2018-07-20

風呂糸屋

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/20借出。

-S・フロイト「メタサイコロジー論」講談社学術文庫 ISBN:9784062924603
-渡淳二編「カラー版 ビールの科学」講談社ブルーバックス ISBN:9784065120514
-小川剛生「兼好法師」中公新書 ISBN:9784121024633
-小泉武夫「食でたどるニッポンの記憶」東京堂出版 ISBN:9784490209662
-豊嶋操「ニッポンおみやげ139景」KTC中央出版 ISBN:9784877587802
-小森陽一編「「ポスト真実」の世界をどう生きるか」新日本出版社 ISBN:9784406062435
-A・タッカー「猫はこうして地球を征服した」インターシフト ISBN:9784772695589

2018-07-19

今週の全日本妹選手権。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-志乃武丹英「義妹にダメ射精(ダシ)」富士美出版 ISBN:9784799505748
話△ 抜◎-○ 消小 総合○

感覚過敏な義妹は性に目覚めていっそう激しくイキまくり連作3本+新しくできた義妹は真面目地味っ娘なのにじつはエロ下着マニアで……連作2本+寝るときは縫いぐるみ必須の義妹は修繕中だけ兄を抱き枕代わりに快眠快感連作2本+独立短編2本。ひとつ屋根の下禁断の関係にふけりキュートな義妹の子宮の奥へ遠慮会釈なくナマ中田氏三昧という全男子垂涎の光景を実現の作者最新刊は通算16冊めのコミックスだ。なおこちらは先月末刊行のものを大幅にディレイしての評価記事となっておりまことに恐縮千万。
最近になり定期購読とは言わずともひんぱんに購入するようになった「コミックペンギンクラブ」/「ペンギンクラブ山賊版」などのいわゆるペンクラ系列ではヴェテラン勢がずいぶん長いことメインを張っていて、たとえばうちのブログでもよく取りあげるCuvieはここのレギュラー作家。しかしながら同じようにずっと執筆陣の主軸として活躍しゼロ年代前半から現在まで十数冊にわたる単行本を世に送り出してきたこの人のことは従来まったく触れて来ずまことに申しわけない限り。てなわけで満を持しての初レヴュウでございますよ。
露骨すぎるコミックス表題に加え全裸の少女が白濁浴びまくりという、抜かせる気満々の表紙がぼくらを熱烈歓迎。さっそくページを手繰ると出てくるのは非常に細い線でシャープにつむがれる端整なアニメ系のタッチだ。いささか硬質ながらも乱れのいっさいないクールな描線もさることながら、印象的なのは現在のワニやGOTあたりで全盛のコッテリ濃淡を盛りこんだそれとは一線を画す控えめのトーンワーク。もちろん全体が白っぽいわけではなくよく見ると細やかに色調を変化させているのだが、どちらかというとコントラスト重視でメリハリの利いた画面だ。このスッキリした絵柄が良くも悪くも志乃武丹英受容の明確な判断ポイントゆえ、未見の方は版元提供の単行本情報ページからリンクされた試し読みの画像をチェックしておくのをオススメ。
このクリアな筆致から生み出される女性陣は見た感じミドル~ハイティーン制服世代で固定。ただこの人の場合年齢よりはその属性に最大の特徴があり、既刊リストを目にして即座にわかるとおりのシスター・イン・ロウ専科。過去には年長系や人妻も描いていたようだけどここ最近は徹底して義妹義妹義妹!である。実妹でなく義理の関係にこだわるのはコンビニ誌の制約だとガチ近親NGというのもあろうが、それなりの禁忌感を演出しつつ事情が許せば通常の恋人同士にも移行可能なフレキシブルネスを重宝しているのだろうと推測するのだがどうか。あとそれら義妹たちの造形もだいたい同じで、ロングヘア童顔巨乳大人しい系かつ義兄には従順で徹底的に尽くすタイプでほぼ統一されている。このへんも長年義理の妹ばかり描いているうち完全に作者の嗜好ド真ん中ストレートなキャラばかりに収斂していったのだろう。短髪女子スキーの俺としては1人くらいショートヘア妹ちゃんがほしいところですが。
1話読み切りおよび数話連作いずれも、すがすがしいほどに義兄×義妹の濃厚イチャラヴの構図が貫かれる。大多数の作品では両者とも最初から好感度マックスのところなにかのきっかけで身体の関係がはじまりさらに親密度が深まって……のベタ甘恋愛模様だ。1本のみ少々ゲスい系のお兄ちゃんが投入され当初はヒロインが関係を拒絶していたことが示唆されるのだが、最終的には義兄ちんこなしでは生きられない立派なメスとなりハッピーに収束するので安心。このへんはキャラメイクと同じくある種の定番として作者が確立したものであり、いまさらそこから逸脱するお話にしても固定ファンが逃げるだけという判断が成されたうえでの偉大なるワンパターンなのだろう。
一瞥したところでは淡泊にも見えかねない作画からは想像もつかない特濃ストロングファックもまたこの人の武器。1本あたり18-22ページのそう多くない分量ながら、相思相愛もしくは成就済みの関係性を活かし本番突入がたいそう速くてそのぶん濡れ場支配率も高まるのだ。比較的シンプルな描線なのにぷっくり屹立した乳首や美しく肉ヒダが層を成す女性器などのエロパーツ描写が抜群に上手く、それらが各種の分泌物にまみれテラテラ艶を帯びるなか女子みな涙ながらにイキ狂う光景が読み手の勃起中枢をダイレクトドライヴ。滑らかなまんこへ幾度も白濁が注ぎこまれ事後クタッと横たわり行為の余韻にひたる義妹の膣口からザーメンがコポッと逆流するさまがまことに辛抱たまりませんね!
義理とはいえタブーを犯す罪悪感を抱きつつも心の底から愛し合う2人の暴走はもう止まらない。幼い顔立ちなのに身体はすでに大人顔負けの彼女をギュッと抱きしめながらその豊満な肢体を白日の下へさらけ出し執拗に愛撫するのだ。敏感な部分を刺戟すするたび瞳をうるませ甘い吐息をもらすさまに興奮しきり。すっかり準備万端の蜜壷へゆっくりとシャフトをねじこみ粘膜どうしのハードな摩擦運動をスタート。最愛の義兄に抱かれ初手からよがり狂う少女の膣奥へ激しく抽送をくり返し、いよいよ感極まり初めての絶頂を迎えるヒロインの義妹まんこに2度3度4度とザーメンの奔流をお見舞いだ。
徹頭徹尾義兄×義妹LOVEに拘泥し全身全霊で妹ちゃんに尽くされては膣内射精マシンガン連射という水戸黄門さながらのルーティーンもここまで極めればもはや頑固一徹の職人芸。さすがにヒロイン造形には幅がなさすぎて短髪ヒロイン大好きっ漢たる自分はそこだけが不満だけど、どんなときも確実に1発抜ける超ユースフルな精液分泌支援ツールとして頼もしい働きをしてくれる。かくなるうえはもうペンクラ本誌ある限り永遠に我が道を貫いていただきたいもの。このたび収録の物件中では、地味眼鏡っ娘×セクシーランジェリーという意外な取り合わせがエロスをさらに盛り上げる「義妹ランジェリー」/「義妹ランジェリー 黒」連作が私的お気に入り。

Bewitched

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/19購入。

-マツダユウスケ「あくヨメ(1)」キルタイムコミュニケーション ISBN:9784799211601
-菊地一隆「日本軍ゲリラ 台湾高砂義勇隊」平凡社新書 ISBN:9784582858860

2018-07-18

腹腹時計

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/18借出。

-武田悠「日本の原子力外交」中公叢書 ISBN:9784120050848
-長嶋有「観なかった映画」文藝春秋 ISBN:9784163906041
-大道寺将司「最終獄中通信」河出書房新社 ISBN:9784309026596
-芦原伸「新にっぽん奥地紀行」天夢人 ISBN:9784635820585
-桜木武史「増補版 シリア 戦場からの声」アルファベータブックス ISBN:9784865980547
-永田浩三編「フェイクと憎悪」大月書店 ISBN:9784272330942

2018-07-17

今夜の腸内フローラ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-ビフィダス「イビツな愛の巣」エンジェル出版 ISBN:9784873068152
話◎-○ 抜○ 消小 総合○

主人公が小さなころから遊んでもらっていた叔母はいま一人の男として彼を受け入れ本編&フルカラー後日談+独立短編8本&1ページ後日談×4本分+巻頭イラストギャラリー。2度と引き返せない欲望の隘路へと自分から足を踏み入れてゆく女たちが理性のタガを解き放ち刹那的な快楽に身をゆだねながら大量の白濁を注ぎこまれイキ狂うさまをじっくりねっとりお届けの作者最新刊は通算2冊めのコミックスだ。
事前のインフォメイションもろくにないままおもにネット上の評判だけで手出ししてみたこの人のデビュー単行本「キミを誘う疼き穴」のケタ外れな熱量を持つ作画/作劇が我が脳髄へ強烈なインパクトを残したのが2017年がはじまってまもなくのこと。すっかりその唯一無二のテイストのとりことなり以後は優先的にその足跡を追いかけるように。そんな俊英がおよそ1年半ぶりに送り出すセカンドエディションとなればむろん問答無用のデフォ買いですよ。
昨今のオタ業界の潮流からはむしろ逆行するかのような昭和テイストのタッチはしかしながら端整かつ流麗でありけっして古さなどはない。さっそく収録作の初出を確認するとすべて前単行本発売後に当版元の看板誌「エンジェル倶楽部」で描かれたものと直近原稿ばかりゆえ表紙と中身の絵柄は完全コンパチだ。ここにカラー/白黒とも豊富な描きおろしパートを加えてたいへんな作業量だったとのこと。なお昨今はどこの出版社でも用意している新刊情報のほか、本書については著者公式ブログ内の異様に浩瀚な発売告知記事でサンプル画像から作品解説まで詳細に確認できるので、コミックス本編だけでなくそちらもぜひチェックすべし。
前作に引き続きヒロインたちはハイティーン制服女子からアラフォー子持ち人妻まで多種多様。もとより頭身高めで瞳も小さめに描く大人びた造形をする人ゆえ萌えっ娘スキー向きではないけれど、それを踏まえたうえでルックスもその内面的成熟度もしっかり年齢相応に描き分けられているのがこの作家の引き出しの多さを物語っているのだ。お歳を問わず体躯の方は明確に巨乳寄りで、それもちちしりのみならずすべてが大ぶりなアマゾネス風味のボディデザインは対比される男性キャラの方が見劣りするくらい。
ビフィダス漫画ならではの個性がもっとも発揮されるのはそのストーリー構築において。前作でいくつか含有されていた複数姦ものはなくなりすべて1on1のタイマンエロスとなるこちら、凌辱調教当たり前なエンクラの誌風からすると外見的にはずいぶん穏健な合意エロばかりなのだけど、彼氏彼女だの夫婦だのが甘やかに愛を交わすみたく普遍的な和姦など存在せずそのありようはどれもひと筋縄でいかないもの。ことに今回は兄妹/姉弟にはじまり親子に親族や婚姻による義理の関係など血縁がらみのカップリングが圧倒的に多く背徳感マシマシ。兄貴の嫁に実の母親、男女の双子、あこがれの叔母……本来は結ばれちゃいけない2人が運命のいたずらで身体を重ねやがて抜き差しならぬ畜生道へと堕ちてゆくアモラルな情欲の末路をさまざまなパターンで描き出すのだ。明朗快活さわやかな愛情からどんより重苦しい雰囲気のなかヒリつくような感情のやりとりをつむぎ出すものまで巧みに物語をドライヴすれど結局のところそれらはイレギュラーな男女関係。したがって真に想い合う者どうしがいままさに心身とも結ばれ幸福の絶頂であろうとも、多くのお話においてビフィダスの冷徹な筆は彼ら彼女らのどうあっても世間には祝福されない歪んだ愛の構図を浮き彫りにし、またそう遠くない将来にやって来るだろうカタストロフを読者にもうっすら意識させながら最終ページを締めくくる。
1本あたり20-24ページほどの平均的な容量ながら、ダイナミックに体躯を躍動させ狂おしいほどに愉悦で表情を歪ませる女子連中のド派手な痴態を効果的にくり出す濡れ場は実用性抜群。前作と比較し腹パンやチョーキングなどの飛び道具こそ影をひそめたが、行為にすっかり没入し理性の枷を解き放って肉食獣さながらに咆吼するヒロインズの派手派手しい豹変ぶりが引き続き読み手の勃起中枢を壮絶なまでに励起せしめるのだ。とりわけ中田氏大好きっ漢の自分としては男根挿入以降のシーンにたっぷりと尺を割きかつ膣内射精複数ラウンド制の作品が圧倒的に多いのがなによりうれしく、幾度となく子袋の奥で精液を受け止めその都度露骨にメスの顔さらし絶頂する彼女らの艶姿でオタマジャクシを放出しまくり。
社会規範からの逸脱を承知しながら禁断の恋に落ちてゆく2人はやがて覚悟を決めモラルに背を向けてもはや隠せないお互いの気持ちを確認する。豊満な肢体をみずから押し開き両手を広げる彼女へダイヴイン。執拗にメスの部分を愛撫され秘部をしとどに濡らすうち菩薩さながらのおだやかな笑顔はたちまち淫蕩きわまりないサキュバスのごときそれへと変貌してゆくのだ。すっかり準備万端の蜜壷へたぎる怒張をねじこみ激しく内奥をかき混ぜるとたちまち周囲にはけたたましい嬌声が響きわたり四方八方へ体液が飛び散って壮観。許されざる行為にいそしむ密やかな快感に身をよじらせ下品なイキ顔さらけ出しつつ昇りつめてゆくヒロインのドスケベまんこめがけ2度3度4度と受胎確実の特濃ザーメンを叩きつけながら涜神めいた性愛の宴はどこまでも続く。
禁じられた関係ゆえいっそう燃えあがるセックス曼荼羅を卓越した作画/作劇のもとくり広げる充実の第2作。じつを言うと絵柄そのものはオタ絵バリバリ童顔巨乳大好きっ漢たる自分の嗜好からはやや乖離しているものの(作者さますいません)、そんな偏見などたやすくねじ伏せ作品世界に没入せざるを得なくするビフィダスマジックには無条件降伏ですよ。あとエロ漫画評価ブログゆえファック描写ばかり述べてきたけれど、この作家はそこへ至るまでの細やかな2人の関係の積み重ねを叙情あふれる筆致でつむいでゆく日常パートのお話運びおよびその際の登場人物の細やかな感情の起伏の表現が絶品なのだ(たとえば、世間知らずの姉がヒドい目に遭い涙ながらに歯を磨く「だらしない姉は好きですか」5ページ目のコマの迫力とその後の余韻ときたら!)。今後の漫画家生活をどういう方向で展開してゆくつもりなのかはわからないけれど、人生の機敏を印象的にえぐり出すこの巧緻な表現力さえあればどんなジャンルへ行っても大丈夫だろう。このたび収録のお話たちのなかでは、明朗快活長身褐色JKがいつの間にか陰キャいとこの手でメスにされ孕まされるまで膣内射精され放題の「あとのまつり」と、ヤリマンギャル妹&冴えないメガネ童貞兄の甘く激しい純愛模様「メグはイモウト」の10代ヒロイン登場&本作中ではわりかしハッピー志向の2本でおもにマイサンを酷使。

日本は支那をみくびりたり

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/17購入。

-井上寿一「日中戦争」講談社学術文庫 ISBN:9784065121610
-「COMIC快楽天BEAST」2018年8月号

2018-07-15

こんな夜に 発車できないなんて

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/15借出。

-文藝春秋編「テロと陰謀の昭和史」文春文庫 ISBN:9784167909482
-吉野精一「パンの科学」講談社ブルーバックス ISBN:9784065116616
-井上章一「日本の醜さについて」幻冬舎新書 ISBN:9784344984981
-亀山郁夫「ショスタコーヴィチ」岩波書店 ISBN:9784000612586
-村上弘「新版 日本政治ガイドブック」法律文化社 ISBN:9784589038869
-大井隆弘/市川絖司/吉本憲生/和田隆介「世界の建築家 解剖図鑑」エクスナレッジ ISBN:9784767823522
-鈴木孝「古今東西エンジン図鑑」グランプリ出版 ISBN:9784876873494

2018-07-13

本日のニトログリセリン。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-シン・普禅「ショタ喰い・お姉ちゃん女子寮」ティーアイネット ISBN:9784887746978
話○ 抜○ 消小 総合○

住人の誰にもオス扱いされない女子寮管理人がある日突然ショタ化したとたんモテまくりハーレム到来長編5話&描きおろしアナザーエピソード+独立短編1本。蠱惑的なお姉ちゃんの胸に顔をうずめながら大量のザーメンをとめどなく放出するおねショタ桃源郷が一挙に到来の作者これが記念すべきファーストコミックスだ。なおペンネームはこの綴りで「しん・ふぜん」と発音する。
前身の「COMIC Mujin」時代からカウントするともう20年近くの長きにわたり刊行されている当版元の看板誌「COMIC夢幻転生」はそれだけに関わってきた漫画家の数も相当なもの。とめどなく新陳代謝が続くなかでいつしか見なくなってしまった人もそれこそ星の数だ。そしてとある作家の消息を数年前から聞かなくなりその行方について気になっていたところ登場したこの新人、あれなんだかやけにアノ方に似てる……。そんな疑惑を胸に抱きつつ初単行本と称する本作をゲット。
のっけから大量の白濁にまみれた女体が乱舞する豪華絢爛なカヴァーイラストがお出迎え。中身のモノクロ原稿もシャープな描線でつむがれた勢いのある絵柄だ。そして数ページ読み進むともうその正体は明らかで、やはりしな○……ゲフンゲフン某名義で活動していた方の新刊でございますね。作者や出版社のツイッターを見るにどうやら一応はシラを切ってほしいらしいのでお付き合いするけど、これくらいクセのある絵柄でペンネームだけ変えてもあまり意味がない気も。ともあれ直近2年以内の夢幻転生掲載分を収録と直近作ばかりゆえクオリティの高さは折り紙つきでジャケ買いも無問題。いつものように出版社用意のコミックス情報ページで1話試し読みができるほか、作者サイト内の異様に浩瀚な単行本紹介でレヴュウサイトなど不要なほど詳細な画像提供&作品解説がなされているので、シン・普禅未読の方は要チェック。
この華のあるタッチでものされる女性陣は女子高生対象の寮が舞台ということで住人のJK&女性教諭の2パターンのみ。ただ年齢差による描き分けはあまり考慮されておらず基本的にはみなさんキュートフェイス&ダイナミックボディの組み合わせとなる。そうは言ってもキャラ造形はヴァラエティ豊かに用意されており、やかましいのからミステリアスなのまで、ふんわりさんありしっかりさんありと多種多様な彼女らから君だけのお気に入りを見つけられるはずだ。
本来はさまざまなタイプのお話を書き分ける作家ながら今回は長編シリーズ/短編いずれも徹底的におねショタ一辺倒でゲップが出そうなほど。ショタ兄弟×姉のストロング3P読切「ランチ!H!お姉ちゃん」を除けば、夢幻転生初出時は「冴えない女子寮管理人がショタになったら住人にモテモテな件」と題され連載された冒頭長編およびそこから派生の描きおろしWEB実況ネタ「ヒッキーアイドルなななちゃん!」が一連のシリーズを成しているので、以下これについて詳述する。
家業を継ぎ女子寮の2代目管理人として毎朝毎晩女子高生たちをお世話する主人公・御成祐一。誰もがうらやむその境遇も肝腎の住人たちは全員が年下にしか興味がなく男としてはまったく相手にされていないが、ある朝夢精で目覚めると祐一は幼いころの姿に逆戻りしていたのだ。とっさに実妹以外の入居者には祐一の弟・祐二ということで取りつくろったものの、以後突如として獲物を見るような目でギラギラ熱い視線を向けてくる彼女らの性的強襲にちんこも大忙しの日々がはじまって……というのが物語のアウトライン。なお正体は推定20代中盤の青年ながら通常時はエロゲのごとく顔なしで主人公の容姿が明るみに出るのはショタモードのみと露骨に作者の意図が見えまくりですね。そんなわけで女子寮の住人たち――おっとりメガネ国語教師・赤羽陽子、ロジカルにセックスを追求の保健教諭・那珂智子、仲よしJKコンビ・長渕ななこ&片桐花絵、そして唯一正体を知る妹・祐奈――に次々とショタちんこを美味しくいただかれその都度大量のザーメンを搾取される祐一/祐二の明日はどっちだ!? とコミカルな調子でオハナシは進行する。もっともいつも赤面必至のド直球なラヴ模様を織りこんできたこの人のこと、終盤は思いもよらぬ展開で甘やかに締めくくるのだが、それについては実際に読んでのお楽しみ。
必然的に濡れ場も全編これキュートなショタっ子×やさしくもドエロいお姉ちゃんズとの甘く激しいイチャイチャが延々くり広げられる。1話あたり30ページ以上の大ヴォリュームを利して問答無用ストロングファックが展開されるのだが、序盤のヒロインズ各個撃破からやがて複数参戦、最終話では全員集合大乱交とハーレムものの定石をキッチリ踏襲だ。そこへショタ男子ならではのラヴリィな女装ネタなども盛りこみまことに豪華絢爛。加えてピキピキちんこ&ウネウネまんこがハードに合従連衡する性器結合描写と、まるで片栗粉のごとくむやみに粘度の高いザーメンが画面狭しと行き交う精液のシズル感が強烈だ。緻密に貼りめぐらされたトーンワークから生み出されるツヤツヤの女体が横溢し大量の擬音が背景で爆裂するハイカロリーな画面構成ともあいまって、脳髄の奥深くまでエロ情報の奔流が怒濤のごとく刻みこまれること必定。
すっかり子供の姿に戻り小動物のごとくプルプル震える主人公は肉食お姉ちゃんズの格好の餌食。たわわな肢体を自分から押し開き華奢なショタボディをギュッと抱き寄せるまでは微笑ましいものの、その後は猛禽さながらに少年ちんこにしゃぶりついてはハードに舌先を駆使してたちまち先走り汁をしぼり取る。屹立したままの怒張をこんどは年上まんこへと導き性器どうしの真剣勝負がスタートだ。粘膜も破けんばかりに抽送をくり返すたびド派手なイキ顔をさらけ出しなおも執拗に内奥を締めつけてくるさまが淫猥でたまらない。ちんまい体躯を抱えこまれたままガッチリとだいしゅきホールドを極められて彼女らの子袋いっぱいに白くねばつく液体を叩きつけたその刹那両者昇天。
オドオド系ショタが逆レイプ同然でひたすら精液をしぼり取られまくりという、受け身願望男子にとってはこのうえなき地上の楽園だ。正直おねショタはそんなに得意科目でないので自分の実用性評価はこのくらいだけど、キュートな少年が年長女子に優しく激しく蹂躙されるシチュにグッとくる方なら採点青天井でよろしいかと。なんにせよし○ま某名義のラスト単行本「ぱんつ・ちぇんじ!」から4年越しにその健在ぶりを確認できひたすら善哉。登場する魅力的なお姉ちゃんズのなかでは、基本おっとり系なのにいざコトに及べば情欲全開でがっつきまくりの爆乳女教師・陽子先生が私的フェイヴァリット。

Голубой крейсер

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/13購入・借出。

-風来堂編「国道の謎」イースト新書Q ISBN:9784781680453
-P・トライアス「メカ・サムライ・エンパイア」新☆ハヤカワ・SF・シリーズ ISBN:9784153350373
-チョーヒカル「絶滅生物図誌」雷鳥社 ISBN:9784844137092
-帯谷知可編「ウズベキスタンを知るための60章」明石書店 ISBN:9784750346373
-J・フェンビー「奇妙な同盟(1)(2)」藤原書店 ISBN:9784865781618 ISBN:9784865781625
-「comicアンスリウム」2018年8月号

2018-07-12

今年度のオールイースタン。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-ミサキカホ。「もてあそびつくし」ジーオーティー ISBN:9784814800872
話○ 抜○-△ 消小 総合○

超積極派ガールズが自分から男子の股間にまたがり快楽享受にひたすら没頭短編全8本。あどけない笑顔のその下に隠されたあふれんばかりの性欲をフルスロットル全開し際限なくザーメンしぼり取りまくりの肉食系ヒロイン目白押しな作者これが記念すべきファーストコミックスだ。なおこちらは先月末刊行のものをいささか遅延しての評価記事であることをあらかじめお詫びしておく。
自分が現在定期購読している「comicアンスリウム」は同業他社のなかでも新人登用は積極的な部類でよろしいのだけど、誰もが定着するわけではなく1回だけとか数本載せただけで姿を消してしまうこともしばしば。そんななか初登場以来着実にキャリアを重ねかなりのスピードで初単行本刊行にこぎ着けた期待の新星がこの人。ググってみると商業もさることながら同人執筆もつい先日はじめたばかりとガチの新人のようで、まずは順調すぎるほどの作家活動の滑り出しに乾杯。
細めの描線で丹念につむがれるほんのり萌え風味のファンシィな作画は当初からある程度完成されている。著者twitterアカウントの記述によるとアシスタント上がりということでその安定したクオリティも納得だ。収録作すべて2016-18年にかけてのアンスリウム掲載分と直近原稿ばかりゆえ表紙と中身とのギャップも皆無で衝動買いしても大丈夫。どうしても気になる方は出版社提供の単行本情報ページで事前にサンプル画像を確認のうえ書店へおもむくのをオススメ。
今回ぼくらの股間の愉悦に貢献してくれる女性陣はハイティーン制服女子を中心に上方向若干名をプラスの構成。いずれも愛らしいお顔にナイスなボディを標準装備のエロ漫画購買層の最大公約数的需要を満たすルックスだ。新人らしく顔立ちはみなさんあまり差がないのだけど、そのぶん髪型は誰ひとりダブることなく差異を設け描き分けに配慮する。後述する物語傾向とも関連するが大人しい系よりはマイペースだったりしたたかだったり女の子がわりかし攻撃的な性格なので、強気女子がお好みの諸兄にはとくにフィット。
すべて単品読み切りとなるお話たちはオーソドックスな1on1の合意エロであり読み口爽快なのだけど、萌えっぽい雰囲気の絵柄から甘口のイチャラヴ尽くしを期待して読み進むといささか首をひねるかも知れない。同級生だったり兄妹だったり教師×教え子だったりカップリングはさまざまながら、どの作品も女子サイドの方が力関係が上で、野郎どもは彼女らの性的軍事侵攻に蹂躙されまくるばかりなのだ。オナニーを見つかり射精管理され/勝手に部屋に上がりこまれ過剰に奉仕されて/他人の存在おかまいなしに兄の精液搾取/風紀委員長の調教プログラムで不良少年も更生etc……帯訴求コピーにあるとおり「攻め系女子」の圧倒的な存在感が物語空間を支配する。なかにはヒロインがドSすぎて男子はヒドい末路を迎えるオハナシもままあるのだが、逆にそういうのがご褒美なマゾっ漢たちにはたまらぬ桃源郷だ。
そんなわけでエロシーンも女の子主導型ファックが大多数。1本あたり24-26ページの比較的潤沢な容量の多くが肉食獣のごとく激しいプレイに費やされ読者の股間も大喜びだ。こっちからリアクションを起こさずともヒロイン側からモリモリ怒張へ腰を下ろしハードに粘膜どうしを摩擦してはビュルビュル精液を収奪しまくるのだからたまりませんね! オハナシによってはその後も際限なくナマ中田氏を強制され腎虚になるまで離してくれないまでがセットですけど。
女の子の方からグイグイ顔を押しつけ挑発的な視線で誘われて気がつけば下腹部にしゃぶりつかれ状態。巧みな舌技で竿を舐めあげられ亀頭を刺戟されて辛抱たまらず先走り汁を発射。休息など許されずそのまま彼女はシャフトへまたがり性器どうしの真剣勝負がスタート。激しく内奥を貫くたび呼吸を荒げ愉悦の表情を浮かべながらなお激しく腰を振り全力で快感をしぼり取りに来る。自由自在に柔肉を締めあげながら昇りつめてゆく彼女の女性上位まんこに問答無用で精嚢の内容物をすべて強請り取られテクニカルノックアウトだ。
ヒロインみなキュートなルックスからは想像もつかない性欲のバケモノぞろいで作中の男子諸君も我々読み手も圧倒されっぱなしの1冊。膣内射精複数ラウンド制のオハナシが多いのも個人的にはうれしい点だ。どちらかというとサドっ娘苦手の自分はS色の強すぎるいくつかのお話では実用度ダウンしたものの、ドS女子×ドM男子もの愛好家ならば評価5割増しで。今後この路線を強化していくのなら総合誌であるアンスリウムのみにとどまるよりはそれ専門の「Girls forM」(茜新社刊)へ活躍の場を広げた方がいいかもしれない。今回収録の物件中では、ご近所幼なじみ年上女子が家事全般から性欲処理まで強制的に主人公の面倒見てくれまくり犯られまくりの「独占(おせわ)シたい!」と、他人バレのスリルにおびえながらも小悪魔ティックな妹の甘美な誘惑に屈し兄は幾度も膣内射精「妹カノジョ」がとくにえがったです喃。

燃えよデブゴン

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/12購入。

-中溝康隆「プロ野球死亡遊戯」文春文庫 ISBN:9784167911126
-「コミックアンリアル」2018年8月号

2018-07-11

エンジンの音 轟々と 隼は往く 雲の果て

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/11借出。

-安田清人「時代劇の「嘘」と「演出」」洋泉社歴史新書 ISBN:9784800313072
-井上泰浩「アメリカの原爆神話と情報操作」朝日選書 ISBN:9784022630728
-内沼晋太郎「これからの本屋読本」NHK出版 ISBN:9784140817414
-長谷川ヨシテル「あの方を斬ったの…それがしです」KKベストセラーズ ISBN:9784584138557
-野原茂「日本軍用機事典 陸軍篇 新装版」イカロス出版 ISBN:9784802205436
-東江一紀「ねみみにみみず」作品社 ISBN:9784861826979
-須田茂「近現代アイヌ文学史論<近代編>」寿郎社 ISBN:9784909281029

2018-07-10

本年度の狸まつり。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-尚たかみ「マン引きJKイケない身体検査」海王社 ISBN:9784796411721
話△ 抜○ 消小 総合○

スリルと実益を兼ね万引にのめり込む名門お嬢さま校JK'sとこれを迎え撃ち凌辱の限りを尽くすブサデブ店員との息を呑む攻防表題作長編9話(以下続刊?)。犯罪行為に手を染める少女たちを愛とちんこの力で更生させまくるワンダフルな光景を次々と投入の作者最新刊は通算3冊めにして当社からの1stコミックスだ。
いつも述べているように自分は紙ベースのエロ漫画誌しか購入しておらずどうしても電子メディアには目配りがうとくなるのだが、こちらももとの連載はweb配信誌とのことでじつはまったくその存在を知らず、今回は店頭見本をパラパラめくっての衝動買い。帰宅後確認してみるとオークスから2012年に刊行されたこの人のデビュー作「精液中毒少女」をレヴュっていたのだけど申しわけなくも2015年にジーオーティーより上梓された前単行本「人妻催眠援交」は購入をスルーしており、けっこう長めのインターヴァルを経ての評価記事となる。
絵の構図といい訴求コピーといいすがすがしいほどに抜かせることしか考えていないカヴァーイラストがぼくらをお出迎え。ページを手繰り出てくるモノクロ原稿もやや古典的ながら訴求力の高いアニメ/ゲーム系のタッチだ。出版社サイト内の単行本紹介ページには書誌データしかなく絵柄の確認は現物を手にするほかないのだが、看板と中身とは完全互換でありジャケ買いでも大丈夫かと。
以前読んだ単行本では小学生から大人女性まで幅広い年齢のヒロインを描いていた記憶があるのだけど、今回はタイトルどおりの女子高生専科。後述するようにどんどん女の子が増えてゆくのだけれど髪型やキャラづけを細かく違えて印象がダブらないよう配慮しているのはさすがプロ。ただ首から下はおおむねボンキュッボンのグラマラス系一辺倒でそこそこ生い茂ったアンダーヘアの具合もわりと同じなので(1名のみ男の娘投入なんてのもありますが)、いろんなタイプの女体を見たい方は少々不満かも知れない。
1冊まるまるの長尺ものとなるこちらはコミックス表題がそのまんま中身を現しているのだがそれで終わらせると怒られるのでちゃんと紹介を。とあるスーパーの化粧品売り場、見るからにオドオド挙動不審な少女がひとり。そそくさと足早に立ち去る少女の手をつかんだのはコワモテのパート店員・大黒(おおぐろ)。別室で彼女の衣服から出てきたのは陳列されていた口紅だった。取り調べモードに変貌した大黒は少女――名門校・芝桜学園の生徒・昴乃絵(すばるのえ)をじっくり身体検査し過去の犯罪を自白させたのち、2度と万引しないよう乃絵の処女を奪い好き放題に女体を蹂躙したあとたっぷりお仕置き中田氏をキメてやった……というのが物語の発端。以後は乃絵の属する万引グループの元不登校少女・狐河智明(こがちあき)、ボス的存在のリアルお嬢さま・高科留香(たかしなるか)を次々と成敗もとい更生させる。中盤以降は反省し万引Gメンとなった3人組と功績を認められ防犯係長に昇進した大黒とが協力して続々やって来る別の万引JKたちを捕獲→ガッツリレイプのイヴェント串刺し方式で最後まで展開だ。そんなエロのみならず彼女らがくり広げる多彩な万引きテクの数々もこの作品の見どころ。しかもじつは今回収録分では完結しておらずまだ連載は続いているとのことで、おそらく巻数表示のない本作も好セールスを記録すればそれらを収録した続巻が刊行されるのだろう。
1話あたり24ページ固定の平均的な分量のなかけっこう万引シーンにもリキが入っているのでハードコアファック炸裂というわけではないものの、ピチピチの(死語)女子高生が次々に欲望の餌食となり問答無用で子宮にザーメン注入の強姦エンドレス展開はなかなかに実用的。なにせ罪を犯した少女に懲罰を与えるという大義名分があるのだからお仕置きもやりたい放題だ。ただレイプするだけでなく電マ責めだの荒縄緊縛だの系列店のスパで公開ファックだの趣向も多彩で、読み手の股間を効率よく励起せしめティッシュの消費量もうなぎ登り。
手管手練もすべて明るみにされ別室で動かぬ証拠を握られた彼女らは自分の過ちを償うべく着衣を剥かれ純潔を捧げるハメになる。荒々しくビッグバストを揉みしだかれ下腹部をあらわにされて前人未踏のクレヴァスに男根の侵入を許すのだ。破瓜の痛みに涙し許しを請うもおかまいなしに激しく内奥を突き上げられ苦悶するさまが不憫ながらもエロっちい。せめて中田氏だけはやめてと泣き叫ぶ少女の懇願をよそに、思春期まんこの最深部めがけ白くねばつく液体を怒濤のごとくプレゼント。
物語構造は非常にシンプルで正直途中からはルーティンワークに感じるものの、それをおぎなうべく十人十色さまざまなJKの逐次投入と趣向も多様なお仕置きプレイの充実でキッチリ1冊分楽しませてくれる。これでシルエットは優美でいい感じなのに乳首近辺がイマイチ美味そうじゃないおっぱいが改善され1種類しかない陰毛描写のヴァリエイションが増えるとさらにベター。あと内容と直接の関係はないのだけど、アーケード街がまんま狸小路だったり地下鉄がゴムタイヤ車両だったりと露骨に札幌舞台なのが道民たる俺の琴線に触れまくりでしたよ(じつはそれを書店見本で目にして購入決意)。登場する多彩な女子高生たちのなかでは、表紙を飾り1話めからレギュラーを張るオドオド陰キャ系低身長巨乳っ娘・乃絵ちゃんがいっとう好みであります。

SUGOI DEKAI

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/10購入。

-丈「宇崎ちゃんは遊びたい!(1)」KADOKAWA ISBN:9784040727790
-藤原彰「餓死した英霊たち」ちくま学芸文庫 ISBN:9784480098757

2018-07-08

月に吠えらんねえ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/8借出。

-Л・Д・トロツキー「ロシア革命とは何か」光文社古典新訳文庫 ISBN:9784334753641
-阿古真理「昭和の洋食 平成のカフェ飯」ちくま文庫 ISBN:9784480434050
-片山杜秀/島薗進「近代天皇論」集英社新書 ISBN:9784087208658
-東海林さだお「焼き鳥の丸かじり」朝日新聞出版 ISBN:9784022515049
-松原一己「特急マーク図鑑」天夢人 ISBN:9784635820493
-永井浩「「ポスト真実」と対テロ戦争報道」明石書店 ISBN:9784750346793
-石井千湖「文豪たちの友情」立東舎 ISBN:9784845632145
-吉田久編「ムギの大百科」農文協 ISBN:9784540171734
-高橋道彦監修「ディスク・コレクション ファンク」シンコーミュージック・エンタテイメント ISBN:9784401644148

8月の新刊チェック。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
ソースはここ。

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_adult&group=label&term=month&date=201808&view=LIST&count=all(成年向け)

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_all&group=label&term=month&date=201808&view=LIST&count=all(コミック全般)


確定:スピリタス太郎・Hamao・まめこ・もず

毒味:中山哲学・流一本・牡丹もちと・丸和太郎

ってなとこ。

待ってました待ちこがれてましたスピリタス太郎! 本来もう少し早いリリースを予告されてたはずがここまで延びたけど、その甲斐はあったと言わしめるような力作を期待したい。
非エロの方は現在の資金難もあるけどどうも購入意欲が湧かないのでいったん見送りかなー。

2018-07-07

本日のメタボリズム。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-鬼ノ仁「新人女教師 新條優子(上)」ティーアイネット ISBN:9784887746954
話○ 抜○ 消小 総合○

有力者の御曹司である教え子の卑劣な策略により処女喪失した新人教諭はやがて恋人そっちのけで禁断の行為に没頭し表題作長編6話(第1-6話、以下続刊)&別ヒロイン登場アナザーエピソード1本。意に沿わぬ関係のはずが豊満な肢体を開発され女の歓びを覚えるうちいつしかそれを待ち望み愉悦に全身を打ち震わせ昇天するに至る変貌ぶりを余すところなく詳述の作者最新刊は完全新作黄色い楕円物件としての第11弾にして本レーベルからの2ndコミックスだ。
清楚な制服少女たちが未曾有の快楽におぼれゴリゴリ精液注がれまくる壮絶なハードコアファックを武器に華々しくこの業界へ殴りこみをかけてきたのがもう十数年前のこと。以来多少の浮き沈みはあれど常に最前線で活躍し一般誌までフィールドを広げてと八面六臂の活躍を続ける。超人的な執筆ペースを誇った最盛期ほどではないにせよ現在も精力的に執筆しており、同じTIから2015年に上梓された前単行本「僕の麻利恵さん」からおよそ2年半の歳月を経ての新作リリースとなった次第。
極限までシャープな描線を用いディテイルのひとつひとつまでみっちり描きこむおそろしく緻密なタッチはキャリア初期からすでに基本は確立されており年々それがリファインされている。この偏執狂的なまでにカッチリした画面造りは一級建築士という作者のもうひとつのスキルが反映されているといえようか。TIは残念ながら収録作の初出を記してくれないが自分で確認したところ2015-17年にかけ「COMIC夢幻転生」誌上で連載のものをぶちこんだようで、瀟洒かつキレのある鬼ノ仁最新型のヴィジュアルを堪能できる仕掛け。例によって出版社提供のコミックス情報ページからサンプル画像および1話試し読みが閲覧できるので、事前にそちらをチェックののち購入に踏みきるのを推奨。
デビュー当初のセーラー服女子専科から2010年代に入ると女性陣の年齢層は徐々に大人系へとシフト。今回も脇キャラにJK投入があるもののメインヒロインは女教師さんだ。新人設定ゆえまだ20代前半のはずだが元来頭身高めのボディデザインをする人ゆえもっとアダルトティックな容姿に感じる。肢体描写の方は明確にグラマラス系で、ボンキュッボンの強烈にコントラストの効いた体躯は現実世界だと絶対不可能であり、お得意の粘膜テラテラ性器描写ともあいまって読み手の勃起中枢を痛いほどに刺戟。
男性教師×パツキン留学生の交歓を描く前日譚的な冒頭短編「僕たちの始まり」から直後に開始されるタイトル・チューンとは登場人物も物語世界もシームレスにつながっており不可分の関係を成す。なお表題作連載は現在も夢幻転生で続いており、最新話でおそらく今後刊行されるはずの下巻の中盤くらいまで経過したところか。そんなわけでネタバレになりそうな要素は意図的にボカしつつ概要を紹介する。
恋人とねっとり愛撫し合うも挿入はかたくなに拒む新人女教師の美女・新條優子(しんじょうゆうこ)。彼女の最近の悩みは金持ちの権威をカサにちょっかいをかけてくるいけ好かない男子生徒・竹中竜二(たけなかりゅうじ)の挑発が度を超してきたことだ。模試で満点を取ったらセックスしろと迫ってくる竹中の脅しをかいくぐろうとしたものの逆にワナに堕ち処女を奪われてしまった優子は変態的なシチュでのキメセクなど竹中の駆使する調教技術により徐々に欲望の隘路へ足を踏み入れて――というのが物語のアウトライン。その後もわざと飢餓感をあおるようにじらされ嫉妬心をかき立てられて、当初かたくなに関係を拒んでいたはずがすっかり心操られ竹中との行為を熱望するに至るのだ。その他竹中の手引きで優子へ懸想する別の男子生徒が目隠しプレイで本懐を遂げたり淫行の証拠を握ったセクハラ校長に1発ハメられたりとさまざまな竿にまんこを蹂躙される優子にある危機が迫り……というところで続きは次巻。すでに幾多の傑作長編をものした鬼ノ仁の筆は自在に動き随所にスペクタクルをつむぎ出してヒロインの受難劇はなおも止むことなし。
1話あたり22-36ページの大容量の多くをエロシーンに割きファックはまことに充実。もとより問答無用ストロングファック絨毯爆撃をウリにしてきた人であり、その最大のセールスポイントであるピキピキちんこ&ウネウネまんこのハードな合従連衡はあいかわらずのド迫力だ。昔は超高密度な性器描写に対しおっぱい方面は若干おざなりだったけどいまやそれも解消されじつに美味そう。ヒロインにさまざまな性戯をほどこしどこへ出しても恥ずかしい一人前の肉便器へと調教してゆくプロセスの一部始終が流麗な作画でみっちり描かれるさまは圧巻。学校内で/公衆便所で/夜の自宅で/ホテルの一室で、彼女は好きでもない男にその身をゆだね執拗に粘膜の奥を摩擦されながら大量の白濁を打ちこまれ幾たびも絶頂するのだ。
よこしまな欲望の餌食となった完熟ボディはまるで玩具のごとく乱暴に褥へ打ち棄てられ無造作に蜜壷へ指先を差しこまれる。当初固く閉じていたそれは執拗な愛撫でほぐれてゆきやがて蜜を帯びてスタンバイOK。強引に柔肉を押し広げられいきなり抽送をくり返されるうち破瓜の痛みもはや快感へと変わり彼女は覚えたての衝動に身を打ち震わせるのだ。休むいとまもなく精液を子宮に注がれ続けその都度絶頂させられていつしか肉欲のとりことなったヒロインはついに自分から交合を熱望し執拗に膣内射精されて身体中を分泌物まみれにしながらケダモノのごとく咆吼する。
擬音と液汁とが超高BPMで画面を行き交うなか性器どうしの真剣勝負が執拗にリピートされるまいどおなじみ鬼ノ仁節が今回も炸裂だ。オハナシはまさにこれから佳境というところであり最終的な物語評価は下巻刊行後になるけれど、導入からここまでは期待どおりの盛り上がりといっていい。自分としては昔みたいにJKヒロイン主体で描いてもらいたい気持ちはあるけれど作品の完成度にはまったくノー文句。巻末著者あとがきで少々ショックな記載がありさびしくも思うけどまずはこの波瀾万丈のストーリーの完結を待ちたい。

左巻キ式ラストリゾート

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/7購入。

-田中康夫「33年後のなんとなく、クリスタル」河出文庫 ISBN:9784309416175
-篠田航一「ヒトラーとUFO」平凡社新書 ISBN:9784582858822

2018-07-06

今夜の降雨中断。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-双葉八重「淫汁(しる)だく・女子校生」クロエ出版 ISBN:9784908099533
話○-△ 抜○ 消小 総合○

幼なじみ女子3人の人に言えないお漏らし癖を主人公がちんこで解決中編3話&全員集合巻頭フルカラー+オナニー狂になってしまったヒロインはその現場を幼なじみ男子に目撃されヤケクソで開き直り本編&描きおろしお風呂H後日談+独立短編3本。タイトルどおりさまざまな分泌物をまき散らしながら絶頂するドスケベガールズのダイナミックな乱れっぷりを詳細実況中継のこちらは記念すべき作者ファーストコミックスだ。なおペンネームは特段ひねることなしに「ふたばやえ」と発音すればよろしい模様。
定期購読こそしていないがいつも独特の嗅覚で尖った作家をピックアップしてくる「コミック真激」執筆陣はそれゆえに単行本になったときけっこうな率で購入している自分。とはいえさすがに他誌でも描いているとか薄い本で読んだことがあるとかもないまったくの初見の人に挑戦するのには勇気が要る。このたび評価の俎上に載せるこの作家も予備知識皆無でなかば清水の舞台から飛び降りる気分でチャレンジしたのだけど、いやあまさかこういうタイプの漫画家だったとは! と蒙が啓かれましたね。
のっけからエロ下着のみを身につけあとは素っ裸でなにやらびしょ濡れのドスケベ女子3人が見参という訴求力超ド高めの表紙がまずは目を惹く。中身のモノクロ原稿もなかなかにキャッチーなアニメ/ゲーム系の絵柄で、若干トーンワーク頼りの部分はあれどずいぶん華やかな印象だ。描きおろしパートを除きすべて真激掲載分となる収録作たちはほぼ直近2年以内の執筆で作画のブレも少なく品質は折り紙つき。いつものように版元公式サイト内の新刊情報からサンプル画像がおがめるので、双葉八重未体験の方は先にそれらを確認のうえ購入可否判断を。
この端整な筆致で描かれる女性陣はハイティーン制服女子を中心に推定20代前半ヒロイン1名をプラスの構成。いずれも愛らしいフェイス&ワガママボディを標準装備でエロ漫画購買層の最大公約数的需要を狙い撃ちだ。加えて双葉八重作品で特徴的なのは異様に気合いの入ったランジェリー描写で、細やかなレースといいやたらとリアルな布地の質感といいひと目でタダモノでないとわかる。実際に巻末著者あとがきではヒロイン全員に異なる下着を着用させるこだわりぶりを熱く語り倒していて壮観。
ストーリーラインはおおむね誰にでも受け入れられやすい和姦ベースのそれ。巻末収録のベタな凌辱調教もの「深き底の私」のみテイストが異なるものの、そののちは自分の適性を悟り方向を定めたのだろう。短編群は基本1on1の甘ラヴでまことにゴチソウサマだし、幼なじみ女子3人を各個撃破の冒頭中編「僕らはおもらしどーしたい?」もハーレムというよりは主人公男子と彼女らとの深い絆を浮き彫りにするタイプのお話で、男子女子のスウィートネスあふれるやりとりに読んでてニヤニヤが止まらなくなること必定だ。
そしてこの作家のこだわりがもうひとつ発揮されるのがエロシーンにおいて。すなわち、前戯から本番にかけ随所で頻出するおしっこ放出の数々である。古めの作品ではほんの少し見せるだけだったのが徐々に頻度が増え、中編作においてはもはやそれ自体がテーマとなり女の子にビュービュー黄金水を噴き出させる始末だ。その他放尿をトリガーに発情したりお仕置きプレイでお漏らしさせたり、もしかするとセックスそれ自体よりチカラが入っているかも知れない。だからといってファックをおざなりにするわけではなく、現代エロ漫画必須の躍動感あふれる性器描写だのとろけるアクメ顔百面相だのをぬかりなく展開し読み手の興奮を効果的に励起せしめる。最愛の男子に抱かれうれしょん全開でイキまくりながらドプドプ膣内射精され放題の彼女らの痴態にティッシュの消費量もうなぎ登り。
下腹部にうずく尿意に身もだえする彼女はそれにシンクロするかのように徐々にほおを朱に染め呼吸を荒げて気がつけば発情モード。たわわな肢体をみずから開き準備万端の蜜壷へシャフトを導いて自分から腰を落としグラインドを開始する。いきり立つ怒張で奥を貫かれるたびダラダラヨダレたれ流し淫語マシンガン連射でイキ狂うさまがたまらなくエロっちい。ついに歓喜の渦のなかあたり一面におしっこをまき散らし昇りつめてゆくヒロインのドスケベまんこに大量の白濁を注ぎこみフィニッシュ。
おしっこネタ全面フィーチャーの挑戦的な作風やのっけから匠のこだわりを見せる下着描写など、当初からセールスポイントを明確に打ち出し他の有象無象の新人たちと差別化を図らんとする挑戦的な姿勢がいっそ心地よい。執筆時期の古い一部の作品では科白まわしがギクシャクしたり構図がドアップばかりだったりとつたない点も見られたものの、直近作ではそのへんも改善され順調な成長ぶりがうかがえる。せっかく緻密な性器描写ができるのにフィニッシュの瞬間はろくに結合/射精断面を描いてくれないのが個人的には不満だけど、このへんはまあ作者の嗜好も関係するので次作以降で増えてくれるといいなあと勝手に願望だけ。収録作たちのなかでは、英語教諭として帰ってきた元ホームステイ金髪碧眼女子の豹変ぶりに困惑しつつも最後ラヴラヴの「ブラインドアンスリウム」と、保健の授業がきっかけでオナニーに耽溺のヒロインが幼なじみ男子と結ばれて「偶発性インストラクション」の恋愛色濃厚な2本がお気に入り。

フリッカー式

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/6購入。

-J・D・サリンジャー「このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年」新潮社 ISBN:9784105910068

2018-07-04

今週のビート・エモーション。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-奥森ボウイ「マンマンちょうだい」ジーウォーク ISBN:9784862977830
話○ 抜○ 消小 総合○

父親の再婚相手としてやって来た元同級生に赤ん坊扱いでご奉仕され主人公の股間も大変表題作&家を追い出され窮余のルームシェア生活もパートナーとの愛をじっくりはぐくみ続編&おまけ4コマ+独立短編1本。童心に帰り豊満な女体におぼれながら瑣事を忘れ癒されてゆく極楽浄土出現の作者最新刊は通算6冊めのコミックスにして本レーベルからの初見参だ。
キャリア初期から作画/作劇とも地に足のついたその芸風は誠実ながらも正直言うと地味に感じていたのだけれど、ケレン味たっぷりの設定をぶちこんだ電子配信の連載シリーズ「俺得修学旅行」がバカ売れし一気に売れっ子作家の仲間入り。それからは過去作も続々とコミックスになりそれも好セールスを記録してといますべての歯車が順調に回っている人。リリース間隔もすばやくて、前単行本「俺得修学旅行(2)」刊行から1年経たずの短期間でこのニューエスト・モデル発売である。
オーソドックスな一般青年誌系の絵柄は白黒原稿だと比較的落ちついた印象なのだけど、今回のカヴァーイラストはド迫力おっぱいまろび出し母乳噴き出してとむやみに扇情的。フォント使いも大胆で直截的な訴求コピーを帯にまといまさに売る気マンマンだ。さっそく収録作の初出を確認すると2013-15年にかけてのウェブ配信作品とのことで、前述のヒット作連載の直前もしくは同時期あたりに執筆の模様。巻末著者あとがきによれば古めのものは加筆修正をほどこしているとのことで表紙絵とのギャップもなくジャケ買いも安心。それでも気になる方は版元提供の単行本情報ページからサンプル画像を参照できるのでそれらをチェックののち購入を。
このたび我々の股間の慰安に貢献してくれる女性陣は年のころ10代ラスト~アラサー近辺といったところか。物語の根幹に関わるメイン級が3人にポッと出の抜き担当数人と少数精鋭ながら、そこはヴェテランゆえおのおの個性豊かに描き分け魅力的なキャラクターに仕上がっている。乳サイズは大小取りそろえつつ巨乳優勢で、カヴァーイラストが物語るとおりえらく存在感のあるデカ乳輪を標準装備とおっぱい星人向けのデザイン。また以前の作品でもそうだがヒロインみな下腹部のジャングルが豊かに生い茂り、陰毛大好きっ漢ならばマストバイ。
初出時は数パートに分割して配信していたものを超長編としてまとめる独特のスタイルにより、1冊にたった3コンテンツの特異な構成となる。そのうち父子家庭に新たな義母が同居のタイトル・チューン「マンマンちょうだい」と、その話の主人公が家を追い出され新たな家庭を構築してゆく「パイパイちょうだい」は実質的な続きもので、そこに蠱惑的な家庭教師さんとのえっちな駆け引きを展開の「感じて、カテキョ」が単品でプラスされる仕組み。冒頭からのシリーズものにはいずれも通底するテーマとして「赤ちゃん」が組みこまれ、前者では聖母のごとく甘やかしてくる元同級生にして現義母・芽衣(めい)にとまどいながらもおぼれてゆくニートな主人公・鈴木裕哉(すずきひろや)のうれし恥ずかしな葛藤を中心に、後者では自活することになった裕哉と新たな生活パートナー・真木ちより(ちより)とが互いに幼児退行をくり返すなか次第に心通わせてゆく情景を描き出す。これらと単発のカテキョ×教え子物語「感じて、カテキョ」3作いずれも、発端はコミカルながらも次第に家族の絆だとかたしかな愛情などが前面に押し出されストーリーは真摯なものへ変化してゆくという従来おなじみの奥森ボウイ節だ。その意味ではキャッチーな展開てんこ盛りの前作よりは同じく去年に富士美出版より上梓された2冊前の「毎日が挿入日」の方が近い雰囲気かも知れない。
とまあオハナシの雰囲気の変遷はあれど、濡れ場は必要充分以上の容量を確保。おそらくは配信上のレギュレイションの関係でエロシーン占有率はさほどでないものの、奥森ボウイ特有のむっちりボディが画面狭しと入り乱れ法悦の態で昇天しまくるヒロインズの痴態が読み手の勃起中枢をダイレクトドライヴ。加えて前2本ではテーマに沿った赤ん坊プレイが怒濤のごとく投入され、おこちゃま言葉で甘やかされながらの手コキだの授乳だの、あるいは逆転パターンで幼女さながらのヒロインにいけない行為をほどこしたりとやりたい放題。個人的には後者はともかく「赤さん」なりきりはそれほどシュミじゃないのだけど、俗事をすべて放擲しひたすらママンの懐へ抱かれたい諸兄には究極のヒーリング体験となることだろう。
やさしく頭を抱えこまれ甘い言葉をささやかれてあやされるうちすっかり気分は新生児。着衣をはだけまろび出される乳房にしゃぶりつき母乳を飲み干して夢心地だ。やがて屹立した怒張へ彼女の手が伸びシャフトを激しくしごかれてたちまち白濁を放つ。そして目前でパックリ開かれた蜜壷のその奥へ怒張をねじこめば柔肉がねっとりまとわりついてまさに極楽浄土。慈母のごとき肢体に埋もれたまま子宮の奥へたっぷりザーメンを放ったのちはまたしても安堵に包まれながら眠りに落ちるのだ。
なんでもない日常の営みを描きつつ誠実な愛の物語をつむいでゆく奥森ボウイ特有のスタイルにバブみを増したプレイが加わり独特の味わいをかもし出す1冊。昨今とみにストーリー寄りになりやや抜きづらくなった長編連載に比してこちらの方が使い勝手はよろしいかも知れず、ちんこのお供としてフル活用したのちハートウォームなドラマに癒されること必至。登場ヒロインのなかでは「パイパイちょうだい」主演女優にしてそのまっすぐな生きざまとキュートな笑顔に心も浄化されまくりなショートヘア美少女・ちよりちゃんが俺的イチオシですね。

決してあなたが望んだものを奪うつもりはなかった

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/4借出。

-臼田孝「新しい1キログラムの測り方」講談社ブルーバックス ISBN:9784065020562
-君塚直隆「立憲君主制の現在」新潮選書 ISBN:9784106038235
-五味洋治「朝鮮戦争は、なぜ終わらないのか」創元社 ISBN:9784422300573
-金子遊「混血列島論」フィルムアート社 ISBN:9784845917099
-本の雑誌編集部編「ニッポンの本屋」本の雑誌社 ISBN:9784860114145
-J・ネイスン「ニッポン放浪記」岩波書店 ISBN:9784000612340
-B・ポムゼル/T・D・ハンゼン「ゲッベルスと私」紀伊國屋書店 ISBN:9784314011600

2018-07-03

今晩の除湿運転。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-めの子「すとれんじがーる」文苑堂 ISBN:9784861172984
話○ 抜○-△ 消小 総合○

先輩のことが好きすぎてお尻オナニー狂になったヒロインはついに結ばれたのちもアナル挿入をおねだり本編&描きおろしショート後日談+独立短編8本+フルカラーショート1本。愛らしい笑顔の極上萌えっ娘たちが発情モード突入とともに豹変しメスの顔さらしてド派手にイキ狂うナイスな光景をお届けの作者これが記念すべきファーストコミックスだ。
数年前に創刊したころは正直いつまで持つのかなと思いつつ応援の意味で定期購読していた「コミックバベル」も気がつくとすっかり安定していまや立派な中堅どころの雑誌に。景気の悪い話ばかりのエロ漫画業界でバベルと「comicアンスリウム」(ジーオーティー刊)の一本立ちはうれしい限りだ。好調の同誌は新人育成にも積極的であり、これはという作家にはすぐにレギュラー掲載枠を与えすみやかに単行本リリースへと導いている。今回評価の俎上に載せるこの人もそんな期待の新星のひとりで、個人的にも発売を楽しみにしていたところ。ちなみに著者ブログの発売告知記事で一部ショップ購入特典が確認できるので、あわてて本屋へおもむく前に参照しておくのをオススメ。
ほわんと丸顔のキュート女子がそのあどけない表情に似合わぬド迫力おっぱいをまろび出しM字開脚の眼福な表紙はたいそう訴求力が高い。中身のモノクロ原稿もラヴリィな萌え系の絵柄で、いまは亡き萌えエロ専門誌「コミックポプリクラブ」(マックス刊)が現存していたらジャストフィットしそうな雰囲気だ。収録作すべて2016-18年にかけてのバベル掲載分と最近作ばかりゆえ作画品質も安定。1話試し読みへのリンクが付属した出版社web内のコミックス情報ページが親切にも出版社サイドから用意されているので、めの子初体験の方はそちらでタッチの確認を。
この端整な筆致でものされる女性陣は人妻もの1本を除きハイティーン制服女子専科となるが、唯一の大人ヒロインですらおこちゃま同然の幼い顔立ちゆえ熟女スキーは回れ右。見るからにロリフェイスなのにみなさん体躯の方はたいそうご立派で、おわん型のエクストララージバストに安産間違いなしの雄大なお尻が組み合わされた豊満ボディだ。なお予備知識を得るためにググったところ元来は男の娘同人で活動している人のようだけど今回は1名女装男子が存在するほかは男子側にそちらの痕跡はなく、薄い本でこの作家のファンになった諸兄は過剰に期待せぬよう。
ファンシィな絵柄にふさわしく物語は甘口仕立てのラヴコメ専科ではあるけれど、単行本タイトルが示唆するとおり女の子サイドにちょっとした変態性を附加しているお話が多めなのが特徴だ。初体験前に自分でお尻開発完了してたりJSコスプレで幼児退行したり演劇の練習でなりきりHしたり視線を感じて発情したり……そんなこんなでガマンできなくなった彼女の方から積極的にちんこへまたがりアンアンってな寸法ですよ。なかには男子に女装させてウットリだの彼氏へドSお仕置き調教だの自分的にはドン引きの属性もあるのだけれど、それらを含め多種多様な彼女らのアブノーマルライフが堪能できる仕掛け。
1本あたり18-24ページと分量はさまざまながら、ガチ成年マーク仕様の雑誌初出ゆえ濡れ場支配率は高くファックは充実。前述したヒロインのこじらせた性癖をストレートに本番さなかにも反映させお好みのプレイを実践する歓びに打ち震えながら彼女らド派手に昇天だ。昨今のエロ漫画に必須のハート目アヘ顔だのガッツリ性器結合/射精断面図フィーチャーだのの演出もおこたりなくふんだんに用意。加えて作者の趣味なのかアナル責めのシーンが頻出するので菊門大好きっ漢にはさらなる福音だ。大量の淫語と擬音にまみれながらとろけまくったアクメフェイスを見せつけたっぷりナマ中田氏され放題の彼女らの痴態で自慰表明もはかどりまくり。
そわそわモジモジ挙動不審なあの娘をよく見りゃすでに発情モード。ほおを紅潮させ呼吸を荒げながら早くもちんこおねだりの彼女を焦らすようにビッグバストをいじくり倒し下腹部の蜜壷を刺戟するとますますオクターヴが上がる。トロトロに愛液をたらし準備万端の蜜壷へたぎるシャフトをねじこみ激しく内奥を突き上げるたび瞳にハートを浮かべイクイク連呼だ。膣奥をキュッと締めつけタイトに抱きつきながら昇りつめてゆくヒロインの淫乱まんこに怒濤のごとくザーメンの奔流を叩きつけフィニッシュ。
一部の得意科目でないシチュでは若干息子の角度が下がったものの、総体として初単行本とは思えない安定したお話運びと迫力満点のストロングファック炸裂で非常にウェルメイド。とりわけ童顔巨乳女子愛好家には万難を排してでも推薦したい1冊だ。もとより別分野での活動歴もあり当初から漫画家としてはできあがった人のようなので、今後も優れたプロダクトを続々と生み出していただきたい。どの作品も楽しく読み大いにマイサンを活用したが、なかでもロリロリフェイス奥さまが旦那のリクエストで小学生コス→ランドセルHで盛り上がり「こすろりっ!」と、愛する彼の希望ならばとノーパンデート→ガッツリ青姦ナマ中田氏の「ないしょのきもち」が私的フェイヴァリット。

ドラゴンハーフ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/3購入。

-見田宗介「現代社会はどこに向かうか」岩波新書 ISBN:9784004317227

2018-07-02

今月のB-BOYイズム。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-いーむす・アキ「きもちいーむすめ」ワニマガジン社 ISBN:9784862695680
話○-△ 抜○ 消小 総合○

むっちりボディをフル活用しドスケベガールズ&レディースが精液搾取しまくり短編7本+フルカラーショート2本。お肌を火照らせ敏感な部分を濡らしてガチハメする気満々の女子連中にルパンダイヴしては特濃ザーメンぶちまけ放題の肉欲ジャングルが出現の作者最新刊は記念すべき通算10冊めのコミックスだ。
創刊当初の抜き度外視ハイエンド系→実用最優先熟女/人妻エロスメガ盛り→ポップ&オサレを邁進しつつファックもしっかりの業界最大手確立と、その長い歴史のなかで「COMIC快楽天」はその立ち位置を変化させてきている。当然その変革の際には執筆陣も全面的に入れ替わっているのだが、いーむす・アキは例外的に熟女ガチエロ路線時代から現在まで息の長い活動を続けている奇跡の人。年イチ以上のハイペースで単行本リリースを続けていた最盛期には及ばないまでも生産能力は堅調で、一昨年刊行の前作「とろまんスタイル」から1年半あまりのそう長くないインターヴァルでの再会。
過剰なほどに女体をテカらせた、「いーむす塗り」とでも称すべき独特の彩色が今回もきわ立つカヴァーイラストがぼくらをお出迎え。冒頭に集中するカラー原稿に続く白黒パートもコッテリとトーンを這わせた濃口のヴィジュアルだ。いまとなってはワニでも少なくなった写実的なタッチがベースながら顔立ちのバランスにはいま風のテイストも取り入れて充分に最前線で戦える。快楽天本誌および「コミックゼロス」掲載分となるこちらは執筆時期が2015-18年とやや幅広いもののすでに絵柄は確立しており単行本トータルでの違和感はない。例によって版元公式サイト内の単行本情報ページからサンプル画像がおがめるので、この作家にはじめて触れる方はそっちをチェックしたのち購入可否判断を。
元来つるぺた幼女から熟れ熟れママンまでなんでも描きこなすオールラウンダーであり、今回もヒロインには幅広い年齢層を用意。キャリア初期は熟女専科、中盤あたりのティーン中心を経て前作あたりからはまた年長系が盛り返してと変遷を経ながらもムチツヤボディの淫猥きわまりない肢体描写はあいかわらず。加えて乳暈のブツブツやモッサリした陰毛までエロパーツはじつにリアルに描かれており、3次元経由でエロ漫画へ挑戦しようという人にとっては取っ掛かりとしてこの人の作品から入門するのが最適だろう。
10年以上の豊富な経験を誇る熟達の作家だけにお話運びも達者なもの。掲載誌の性格上肩のこらない和姦ベースの物語が主体だが、オードソックスなイチャラヴあり禁断の関係あり、ほのぼのなのからほんのりダークなのまで自由自在。さすがにたった8ページのフルカラー漫画では窮屈さを感じるものの、ノーマルな尺の作品ならばワン・アイディアを上手にエロスへとつなげてゆく職人芸を堪能できる仕掛けだ。
カラー掌編2本を除けば1本あたり24-30ページとかなり容量は潤沢で、必然的にエロシーンも盛りだくさん。奇抜なシチュや特殊な性癖を投入するわけでもないのに、いーむす・アキ特有のテラテラと光沢を帯びる女体/性器描写とヒロイン連中のドエロいイキ顔百面相だけで無類の対股間破壊力を発揮する。艶めく肢体をダイナミックに揺さぶり全身汗みずくになりながらのハードファック三昧&ガッツリ膣内射精断面図フィーチャーに我々の自慰表明も止むことなし。
おこちゃまから奥さままで等しくオンナなのだからたぎる怒張を前にすればたちまち下腹部をしとどに濡らす。自分から男の股間へがっつき陰茎にトローリ唾液を垂らしながら絶妙な口技で舐めたり含んだりをくり返したちどころに第1ちんこ汁を取得だ。全身を朱に染め甘い吐息をもらしながら挿入を懇願する彼女の願いどおり、淫裂をゴリゴリ男根で押し広げ粘膜どうしの真剣勝負をスタート。シャフトが行き交うたび肉ヒダがめくれ愛液が糸を引きつつ流れ出すさまがエロティックでたまらない。四方八方へ甘い声をまき散らし昇りつめてゆくヒロインの子宮の最深部へ最後たっぷりと白くねばつく液体をお見舞いだ。
ウェッティな女体が画面狭しと躍動し白濁液まみれで女子ども昇天のすばらしすぎる光景を今回もゲップが出るほど絨毯爆撃で愚息もご満悦。たまに出てくる外出しやゴムつきファックが全部ガッツリ膣内射精になり、また少し前みたく10代女子オンリーになれば抜き評価を三重丸くらいに引き上げたいところだが、このへんはぶっかけスキーや熟女愛好家の方もおられるのでワガママは言いません。そんな俺ゆえ今回収録物件のなかでは、ショートヘア&ロリロリフェイスっ娘とリゾートの開放感のもと気持ちよく野エロ「海辺でGO!」と、生真面目&ギャルの対照的な教え子2名を高校教師がセットでご賞味の「どっきりメイト」のティーンヒロインもの2本がお気に入り。

耳ヲ貸スベキ 俺達をよくチェックしとくべき

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/2購入。

-中丸美繪「日本航空一期生」中公文庫 ISBN:9784122065994

2018-07-01

ソーダとジンで ケムールGIN

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
7/1借出。

-森達也「ニュースの深き欲望」朝日新書 ISBN:9784022737595
-南後由和「ひとり空間の都市論」ちくま新書 ISBN:9784480071071
-角幡唯介「新・冒険論」インターナショナル新書 ISBN:9784797680232
-若林芳樹「地図の進化論」創元社 ISBN:9784422400372
-夫馬信一「1964東京五輪聖火空輸作戦」原書房 ISBN:9784562054794
-刈谷正意「日本陸軍試作機物語」潮書房光人社 ISBN:9784769816515
-押野武志/谷口基/横濱雄二/諸岡卓真編「日本探偵小説を知る」北海道大学出版会 ISBN:9784832934016
-L・J・ソルモンソン「ジンの歴史」原書房 ISBN:9784562055555

2018-06-30

本日のオーパーツ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-みずゆき「私の全部教えてあげる」コアマガジン ISBN:9784866531960
話○ 抜◎-○ 消小 総合○

見た目清純そのものの少女たちがその秘められた欲望をさらけ出し淫猥に乱れて短編全8本。極上ティーンズがステディな男子の前でだけ自分のアブノーマルな本性をあらわにしビッグバストをブリブリ揺らしながら子袋の奥まで幾度となく精液注がれ絶頂の豹変ぶりを頭からシッポまでみっちり充填の作者最新刊は通算2冊めのコミックスだ。
この作家とのファーストコンタクトはたしか旧体制下の「コミックメガストア」だったと思うが、おそろしくキャッチーな作画と清楚な出で立ちでいながらド派手にイキ狂うヒロインたちの痴態を目の当たりにしひと目でそのとりこに。その後しばらくして刊行されたデビュー作「カノジョと秘密」も期待にたがわぬデキで、当時大粛清時代だったコアマガ単行本の宿痾である極悪モザイク修整を抱えながらも当ブログの2014年度年間ベスト企画の第10位に選定させてもらったほどの逸品。そんなこの人のおよそ3年半ぶりの新作リリースとなればそりゃ万難を排して購入確定ですよ。
とびきりの美少女がセーラー服をはだけ特大のおもち2個をドドーンと誇示するカヴァーイラストでまずツカミはOK。中身の白黒原稿も表紙の印象とコンパチな端整そのもののタッチだ。みずみずしさと淫靡さを高度にバランスさせたその絵柄はほのかなオサレ感すらただよいまことにレヴェルが高い。描線そのものは鋭利なのにふっくらしたおっぱいやお尻の柔らかみが伝わるかのようなフェザータッチの感触が最大の魅力だ。収録作いずれも当社のコンビニ売り誌「コミックホットミルク」で2015-18年にかけ掲載のものと執筆時期は比較的ワイドレンジだけど、ちょうど前単行本発売あたりで描き方に修整が加わったのちは大きな変更はなく筆致は安定している。なお出版社公式ウェブページ内の著者別紹介で書誌データが、また作者pixivアカウントの発売告知エントリで画像サンプルや一部書店の購入特典が参照できるので、みずゆき初挑戦の方は絵柄の確認ついでにそれらを覗いておくのが吉。
この滑らかなお筆先から生み出される女性陣はデビュー以来一貫してハイティーン専科。基本的にはキュートフェイス&ビッグバストというエロ漫画購買層の最大公約数的需要にお応えするボディデザインで、やや頭身高めのスラリとしたプロポーションから景気よく超弩級の双丘が張り出したかと思えば腰に向かい急速に胴がすぼまってそののちまたビッグヒップに到達するという2次元でしか実現不可能な理想体型が扇情的すぎてたまらない。しかも前作でもそうだが彼女らみな極力セーラーやらブレザーやらスクールウェア着用のうえセックスにいそしむという、この作家ならではの制服フェティシズムが炸裂していて非常によろしいですね!
全作慎太郎シール誌初出ということで、くり広げられる物語は普遍的な和姦仕立てのラヴ・アフェア。同世代もしくは数歳差の高校生カップルがアレコレするというオーソドックスな構図ながら、いかにも純真そうなヒロインたちの方がじつは男子より圧倒的にドスケベでなかにはヤバい性癖持ちもいるというちょっとしたトウィストがみずゆき作品の独自性。バレ覚悟の学校オナニー/首輪をつけ全裸露出で奴隷志願/あけすけに荒淫ぶりを発揮/金網におっぱい押し当てて屋上H/2人してハメ撮りに熱中/互いに変態シチュを命令しあってetc……と、ウブなJKの仮面のその下でうごめいていた肉食獣のごとき情欲を突如あらわにするのだ。そういう仕掛けなので奥手な女子連中が恋にアワアワしたりホンワカしたりの萌えエロをお望みの諸兄には不向きなものの「清楚なあの娘がこんなドエロいことを!!」的ギャップをたっぷり摂取できること請け合い。
1本あたり24ページ固定の充分なヴォリュームを活かし濡れ場は充実。1on1のなんでもない肉体言語の応酬ながらも前述のとおりヒロインに特殊性癖を持たせることでプレイの変態性を効果的にブースト。言葉を交わすのももどかしく舌先を絡めあい敏感な部分を刺戟し合ったのちたわわな肢体を激しく揺さぶりながら背徳的な行為に没頭し陶酔した表情で得も言われぬ愉悦にほおを紅潮させるヒロインときたらまさに1匹のメスそのものだ。子宮口のその奥までゴリゴリ貫かれながらもはや日本語にならない咆吼をまき散らし昇りつめてゆく彼女らの艶姿で精嚢のストックもスッカラカン。
人目があるところでは純情高校生カップルなのに2人きりになればたちまち豹変しおにゃのこ速攻発情モード。すでにしてメスの本能全開の彼女は自分から制服のブラウスをはだけビッグバストをまろび出しながらその手を男子の股間へと伸ばす。胸の谷間に陰茎をはさみこみながら亀頭をチロチロ刺戟したちまち先走り汁を確保だ。興奮冷めやらぬなかすでに濡れそぼつ蜜壷をみずから押し開き屹立したままの怒張へ直接腰掛けて粘膜どうしの摩擦運動を開始。幾度となく内奥を突き上げられ全身汗みずくになりながらピンと乳首をおっ立てはしたなく淫語マシンガン連射の派手派手しいイキっぷりにいっそうエレクチオン。膣奥をさらにきつく締めつけ四方八方へケダモノじみた嬌声をまき散らしながら絶頂するヒロインのJKまんこめがけ最後に許容量オーヴァーの特濃ザーメンをお見舞いし性の饗宴もようやくフィナーレ。
一部趣味の合わないプレイだとわずかに私的実用性が下がったものの、総体として壮絶なまでにユースフルな精液分泌支援物資。ことに前作では相当に興奮をスポイルしていた残念モザイク消しが今回だと面積多めながらもオーソドックスな黒ノリ性器修整になりだいぶまんこの見通しがよくなったのが最大の改善点だ。諸事情あって現在は掲載誌を追いかけることはなくなったが単行本は今後も熱烈デフォ買いしてゆくことを改めて決意。巻末の初出一覧を見るに長期休養こそないものの年間2、3作というスロウな漫画制作ペースは正直もどかしく思うけれど、引き換えにキュートネス&ドスケベ乱れ撃ちの良作をコンスタントに生み出してくれるのなら文句は言いません。どの作品でもたいそう抜きまくったが、なかでも自分から積極的にセックスを催促し変態行為を提案する彼女につられて放課後濃厚ファック「ヤる気スイッチの入れ方」と、盗撮系エロ大好きっ漢が同好の士である同級生女子と一緒に生ハメ動画ライヴ撮影の「二人のナイショの×××」でもって包皮も発火するほどに愚息をハードユース。

Tender is the Night

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
6/30購入。

-北田暁大「終わらない「失われた20年」」筑摩選書 ISBN:9784480016690

2018-06-29

今夜のイートアップ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-氏賀Y太「デッドフラミンゴ」三和出版 ISBN:9784776991366
話◎-○ 抜○-△ 消小 総合○

吸血鬼となり突如訪れてきたクラスメイト女子に血を吸わせる代償として主人公は凌辱暴力やりたい放題前後編&描きおろし後日談+原作交換漫画2本+独立短編2本+ショートショート2本+巻頭イラストギャラリー。血しぶきと肉塊がそこらじゅうに行き交い少女の断末魔の絶叫が響きわたる壮絶なリョナ満漢全席を怒濤のごとくお届けの作者最新刊は今年に入り2冊めのコミックスだ。
いまや日本のみならず全世界にその名をとどろかせる猟奇エロの大家で、いっとき単行本リリースが途絶えていたのがこの数年来は未曾有の刊行ラッシュでファンを喜ばせている。これほどまでに発売が矢継ぎ早なのはひとつには新装版やベストセレクションなどが続いたというのもあるけれど、ジーウォークより年初に上梓された前単行本「Dr.乳児郎の憂鬱」は同人誌が初出の完全新作だった。そしてわずか半年弱の短いインターヴァルを経ての本作もまたうれしいことに全編ブランニューの作品集となる。なお三和出版物件としては2016年刊行の「絶望器官」以来およそ2年ぶり。
フォント遣いや訴求コピーなどでいかにもおどろおどろしい雰囲気をただよわせつつも、カヴァーイラストからは直截的なヴァイオレンス表現が注意深く排除されているのでちょっとキツめの調教系くらいのとらえ方をされそう。むろんそんな甘い認識は1ページ目からスプラッタなイラスト登場で雲散霧消するのだけど。それはともかく絵柄自体はむしろポップ&キュートな訴求力の高いもので、このへんは流行作品の二次創作なども抵抗なく手がけ世間のトレンドにも敏感な作者の誠実な姿勢がうかがえる。残念ながら収録作の初出一覧がないがググってみると最近になり同人で出したシリーズをまとめたもののようで作画の安定感は抜群。ちなみに著者pixivアカウントの発売告知でサンプル画像のみならず宣伝用動画まで用意して販促につとめているので、ぜひそちらを見て書店ないし通販で本作をゲットしていただきたい。
どのみちみな贓物をド派手にまき散らしながら悶死するとはいえ今回登場の女の子たちはエロ漫画的アピールもバッチリの童顔巨乳ティーンズ多めで、そのままノーマルな和姦ラヴコメに登場してもおかしくない萌えっ娘ぞろいだ。あと後述する事情によってこれまた愛らしいショタキャラまで出てくるので本作はさまざまな需要に対応できそう。いずれにしても彼ら彼女らを待ち受ける運命は総体として悲惨そのものなので読者におかれましては覚悟のうえ読み進めること。
収録コンテンツは大まかに三分され、無気力無関心風の主人公・灰江田蓮人(はいえだれんと)と、彼の前に突如吸血鬼として現れる一見クールじつはコミュ障級友女子・片霧椿(かたぎりつばき)とのハードコアな交流が描かれる長尺シリーズ「月光椿(がっこうつばき)」連作がまず冒頭から。次いでこちらも氏賀Y太に負けず劣らず強烈な個性を放ち続けるアングラエロスの第一人者・掘骨砕三との原作交換企画「屋上楽園(原作:氏賀Y太/作画:掘骨砕三)」/「人肛飼育(原作:掘骨砕三/作画:氏賀Y太)」2本が中盤に。そしてそれ以降が通常モードの読み切り群となる。
これら3つのパートのうち後半は完全にいつもの氏賀節なのでまあ読んでみてという感じだが、作画はまるで雰囲気が違うのに双方原作者の色が出まくる交換企画の2本には驚かされた。とくに掘骨原作/氏賀作画の異形生物飼育&ショタ男子人体改造もの「人肛飼育」の方は極度にグロテスクな設定なのにほのぼの感すらただよう掘骨ワールドがY太絵でさえも遺憾なく発揮されていて強烈な違和感。そしてそれらを抑え自分的にもっともグッと来たのは巻頭連作「月光椿」。巻末著者あとがきで自身述べているとおり本作はとりわけ対人恐怖症で自分から人を襲えないポンコツ吸血鬼少女・ツバキのキャラ造形が絶妙なのだ。まともに会話もできないのに主人公・レント宅へ転がりこんできては凶暴化した彼に凌辱の限りを尽くされ好き放題に肉体を蹂躙される彼女はひたすら従順に受難を受け入れる。そんな境遇に甘んじる理由はやがて徐々に明かされ、またツバキを常時殴打し四肢を引きちぎってと乱暴狼藉を尽くすレントもまたその秘められた本心が最後に垣間見えるのだが、それについては実際にみなさま自身の目でご確認を。いろいろあって最終的にこのブルータルな血と暴力の物語がどうしたわけか甘々ラヴコメっぽい空気さえまとうようになるさまに年甲斐もなくきゅんきゅんしてしまったり。
前作に引き続き横溢する暴力描写のなかにもそこそこの割合で濡れ場が含有されておりパートを限定すれば普通に股間を使役できる。もちろん手足を引きちぎり目玉をえぐり出し心臓をぶち抜いてというシーンの方が圧倒的に多いし、お話によってはエロス無視でひたすらヴァイオレンスに没頭するものもあるので注意すること。収録作のなかでもっとも抜き志向が高いのは前述の「月光椿」シリーズで、後半部の血しぶき炸裂スプラッタ絨毯爆撃に突入するまではオーソドックスな凌辱調教リョナとして受容可能。童顔巨乳オドオド系という私的嗜好にフィットしまくりなヒロインの魅力もあり、無抵抗な彼女を罵倒しビシビシ打ち据えながらガッツリ膣内へザーメン連続注入の光景で気持ちよくオタマジャクシを放出ですよ。
いつものように徹底的に救いを拒否し読者の心をどんよりさせる親子惨殺短編「遙かなる蛍が峰」のような氏賀Y太印グリグリの作品もあるけれど、原作交換企画だのちょっとハートウォームな長編だの、今回はこの人の作品としては変化球のお話が多くあって新鮮な読後感。こういうのが描けるのならスプラッタ要素皆無の純愛イチャラヴでもいけそう(まあ実際には絶対やらないと思うけど)。そんなわけで収録作のなかではワタクシ圧倒的に「月光椿」推しで、ボソボソ小声で消え入りそうな会話しかできない人間恐怖症おっぱい吸血っ娘・ツバキちゃんのドエロい痴態と一途な想いにオッサンやられっぱなしでした。