劇の独自性は正直薄れてしまったが、精液分泌支援ツールとして過不足ない仕事がなされた洗練の1冊。SNSでの発信をまったくしない人なので巻末著者あとがきの無難なあいさつ以外に本心をうかがい知ることはできないものの、引き続き高品質のプロダクトを安定供給していただければ重畳きわまりない。収録作品のなかではヒロインがキュート寄り&ポップなお話運びのものがマイちんこにはよくフィットして、勝手に押しかけてきた金髪碧眼美女となし崩し的にガチハメ三昧「亡命者の女」と、ワケアリJKたちを飲み食い自由にさせる代わりに美味しくいただく漫喫店長の悪事を目撃した主人公は……の「マン喫難民キャンプ」が私的お気に入り物件。

Trip Through Your Wires

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/22借出。

-鈴木克美「金魚と日本人」講談社学術文庫 ISBN:9784065168820
-高木裕「調律師、至高の音をつくる」朝日新書 ISBN:9784022733672
-NHKスペシャル取材班「米中ハイテク覇権のゆくえ」NHK出版新書 ISBN:9784140885895
-古谷浩一「林彪事件と習近平」筑摩選書 ISBN:9784480016829
-前田京美「日輪兵舎」鹿島出版会 ISBN:9784306046740
-土屋健「面白くて奇妙な古生物たち」カンゼン ISBN:9784862555168

2019-09-18

Del amor y otros demonios

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/18借出。

-竹内正浩「ふしぎな鉄道路線」NHK出版新書 ISBN:9784140885925
-島泰三「ヒト、犬に会う」講談社選書メチエ ISBN:9784065166444
-磯前純一「昭和・平成精神史」講談社選書メチエ ISBN:9784065169483
-澤村修治「ベストセラー全史 現代篇」筑摩選書 ISBN:9784480016836
-広田尚敬「平成の鉄道」講談社 ISBN:9784065161456
-陸傳傑「地図で読み解く日本統治下の台湾」創元社 ISBN:9784422202730
-G・ガルシア=マルケス「純真なエレンディラと邪悪な祖母の信じがたくも痛ましい物語」河出書房新社 ISBN:9784309207766

2019-09-16

今晩のタイ・ブレイク。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-雛咲葉「ふしだら吐息」ワニマガジン社 ISBN:9784862696663
話○ 抜○ 消小 総合○

テニス部舞台の男女青春模様連作2本(前単行本より継続シリーズ)+人ならぬ娘の色香に男たちは狂わされ本編&描きおろしショート前日談+独立短編6本+巻頭フルカラーショート1本。ゴージャスきわまりない筆致でもって少女から淑女まで多種多様なヒロインズがムチプリボディをフル活用してはガッツリ膣内射精され放題のすばらしき光景を惜しみなく投下の作者最新刊は通算5冊めのコミックスだ。
デビューは2010年代なかばと比較的最近ながら、非常に高い画力とこの業界では希有な量産能力とを武器に短期間で「COMIC快楽天BEAST」の看板作家へのし上がった人。昨今の同誌は一般流出がいちじるしいがいまだに離脱せずエロに専念してくれている、読者にとっても編集にとってもありがたい存在。あいかわらずコミックス刊行ペースはBEAST随一で、去年上梓された前単行本「ずーっとだいすき」から本作リリースまでまたしても1年ちょっとの早業である。
スッキリ整理された描線でものされるキャッチーなアニメ/ゲーム系の絵柄をベースにコッテリ濃口密度の高いトーンワークをほどこした、いかにも2010年代ワニマガを象徴するような売れ線まっしぐらのヴィジュアルが特徴的。収録作の初出を確認すると2本ほど古めの原稿があるほかはほぼ直近2年以内のBEAST掲載分でまとまっており表紙と中身はほぼコンパチといえよう。いつものように出版社公式サイト内の単行本情報ページから内容サンプルおよび一部ショップ購入特典を確認できるので、あわてて本屋へ直行する前にそっちをチェックしておくのをオススメ。
この端整な筆致でもってあどけないちびっ娘から妖艶な人妻までおよそなんでも描きこなすオールラウンダーだが、今回は極端に若いのや異様にBBAだったりはいなくて若干レンジが狭まった印象。年齢を問わず基本はキュートフェイス&エクストララージバストの迫力満点グラマラス系のボディデザインで、前述したシズル感あふれるお肌描写ともあいまってむやみやたらと男子の勃起中枢を刺戟する造形だ。独立したゴムマリのようにブリブリ揺れる特大サイズの双丘をこれでもかと見せつけられちゃこりゃちんこをしごかずにはおれませんね!
元コンビニ売り誌のBEAST物件とあって、くり広げられるのはおおむね安全健全イチャラヴ尽くし――というのがデビュー以来続いていたけれど、ここ数作はほのかにダーク路線の作品も投入して引き出しの広いところを見せている。とはいえこの華やかな絵柄にはオーソドックスな美男美女の恋愛がことのほか映えるのはたしかで、とりわけ青春真っ盛りハイティーン連中の甘酸っぱい惚れた腫れたのドタバタを描かせるとピカイチ。それらをメインディッシュにときたまほの暗いエロスを堪能するという楽しみ方がベストなのかも。
大半が20ページ以下の掌編だがエロシーン占有率はなかなかに高く、雛咲葉特有の艶めく肢体が画面狭しと暴れ回り大量の液汁が飛び交う濡れ場はたいそう扇情的。おっぱいもお尻も特盛りのやらしすぎるボディを男の前で誘うように見せつけてはハードな交合にいそしみたっぷりナマ中田氏されて女たちはイキ狂うのだ。とりわけ性器近辺からムワッと牝臭が匂い立つさまやパツンパツンの胸やケツをむんずとわしづかみする光景がなんとも淫猥でたまらない。トロトロのイキ顔さらしながら粘度の高い白濁を注がれ絶頂の彼女らの艶姿でティッシュの消費量もうなぎ登りですよ。
紆余曲折ありつつも想い合う気持ちを確認したのちは2人してベッドに倒れこみ甘く激しくメイク・ラヴ。着衣では隠しきれない豊かな2つのふくらみを白日のもとさらけ出し乱暴に揉みしだくとたちまち甘い声。すっかり準備万端の蜜壷へたぎる怒張をねじこんで性器どうしの真剣勝負を開始だ。お尻を両手でホールドしながら激しく内奥を貫くたびビッグバストをブリブリ揺らし法悦の態で嬌声マシンガン連射の痴態にいっそう興奮。いよいよ感極まりイクイク連呼の彼女の子宮の許容量いっぱいに最後怒濤の勢いで特濃孕み汁を叩きつけたその刹那彼女もハート目アクメでフィニッシュだ。
緩急自在の作劇にドスケベボディフル活用の濡れ場が絶妙にブレンドされまさに秋の夜長のお供としてふさわしい1冊。単行本が出るたびいろんな部分が洗練されてくるのが手に取るようにわかるのもうれしい。他の執筆陣がそうであるように一般からの引き合いも跡を絶たないだろうが、もうしばらくはこちらのフィールドで存分に活躍していただきたいもの。あとちょっとだけケチをつけると、これまでパイパンを貫いてきたところに1本のみアンダーヘアつき女子が投入されたけど個人的には生えてない方がうれしいです。今回収録の物件たちのなかでは、鈍感男子×世話焼き女子がさわやかにカップル成就の「恋愛アドバンテージ」と、女嫌いとうわさの先輩へ果敢にアプローチ「純情スマッシュ」のテニス部シリーズ2作がお気に入り。

俺専彼女

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/16購入。

-ジェームスほたて「ヤンキー娘になつかれて今年も受験失敗しそうです(1)」少年画報社 ISBN:9784785965143
-「COMIC快楽天BEAST」2019年10月号

2019-09-15

チタタプ チタタプ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/15借出。

-朝比奈なを「ルポ 教育困難高」朝日新書 ISBN:9784022950314
-中川裕「アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」」集英社新書 ISBN:9784087210729
-松富かおり「エルドアンのトルコ」中央公論新社 ISBN:9784120052194
-斎藤貴男「驕る権力、煽るメディア」新日本出版社 ISBN:9784406063661
-池澤夏樹「科学する心」集英社インターナショナル ISBN:9784797673722
-小松礼雄「エンジニアが明かすF1の世界」東邦出版 ISBN:9784809414879
-小西由稀「小西由稀の札幌おささる味手帖」財界さっぽろ ISBN:9784879335265
-吉浜忍/林博史/吉川由紀編「沖縄戦を知る事典」吉川弘文館 ISBN:9784642083522

2019-09-14

今宵のユーリン・セラピー。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-高城ごーや「経験済みだよ、私たち」ティーアイネット ISBN:9784887747425
話○ 抜○ 消小 総合○

トイレで知り合いフォーリンラヴのちびっ娘とその友だちと仲よく3P恋人ファック三昧のドリーミンタイムはいつまでも……表題作長編5話+独立短編1本。キュートネス炸裂ロリっ娘2名とのさわやかでいて濃厚な恋愛模様を黄金水色の風景で彩りながら巧みにつむいでゆく作者最新刊は通算8冊めのコミックスだ。
あらゆる事象を尿にリンクさせつつ多種多様な物語を展開する希代の奇想エロ漫画家も1ディケイドにわたるキャリアを積み上げもはや中堅からヴェテランの域へ。この一見キワモノとも思われかねない素材を読み口さわやかなラヴストーリーへと組みあげる辣腕ぶりとこれだけニッチなネタをずっと許容し続けている編集の懐の広さとに改めて乾杯。基本的には量産の効くタイプの人だけど今回はゆえあってやや刊行間隔が空き、前単行本「ろりっ娘ムラ勃起こし」から約2年と比較的長めのインターヴァルを経ての再会である。
最新流行とは言いがたいものの愛らしくかつ訴求力の高いアニメ/ゲーム系の絵柄はデビュー以来基本的な骨格は変わらないもののディテイルを随時アップデイトしてずいぶん洗練された。また巻末著者あとがきによると本作収録作途中からディジタル移行したとのことで、これにより作画はよりいっそうのブラッシュアップが期待できそう。いつものようにTIは収録作の初出を明記してくれないのだがおそらくは前作刊行後の「COMIC夢幻転生」掲載分のはずで品質は高値安定。むろんこの版元のことだから公式WEB内部のコミックス紹介ページからサンプル画像をたっぷり参照できるので、高城ごーや初挑戦の方も安心。
当初は比較的巨乳寄りだったヒロイン造形は前作あたりから一気にロリ化が進んで、今回は冒頭長編も巻末読み切りもちんまい体躯のロウティーンガールで統一。完全つるぺたではなく甘食クラスのささやかな隆起を有しているのでフルフラットじゃないと死んじゃう病の方にはオススメしないが、やや頭でっかちの造形に華奢な四肢、そしてなによりも視界をさえぎるもののない聖なるタテスジ光臨はまごうかたなきニンフェットの印。そんな幼い出で立ちの彼女らが濡れ場では大人顔負けのドエロい痴態を披露しまくるのだからまことに辛抱たまりませんね!
この新刊は大まかに二部構成となり、実質的なタイトル・チューンに相当する巻頭からの長尺シリーズ連載「トイレの王子様」および巻末収録の「おしっこfrom…」から成る。後者は高城ごーや作品においてしばしば言及される架空の王国・ニョーランドに関係する事象を扱ったサーガの一篇とみなすことができ(とはいえ過去作とキャラクター等の直接的な関連はない)、従来この作家を読みつけてきた人にはおなじみのテイスト。とはいえこの項ではおおむね前半長編について解説してゆく。
尿意に襲われ顔面蒼白で公園の便所に駆けこむ青年、そしてそこへ股間を押さえ闖入してくる女の子、彼女はスッキリしたばかりの彼の上にまたがりいきなり放尿したのだ――衝撃の出会いを果たした2人、光野健二(ひかりのけんじ)と相田七海(あいだななみ)は股間を押しつけ合ったまま性交へとなだれこみ即席カップル成立! というのが物語の発端。再会の約束をし公園トイレでまたしても身体を重ねる彼らの姿を目撃した七海の大親友・黒沢まつり(くろさわまつり)も同じような形で処女をささげ、♂1×♀2の奇妙な恋人たちはその後もことあるごとに便所ファックをくり広げる。仲よくお出かけしレジャーにいそしんだあとはおなじみのトイレで熱烈に愛を交わす3人の幸福な日々はいつまでも続くはずだったのだが……その後の急展開とめくるめく大団円はぜひ貴方自身の目でご確認を。とまあ肝腎な部分はネタバレ防止でボカしたのだけど、いやらしい人物の誰ひとりいない明朗快活高城ごーやワールドで展開される真摯で誠実なラヴ模様に読後すっかりポジティヴな気分になれること必至。
ランドセル世代女子2名を相手の本気特濃ファックをじっくりねっとり展開の濡れ場は容赦なき大容量で、1話あたり22-46ページの恵まれたヴォリュームを存分に活かしガツガツと性器どうしの真剣勝負にいそしむのだ。この長編において本番セックスはすべてトイレ内で行われるのが特徴で、ちびっ娘たちを便器へ座らせパックリ開脚しながら彼女らのお大事を執拗に責めたてては熱くほとばしる白濁を連続注入のスペクタクルな光景が展開される。むろん高城ごーや作品であるからにはおしっこプレイも標準装備で、過去作ほどに奇抜なシチュではなくても放尿飲尿盛りだくさんのアンモニア臭あふれる交合が横溢するさまはまことに壮観。
ょぅι゙ょたちと無邪気にたわむれたのちは思い出の厠へ立てこもり密室のなかで汗だく汁だく尿だくセックスに没頭。小さすぎる体躯を軽々と抱えこみ空中で固定したのち凶暴な大人シャフトを少女の狭隘な膣奥へ強引にねじこむのだ。ちんまい子宮をゴリゴリ突き上げられるたび未曾有の快感に全身を打ち震わせまだしちゃいけない恍惚の表情を見せつけながらギュッと抱きついてくるさまがいとおしくもエロっちい。いろんな分泌物にまみれながらはしたなく淫語乱射して昇りつめてゆくヒロインの義務教育まんこめがけ疾風怒濤の勢いで特濃ザーメンの奔流をプレゼント。
濃厚きわまりない肉体言語の応酬をくり広げる情景で気持ちよくヌキヌキしたと思ったら、本気で彼女らを愛するがあまりとある選択を行った主人公の侠気に思わずジーンとさせられたりの盛りだくさんな1冊。愛とおしっこ(LOVE&PISS)あふれる本作を前に君のハートはほっこり股間はモッコリさせられること必定だ。個人的には前作に続き貧乳ものということで私的実用度がやや低下したものの、善なるものそれ自体の具現化たる高城ごーやおなじみのストーリーテリングを満喫し読後スッキリ。対照的なタイプをそろえた長編Wヒロインどちらも美味しくいただきまたしてもおしっこの神様に感謝でございます。

典子は、今

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/14購入。

-九井諒子「ダンジョン飯(8)」エンターブレイン ISBN:9784047356269
-灰羽ねむみ「足芸少女こむらさん(1)」秋田書店 ISBN:9784253207904
-村岡ユウ「もういっぽん!(4)」秋田書店 ISBN:9784253228176
-「comicアンスリウム」2019年10月号

2019-09-11

何もかもみんな 爆破したい

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/11借出。

-池畑修平「韓国 内なる分断」平凡社新書 ISBN:9784582859171
-野口悠紀雄「マネーの魔術史」新潮選書 ISBN:9784106038419
-佐々木実「資本主義と闘った男」講談社 ISBN:9784065133101
-田村重信「秘録・自民党政務調査会」講談社 ISBN:9784065138168

2019-09-08

ちゅらかあぎ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/8借出。

-河合雅司「未来の地図帳」講談社現代新書 ISBN:9784065160893
-西村秀樹「朝鮮戦争に「参戦」した日本」三一書房 ISBN:9784380190049
-長谷部宏「ROCK THE BEST」シンコーミュージック・エンタテイメント ISBN:9784401622887
-磯崎敦仁「北朝鮮と観光」毎日新聞出版 ISBN:9784620325934
-シェルパ斉藤「ニッポン10大トレイル」枻出版社 ISBN:9784777955411
-北海道新聞社「イチから分かる北方領土」北海道新聞社 ISBN:9784894539518
-真栄平房昭「旅する琉球・沖縄史」ボーダーインク ISBN:9784899823681
-「ナショナルジオグラフィック別冊 伝説の謎」日経ナショナルジオグラフィック社 ISBN:9784863134522

10月の新刊チェック。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
ソースはここ。

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_adult&group=label&term=month&date=201910&view=LIST&count=all(成年向け)

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_all&group=label&term=month&date=201910&view=LIST&count=all(コミック全般)


確定:藍夜・昭嶋しゅん・あらいぐま・さじぺん・やみなべ

次弾装填:牛野缶詰・奥森ボウイ・シイナ・高津・De・ハチゴ


ってなとこ。

ひさしぶりに財布がスッカラカンになりそうな私的豊作月でござるよ。とりわけ薄い本も楽しませてもらいつつ貧乳オンリーなのが唯一不満だったのが商業ではおっぱいキャラてんこ盛りになり感謝感激だった藍夜がついに商業初コミックス化でいまから股間が屹立しっぱなし。

2019-09-07

今夜のトキソプラズマ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-安部マナブ「発情らぶリズム」ワニマガジン社 ISBN:9784862696632
話○ 抜○ 消小 総合○

キュートネス炸裂ガールズ&レディースのもっちりボディを美味しく攻略短編8本+巻末ショート描きおろしモーニングファック1本。女の子側からグイグイ迫り来ては汗だく汁だくセックスに没頭し気持ちよく膣内射精三昧のイチャラヴ尽くしをお届けの作者最新刊は通算3冊めのコミックスだ。
自分がワニマガの「COMIC快楽天BEAST」を定期購読するようになったのは2010年代に入ってからと比較的最近のことなのだけど、そのころからこの作家はレギュラー執筆陣として誌面に君臨していたのだからすでにキャリアはヴェテランの域。ただ長らくフルカラーショート漫画担当でノーマルな白黒作品を描くようになったのは遅く、それゆえ活動歴のわりにはコミックス刊行数は少なめ。とはいえ長期休養などなくコンスタントに掲載されるうち無事ストックもたまり、前単行本「快感恋鎖」刊行からちょうど3年経過したのち晴れてこの新作のお目見えである。
ふんわり柔和な描線にほどよくお肉の乗ったいかにもソフトなフィーリングの絵柄は大嫌いという人などまずいないはずだ。旧弊すぎず最先端すぎず、それでいてキャリアの経過とともに適宜時代の潮流を取り入れて着実に進歩しているのがすばらしい。巻末描きおろしを除きすべて快楽天BEAST誌上で2017年以降に掲載されたお話たちを収録で作画品質の高さも折り紙つきだ。いつものように版元サイト内の単行本情報ページからサンプル画像と一部ショップ購入特典を確認できるので、安部マナブ初体験の方はぜひそちらのチェックを。
この愛らしい筆致でもって今作ではミドルティーン~20代なかばまで幅広い年齢層のヒロインを投下する。とはいえ10代女子はむろんのこと大人女性でもルックスはだいぶあどけなく熟女感は皆無なので基本アダルトさんスキー向けではない。巨乳一辺倒のワニ作家陣にあってわりかしささやかなおっぱいも描く人だけれど総体としてはやはりビッグバスト志向で、あと乳サイズを問わずすあまみたいなほどよくゆるいお肌のもっちり感が特徴的だ。男子たるもの誰もがこうしたたゆんたゆんボディに埋もれたくなるものですね。
コンビニ売りの(現在はそうではなくなったが)快楽天BEAST掲載物件ということで、物語のトーンは明朗快活和姦で統一。恋人どうしのベタ甘ラヴありイージーなタナボタ展開あり、同級生どうしから年の差カップルまで、いろんなタイプの恋愛模様をウェルメイドに描き分けてみせるのだ。きっかけはさまざまなものの最終的には男女みなハッピーに結ばれる王道エロコメの殿堂。また前作でやたらと多かった3Pネタは若干数を減らしつつも複数用意され乱交スキーのニーズにもお応え。多少強引だったり不意打ちだったりの導入はあれど、誰ひとり不快な人物のいないキャラたちのさわやかな愛の交歓を前にして心はほっこり股間はモッコリ。
1本あたり20-22ページのそう多くない分量ながら、安部マナブ特有の柔らかな肢体が画面狭しと入り乱れる濡れ場はなかなかにゴージャス。汗ばむ体躯に舌を這わせ敏感な部分を執拗に責めたてながらのウェッティな交合が読み手の勃起中枢を効果的に励起せしめるのだ。加えて合体後の性器どうしがみっちりかみ合い音を立てながら摩擦し合う結合描写がおそろしく扇情的で、トロトロのイキ顔さらしながら子袋の奥へたっぷり白濁注がれ絶頂する彼女らのドエロい痴態でたちまちティッシュの在庫も枯渇ですよ。
艶めく肢体を最愛の男子の前でだけあらわにして彼女は誘うような視線をこちらに向けてくる。辛抱たまらずルパンダイヴののち豊かな双丘の頂へ口づけ下腹部のジャングルへ指を伸ばしてその身体を味わうのだ。執拗な愛撫ですっかり準備万端の蜜壷へこんどはおもむろにたぎる怒張をねじこんで性器どうしの真剣勝負をスタート。パンパンとはしたなく音を立てながら激しく腰を使うたび法悦の態で甘い吐息をもらし未曾有の快感に四肢を震わせるさまがいとおしくもエロっちい。いよいよ感極まり全身汗みずくになりながらくり返しナマ中田氏を懇願するヒロインの願いどおり、子宮の最深部めがけ特濃ザーメンの奔流を疾風怒濤の勢いで叩きつけフィニッシュ。
読み口爽快ラヴストーリーに汗だく汁だくストロングファック満漢全席が加わりまことに使い勝手良好な精液分泌支援物資だ。個人的には複数姦よりタイマンラヴ志向なのでそっちの占有率がもっと高まればとも思うけれど、自分とは逆に両手に花エロス大好きっ漢もいるだろうからこれくらいの割合が適当なのかも。巻末著者あとがきでは自身についてずいぶん謙遜というか卑下しているけれど、この柔和な作画でハッピー&ウェッティな濡れ場を安定供給の芸風は他に代替のきかない貴重なものなので今後も思う道を邁進していただきたい。このたび収録の物語たちのなかでは、おとなしそうでいて大胆な無愛想JKのスレンダーボディにおぼれて「雨音の誘い」と、経験豊富な従姉に童貞をいただかれつつも勢いまかせの絶倫ぶりで下克上の「びっち's Counseling」がとりわけよござんした。

愛人[AI-REN]

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/7購入。

-田中ユタカ「美少女雀士! スパローガール!」竹書房 ISBN:9784801967298
-筒井康隆「短篇小説講義 増補版」岩波新書 ISBN:9784004317920

2019-09-04

死刑は一回でたくさん

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
9/4借出。

-D・ハメット「血の収穫」創元推理文庫 ISBN:9784488130060
-林典子「フォト・ドキュメンタリー 朝鮮に渡った「日本人妻」」岩波新書 ISBN:9784004317821
-野村剛史「日本語「標準形」の歴史」講談社選書メチエ ISBN:9784065163856
-広瀬玲子「帝国に生きた少女たち」大月書店 ISBN:9784272521142
-市原猛志「産業遺産巡礼 日本編」弦書房 ISBN:9784863291928
-家長知史/本庄豊/平井美津子「「日本国紀」をファクトチェック」日本機関紙出版センター ISBN:9784889009750
-小野寺淳子「一度は泊まってみたい! 北海道の温泉宿」北海道新聞社 ISBN:9784894539495