2017-05-26

今年度の新布陣。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-DISTANCE「じょしラク! ~2Years Later~」ジーオーティー ISBN:9784814800292
話△ 抜◎-○ 消小-中 総合○

個性豊かな女子ラクロス部員たちとヘタレ監督とのコミカル&ハードな中田氏学園ハーレムライフは2年の歳月を経て新世代突入表題作長編5話(第0-4話、以下続刊)。タイプの異なる爆乳スポーツ少女連中を偉大なるちんこパワーで次々陥落させてゆくスカッと爽快男根原理主義が炸裂の作者最新コミックスは当社から初のお目見えだ。
故「コミックメガストア」-旧体制「コミックゼロス」-現行「COMIC E×E」と、現代日本エロ漫画のメインストリームともいえる雑誌を渡り歩きかつその看板作家的存在として長らく活動するリヴィング・レジェンドのひとり。平成ひとケタのころにはすでにキャリアを開始していた大ヴェテランなのにいまだ最前線に立ち続けるその精力的な姿勢には誰しもが最敬礼だ。メインの執筆媒体が月刊→隔月へと変わった影響で作品産出ペースこそやや落ちついたものの、毎月毎年鬼のように大量供給される超強力新人たちなどなにするものと魂のペンを叩きつけ今日も読者のザーメンを精力的に搾取する。
さてこの版元からの1stとなる本作、しかしながらコミックス表題が明確に示唆するとおり、こちらはワニマガジン社より2015年に発売の前単行本「あねこもり」(購入済ながら当ブログでは未評価)をすっ飛ばしその前の2014年に同じワニより上梓された「じょしラク!」の正統なる続編。もっとも、「あねこもり」の方にも「じょしラク!」のエピソードが数本ぶちこまれているので、お話を追うにはこの直前2冊の購入が望ましい。そういう事情ゆえ作品の基本設定や一部のキャラクターについては説明の重複を避け記載を簡略化しているので、くわしくは「じょしラク!」拙レヴュウを参照していただきたいところ。
編集部は同じなのにコミックスが売られる版元が違うのは我々のあずかり知らぬオトナの事情らしいので深く立ち入らないが、ともあれ正編は「コミックゼロス」初出だったのがこの新作は先ごろ大々的に創刊された「COMIC E×E」で初号から連載されたものを収録。一般青年誌系の明るく軽やかなタッチは時代の要請に応え緻密なトーンワークを得てまったく古びないエヴァーグリーン。そりゃ最新型とは言わないが女の子の造形も画面密度も新鋭たちに伍してまったく見劣りしないのはすばらしいことだ。なお出版社公式サイト内の単行本情報ページで内容サンプル閲覧および各ショップ購入特典の確認ができるのでまずは一瞥すべし。
前作「じょしラク!」から2年、競技への情熱は人一倍ながらその他はからきしで生徒にナメられっぱなしのラクロス部顧問教師・黒田幸太郎(くろだこうたろう)と彼を慕……わず小馬鹿にし言うこともろくに聞かない部員たちとの物語はニュージェネレイションへと突入。前回我々の股間を慰安してくれた名門お嬢さま高校・フェリアス女学院の面々はほとんど卒業で代替わりし、当時1年生だった褐色純真箱入り娘・白銀さくら(しろがねさくら)が新キャプテンとして君臨するほかは新たなメンツが集う。といっても前ヒロイン陣はちょくちょくOGとして学校に顔を出すし、結果的に黒田の子を宿した彼の先輩にして前監督の人妻女教師・五月来夢(さつきらいむ)などは第0話のヒロインとしてたっぷり尺を割かれているので、むしろ新エピで出てきた部員たちの存在感が薄くなってしまうくらい。気は優しくて力持ち/センス抜群態度ヘラヘラ黒ギャル/その友人たる黒ギャル2/唯一先生にゾッコンおっとりメガネっ娘/彼女に懸想するジト目快足女子と多種多様な個性を持つ新世代部員が輝くのはもう少し先のことになりそう。というのも1冊で完結の前作とは違いおそらく数巻セットの長大編成を構想しているようで、ストーリー進行が意図的に遅らされている印象なのだ。部員たち各個撃破の数珠つなぎ構成で物語的コクを云々するタイプの作劇ではないとはいえ、そんなわけでお話評価は保留ぎみとし真価を測るのは次巻以降の展開しだいで。
標準的な厚みの本なのにたった5エピソードしか収録されていないことからわかるように、1話あたりいずれも40ページ以上の超特大ヴォリュームを誇る。そして分量の大半がDISTANCEお得意のじっくりねっとり執拗なエロシーンに割かれているものだからその破壊力は尋常でない。前述のとおりお話運びがスローモーで実際に濡れ場があるのは前作/本作登場ヒロインの半数強程度なのだが、それをハンディと感じさせないほど濃密きわまりない性器どうしの真剣バトルがくり広げられる。女子全員が標準装備のド迫力バストをフル活用するえげつないパイズリ&フェラの前戯からはじまり、匂い立つ蜜壷へゴリゴリ怒張を侵入させながらハードに粘膜どうしを摩擦しあっては2度3度4度とJKまんこの最深部へたっぷり中田氏へ至るまでの一連のシークエンスをダイナミックな構図と迫真の結合/射精断面描写とを駆使して緻密にスケッチ。
部員一同のオモチャとして顧問教師をイジリ倒す無邪気な少女たちもいざ彼のビッグコックを目の当たりにすればすっかり可憐な乙女へと戻りやすやすと秘密の花園へ侵入を許す。愛おしげにその巨根を双丘の谷間で包みこみたっぷり精液を貌に浴びて恍惚の表情だ。休むいとまもなくこんどは下腹部をパックリご開帳されヌチャヌチャ音を立てながら屹立するシャフトがめり込んでいく。激しく内奥を貫かれるたびまだしちゃいけないオンナの顔でイキ狂うお嬢さまJKたちの痴態に興奮しきり。子宮口の奥まで亀頭でこね回されすっかりちんこのとりことなって淫語まき散らしつつしきりに膣内射精を懇願する彼女らのリクエストにお応えし、子袋の許容量をはるかに上回る白濁液の奔流を怒濤のごとく叩きつけ女体征服ミッションコンプリート。
いまだ物語はとば口からせいぜい構想なかばといったところであり、未攻略ヒロインも残っているしなによりハーレムに不可欠の複数プレイがかなり少ないので、前作同様のゴージャスな乱交をお望みの方はこの巻だけだと不満が出るかも。1on1好きの自分はその部分はさほど気にならないけど、まだちんこを許していない女子がいるのはもったいなく思うので抜き評価を若干ダウン。あと性器ドアップになると急に面積が増す黒ノリ修整もいささかうれしくないなあ。とはいえ怒濤のエンドレス中田氏作家たるDISTANCEの本領は十分すぎるほど発揮されているし、2巻から先の展開次第ではいかようにも化けるだろうから今後に期待。個性を上手に違えたヒロインみな魅力的だけど、前作からマイちんこがお世話になりまくりのトランジスタグラマー・黄瀬真鳥(きせまとり)さんと雄大な恵体をお持ちなのに心は乙女なその妹・南(みなみ)さん、そして上級生となっても飄々とした雰囲気の新キャプテン・さくらちゃんの艶姿でことのほか我が砲身をハードユース。

甘藷先生

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/26借出。

-L・デ・ソウザ「大航海時代の日本人奴隷」中公叢書 ISBN:9784120049781
-山川理「サツマイモの世界 世界のサツマイモ」現代書館 ISBN:9784768457931
-A・ヴォレラン「フクシマの荒廃」緑風出版 ISBN:9784846116200
-「ニッポン全国 懐かしのご当地パン図鑑」オークラ出版 ISBN:9784775525852
-「青函連絡船 乗組員たちの証言」イカロス出版 ISBN:9784802203036

2017-05-24

Das Orakel vom Berge

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/24購入。

-冨永謙吾「大本営発表の真相史」中公文庫 ISBN:9784122064102
-藤生明「ドキュメント 日本会議」ちくま新書 ISBN:9784480069658
-「コミックバベル」2017年7月号

2017-05-23

今夜の非球面レンズ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-ばーるん「ぐらすとっぷ!」ヒット出版社 ISBN:9784894657236
話○-△ 抜○ 消小 総合○

ベタ甘ラヴからえげつない結末まで多種多様な性愛模様を御披露目短編7本+前作収録短編前日譚&同一ヒロイン主演前単行本販促ショート漫画。ド迫力ボディを駆使しちんこパワーにおぼれてはダイナミックにイキまくりのドスケベ女子メガ盛り状態でお送りする作者最新刊は通算3冊めのコミックスだ。
昭和期より活躍の大ヴェテランから新進気鋭の駆け出し作家まで非常に多彩なキャリアの執筆陣がそろう「COMIC阿呍」にあっては若輩の部類だと思っていたこの人も、ドロップアウトもせず順調に掲載を続け着実に経験を積み重ねるうち矢継ぎ早の単行本リリースとなってもはや立派な中堅どころ。前単行本「メガネの処方箋」刊行からおよそ1年半を経てこの新作リリースだ。じつはこの本、既刊2冊と比べて重大な相違点があるのだけれど、それについてはおいおいご説明を。
古くさすぎず先鋭的すぎずの端整な絵柄がデビュー当初からの特徴で、それはこの最新刊でも基本的には変わらない。エロ漫画というよりはむしろ一般青年誌っぽい雰囲気のヴィジュアルだけど、むろん昨今異様なまでに作画の高密度化が進んだこの業界にあっても充分伍していける情報量を備えている。収録作の初出を見ると2015-17年にかけての阿呍掲載分とのことで、直近執筆のものばかりゆえクオリティも安定だ。例によって出版社提供の新刊情報ページでサンプル画像がおがめるので、ばーるんに関する予備知識ゼロの方でもそちらをチェックしておけば万全。
このたび登場の女性陣はおおむね10代後半からアラサー近辺のグラマラス系と従来同様のパターンながら、人類換算でミドルティーン相当のツノっ娘なんて新機軸を投入してきた。しかしながら既刊からの読者がなにより驚くのは、なんと今回は非眼鏡っ娘が全体の半数もいること。ばーるん=メガネ女子という強固なイメージがこれまでは完璧に貫かれ、ごくわずかの裸眼さんでさえ物語のどこかでスチャッと装着してきたというのに気でも狂ったか!?――と自分も雑誌で最初に眼鏡なしヒロインの話を読んだときに思いました(作者さますいません)。これについてはカヴァー下全部を使って著者みずから解説しているのでみなさま自身でその真相を確認すべし。
一方で物語の方はこれまでどおり学生カップルだの教師×教え子だのお隣さんどうしだののオーソドックスなラヴコメ基調……と言いたいところだが、こちらも明確にバッドエンドのお話を混ぜたりヒロインの相方に女装男子を投入したりとこれまでの枠に収まらないところを見せている。もちろんバカップルどうしのコミカルなイチャラヴが依然多数派で読後感にそれほど変化はないにしても、こうしたチャレンジは漫画家としてもう一段ステップを上るための意欲的な取り組みとして高く評価したい。また以前は科白まわしが迂遠でお話運びも少々錯綜して感じられ、とくに長編だとそのへんが目立っていたのだけど、この新刊はオール読みきりで弱点が露呈しづらくなったのもプラス要素。
わずかな例外を除き1作品あたり20数ページ以上の充分なヴォリュームが確保され、濡れ場占有率も業界水準を上回っており股間の活用には最大限の配慮がなされている。主流派のビッグバスト女子は当然のこと、一部の並乳さんですらガッシリした恵体ぶりを誇るだけに、そのゴージャスボディが画面狭しと舞い踊り大量の液汁をまき散らしながらストロングファックにいそしむさまは壮観。とりわけ扇情的なトーンワークに彩られたリアル寄りのちんこまんこが派手に干戈を交え粘膜どうしねっとり絡みあう光景が読み手の勃起中枢をダイレクトドライヴ。派手派手しいエフェクトをバックに従えながら最後ドプドプ精液注がれ絶頂するエロメスどもの艶姿にぼくらの自慰表明もはかどりまくりだ。
行きずりの関係もすっかりできあがったカップルもいざ2人向かい合えばただちに実戦モード。女子たちムチツヤの肢体を景気よく押し広げてはたわわな乳房を愛撫されるがままにして早くも甘い吐息をもらしはじめる。弾力豊かなお肉の感触を楽しみながら徐々に指や舌先を下へ下へと這わせてゆけばそこはもう準備万端。すっかり待ちこがれ自分から腰を振って挿入をおねだりの彼女らのご要望にお応えし屹立した怒張をいきなりハードに抽送だ。ガツガツ奥を突き上げるたびお胸をブルンブルン揺らし日本語にならない咆吼を発しながらイキ狂うヒロインズの痴態にいっそう興奮。四方八方へハートマークをまき散らしながらしきりに膣内射精を懇願するドスケベ女子の子袋いっぱいに白くねばつく熱い飛沫を叩きつけフィニッシュ。
巨乳メガネっ娘連中との甘く激しいセックス絨毯爆撃という従来の芸風からあえて一歩踏み出し、裸眼ヒロインを続々登場させたり物語にひとひねり入れたりと作家としての引き出しが明らかに広がった成長の1冊。ギャグで流しつつもメガネ専科を貫けなかったことには忸怩たる思いもあるようではあるのだけど、この先もエロ漫画家として食っていくのならいずれ必要となる通過儀礼だと思うので、そこに躊躇せず歩みを進めた勇気をまずは称賛したい。選択肢としてはいっそうヴァラエティを豊かにするもよし、逆に初志貫徹で眼鏡っ娘オンリーに戻るもよし、この経験が糧となっていかようにも展開できるだろう。このたび収録の作品中では、人外ヒロイン+バッドエンドの異色作である以上になにより褐色ツノ少女のキュートなイキっぷりがマイちんこ直撃な「や○しい旦那さま」と、こちらは非メガネっ娘であること以外は典型的なばーるん印のウェルメイドなおバカラヴコメ「オモイコミ女×ナガサレ男」が私的最愛物件。

酔どれ列車、モスクワ発ペトゥシキ行

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/23購入。

-渡辺洋二「兵器たる翼」光人社NF文庫 ISBN:9784769830115
-佐藤信之「通勤電車のはなし」中公新書 ISBN:9784121024367

2017-05-21

本日の二次性徴。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-桜去ほとり「せっくすじゅーす」ワニマガジン社 ISBN:9784862694904
話○ 抜◎-○ 消小 総合○

激カワガールズ&レディースが全身全霊でストロングファックに没頭しては幾度となく大量のザーメンを膣内深くぶちまけられ昇天短編11本+巻末描きおろしショート1本。お顔はラヴリィなのに濡れ場では底なしの性欲を見せつけ派手派手しくイキまくるド淫乱ヒロインズが目白押しのこちらは記念すべき作者ファーストコミックスだ。なおペンネームはこの綴りで「さくらざりほとり」と読み下します。
ワニマガ謹製コンビニ誌系列のなかでは誌風も執筆陣の作画傾向ももっとも自分と合致する「COMIC快楽天BEAST」において、掲載頻度はそう高くないものの毎回どこか一本ネジの外れた漫画を投下していてずっと気になっていた人。その存在を認識してしばらくのち、この人の手がけた某ブラウザゲーのおっぱい駆逐艦本を購入したところとんでもなく抜けたのでさらに私的評価アップ。そんなわけでゆっくりではあるけれど商業誌のストックもたまりようやく初単行本リリースにこぎ着けたこの日をいまかいまかと待ちこがれていましたよ!
オーソドックスなアニメ/ゲーム風味の絵柄をベースに据えつつも快楽天系列の執筆陣としてはずいぶん萌えっぽくチューンされた非常にキュートなヴィジュアルが桜去ほとり最大の武器。描きおろしパートを除きすべて2013-17年にかけてのBEAST誌上掲載分を収録と執筆年代が若干ワイドゆえ作画の新旧差はハッキリわかる部類だが、最古のものでもテイストの方向性はあらかた固まっており違和感はさほどないはず。なお例によって版元公式サイト内のコミックス情報ページから内容サンプルが参照可能なので、桜去ほとり未体験の方は書店へ寄る前にそちらを確認するのが吉。
このおそろしくキャッチーな筆致でものされる女性陣はハイティーンから20代なかばの黄金世代。ただしそのルックスは明らかに幼く、学生はむろんのこと勤労女性ですらおっきな瞳にまるっこい輪郭という童顔まっしぐらの造形なので熟女スキーには速攻回れ右推奨。この人の薄い本などを見るに本来はJC/JK近辺のヒロインを描くのが得意なのをBEASTでは慎太郎シール誌特有の制約でやむなく年齢設定を引き上げている感じもするのだが如何。その一方でボディはむしろ歳相応以上のゴージャスぶりで、メロン級の特大バストに安産間違いなしのビッグなお尻、むっちりお肉の乗った頭身高めトルソという具合でありあどけない容貌とのギャップがいっそうきわ立ちナイスだ。
そして桜去ほとり作品のもうひとつ独創的な部分がそのエキセントリックなストーリー展開。いちおうベースとなるのはノーマルな1on1のラヴコメと言っていいと思うが、登場人物たち――とくにヒロインのどこかイカレた思考回路から物語がどんどんギャグ方向へ脱線してゆくのが特徴だ。その他キャラクターのマヌケ感あふれるネーミング(まるでハイスクール奇面組みたいなアレ)や、イチャラヴものの定石をおちょくるみたいなお話運びなど作者の悪ノリ具合を随所で堪能できる。このあたりは同じBEASTで活躍しやはり初単行本が出たばかりの牡丹もちととも少し近い雰囲気だけども、あちらが怒濤の画力とともに勢いで押しまくる感じとするなら、桜去ほとりはもう少しオフビートでギャグも脱力系のそれ。
大半が総量20ページ未満のコンパクトな造りでエロシーン支配率はきわ立って高い部類ではないものの、それをカヴァーしてありあまるのが女子連中の常軌を逸したドスケベ具合。JK/JDに弁護士や科学者にドッグブリーダーなど多種多様に取りそろえられた彼女らはこぞってセックスに超積極的で、おぼこい処女から百戦錬磨のヤリマンまで等しく怒張にガンガン腰を下ろしハードにまんこを使役しては大量に精液を搾取する。白目剥きアヘ顔こそないがハート目で淫語マシンガン連射し汗だく汁だくファックにいそしんではくり返し子宮の奥まで白濁を浴び絶頂の光景が読者の勃起中枢をダイレクトドライヴだ。加えてボルチオが激しく突き上げられ子袋の許容量いっぱいに精液が満ちるさまをヴィヴィッドに映し出す豊富な性器結合/射精断面図もチンピク度アップに効果的で、愛らしい萌えっ娘どもが日常見せる表情とはまったく異なる超絶はしたない痴態とのすさまじい落差に摩擦運動ははかどりっぱなし。
素朴な女学生から黒ギャルまで、恋する受付嬢やお堅い弁護士もいざ発情すれば即座に犯る気満々種つけ熱望モード。たわわな肢体をすぐさまオープンセサミしぷっくりまんこを男の目の前で見せつけて挿入をおねだりだ。辛抱たまらずゴリゴリねじこまれたシャフトをぬめる肉ヒダで熱烈歓迎の彼女もみずから腰を振りコンパクトな子宮の最深部で亀頭をムンズと受けとめる。目を見開き瞳の奥にハートマークを浮かべては下品にヨダレたれ流し日本語にならない咆吼を発しながら四肢を打ち震わせ呼吸を荒げるヒロインズの艶姿が淫猥でたまらない。2度3度と射精されるたび全身をのけぞらせ際限なく快楽をむさぼり尽くすエロメスどもにとどめの特濃ザーメンを卵巣まで届こうかという勢いで叩きつけようやく長きにわたる性の饗宴にもグランドフィナーレ。
パッと見の萌えティックな雰囲気からは想像もつかない疾風怒濤ストロングエロスが横溢する強烈なミスマッチぶりが唯一無二の存在感を放つ個性豊かなデビュー作。正直作画にはまだまだ稚拙な部分も見られ、また秀逸なネタ出しはともかくお話進行自体は少々ガチャついてはいるものの、童顔巨乳ヒロイン&膣内射精複数ラウンド大好物の俺にとっては趣味嗜好がフィットしまくりゆえすべて相殺ですよ。少しだけワガママを言えばBEAST本誌では禁じ手となっているこの作家得意のお下げ髪セーラー女子をもっとふんだんに読ませてもらいたいところだが、それは今回の描きおろしパートでいくらか不足分をおぎなってもらったのでよしとしよう。どの作品も包皮が発火するほどにしごかせてもらったけど、なかでも古文好き女子が同級生男子との数学勉強会でどんどん勝手にテンパってはガチファック突入の「ありをりハメり!」と、ド淫乱ロリ巨乳制服っ娘に日々射精管理され……と作者本来の欲望を全開した巻末描きおろし掌編「まみメモま!」がことのほかfeel so good。

ジャンボファイヤー炒飯

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/21購入。

-根雪れい「おかあさん(10さい)と僕。」宝島社 ISBN:9784800270559
-愛染五郎「大きい女の子は好きですか?(4)」竹書房 ISBN:9784801959354
-牛山隆信監修「地図にない駅」宝島社新書 ISBN:9784800264107
-「COMIC LO」2017年7月号

2017-05-20

燃ゆる希望にいのち生き 高き理想を胸に抱く

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/20借出。

-柳川悠二「永遠のPL学園」小学館 ISBN:9784093798907
-川島令三「全国電車事情大研究 北海道篇」草思社 ISBN:9784794222749
-松崎順一「新装版 70年代アナログ家電カタログ」青幻舎 ISBN:9784861526091

2017-05-19

今週の帝都電鉄。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-奈塚Q弥「中出しルーティン」エンジェル出版 ISBN:9784873067605
話△ 抜○ 消小 総合○

小さな温泉旅館を切り盛りする母娘それぞれが下衆な欲望の餌食となり前後編+寒村に残る忌まわしき風習の生贄として肉体をむさぼられるヒロインたち連作2本+独立短編5本。無邪気なJKも貞淑な人妻もこぞって豊満な肢体を押し開かれ淫蕩なメスの本性を無理やり引き出されては刹那的なセックスに没頭する容赦なき情欲曼荼羅を怒濤のごとく展開する作者最新刊は通算16冊めにして当社発の第7弾コミックスだ。
これまで大ブレイクというほどにバカ売れしたことこそないものの、持ち前の原稿量産力と的確なニーズ把握力とを武器にほぼ毎年複数の単行本をリリースしキッチリと数字も出す業界きってのワークホース。巻末著者あとがきによると今年ついにデビューから20周年とのことでまずはめでたい。自分はいつもデフォ買いというわけではなくたまに見送ることもあるので、昨年末にティーアイネットより上梓された前単行本「住人全員妊娠希望!? 女子寮管理人」は申しわけなくもスルーしており、当ブログで評価の俎上に載せるのは同じTIより2016年2月に刊行の前々作「乳奴隷」以来。またエンジェル出版作品としては2015年秋に出た「全身寝取り快楽」からおよそ1年半ぶりのお目見え。
その長大なキャリアが物語るとおり間違っても最新型とは言えないオーセンティックなアニメ/ゲーム系の絵柄はしかしながら妙な安心感もあったり。また時流と無縁というわけではなく適宜そのとき流行りのトレンドを取り入れたりして陳腐化を防ぐ配慮はさすがヴェテラン。収録作の初出を見ると2015-17年にかけ「エンジェル倶楽部」掲載の直近原稿ばかりゆえクオリティは折り紙つきなものの、おそらくは外注の表紙イラスト彩色の印象とはいささかギャップがあるかも。したがって奈塚Q弥初挑戦の方は版元公式web内のコミックス情報において内容の一部が立ち読みできるので、まずはそちらを確認したのち購入するか否かを判断しよう。
今回ぼくらの股間を慰安してくれるヒロイン連中は年のころハイティーンから子持ちママンまでなかなかにワイドレンジ。もっとも女子高生だってお顔や体躯はもはや大人のそれだし、逆に熟女さんもあどけないフェイスにハリのあるボディと設定年齢はあまり反映されていない様子。だからこそアダルト女子苦手の自分でも奈塚Q弥謹製の奥さまやママンが受容可能なのだけど。基本的に顔の造形は1種類ながら髪型や着衣の違いに細かく気を配りパッと見のヴァリエイションを確保するプロのお仕事だ。
ストーリーラインはTIでよくやるようなお気楽ハーレムとは一線を画し、エンクラの誌面に合わせたダーク含みの凌辱堕ちもの系が主体となる。同級生を酔わせて輪姦、幼稚園の保護者限定で乱交ツアーを開催、母娘それぞれ別の男に快楽堕ちさせられ、エンコーで荒稼ぎのJKにお仕置きファック、若い娘を田舎町の住人総出でレイプ孕ませ……と人の道から外れた鬼畜の行状目白押しだ。どの話もベッタベタの王道暗黒エロで物語的旨みは希薄なものの、そのぶん脳みそのリソースをムダ遣いせずお約束パターンを美味しくいただきながら気持ちよく自慰表明にひたれる仕掛け。
1作品あたりほぼ20ページ固定の少々タイトな容量ながら、物語パートをテンプレ進行としコンパクトに押しこめたことで濡れ場にはたっぷりスペースを確保。おおむね夫や恋人以外の野郎どもにボディを蹂躙される強要セックス一本やりとはいえ比較的早く女子連中がちんこパワーに屈し肉欲のとりことなるので良くも悪くもそれほど悲壮感がないのが特徴といえようか。またオハナシの都合上大勢の男に各話ヒロインが慰みものにされる展開が多いので、二本差し/三本差しプレイを希求する向きにはより好適。加えて愛してもいない男に容赦なく子宮の奥まで妊娠確定の特濃孕ませ汁を仕込まれるシチュが圧倒的多数ゆえ、女たちのいちばん大切なものを奪い取り我がものとする征服願望を十全に満たしてくれることだろう。
逃げ道をふさがれ連絡手段を絶たれて孤立した空間にひとり留め置かれた彼女たちはやがて闖入者たちの手で乱暴に肢体をかき抱かれ四肢の自由を奪われながらなすすべなく蜜壷へ屹立する怒張の侵入を許すのみ。一方的に腰を押しつけられビッグバストを揉みしだかれながら次々に男根をねじこまれいろんな穴をそれらでふさがれて全身汗とよだれと愛液まみれ。執拗にストロークをくり返され幾度となく精を放たれるうちヒロインの苦痛と絶望に彩られた表情はいつしか諦念に満ちたそれへと変化してゆく。やがてすべての救済を断念し目の前の快楽にのみ身をゆだねて女たちは1匹のメスへと戻り、またしてもザーメンの奔流を大量に注ぎこまれてはケダモノのごとく咆吼するのだ。
現在主戦場とする2つの出版社それぞれの要請に応えライト/ダーク対照的なコントラストを見せるこの作家の、今回はほの暗い部分が色濃く浮き彫りにされた作品。ただヒロインを徹底的に追い詰めることはせず彼女らは基本快楽堕ちするので読後感はそんなに悪くなく、ひたすら肉欲におぼれあられもない姿をさらす女子連中の痴態を楽しむという合目的的なツールとして比較的広い層にアピールするはず。あと作品評価とは直接関係ないけど、どこかの作品で見たような娘がいたり露骨に私鉄沿線なネーミングだったりするのも奈塚Q弥ならではの味わいとして古くからのファンとしては楽しく読んだ。このたび収録の物語たちのなかでは、集団レイプものとはいえわりかしコミカルな展開の水泳部長女子酔姦連続中田氏「あせだくっ!! 水泳部」と、こっちは清楚なヒロインが問答無用監禁輪姦種つけ三昧の「因習・蔵」の女子高生ネタ2本がマイフェイヴァリット。

んがんん

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/19購入。

-M・バルガス=リョサ「楽園への道」河出文庫 ISBN:9784309464411
-大西康之「東芝解体 電機メーカーが消える日」講談社現代新書 ISBN:9784062884266

2017-05-18

ふられ気分でRock'n' Roll

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/18購入。

-I・カルヴィーノ「まっぷたつの子爵」岩波文庫 ISBN:9784003270967
-M・モラスキー「戦後日本のジャズ文化」岩波現代文庫 ISBN:9784006033057
-T・クーパー/F・ビショップ「イラン空軍のF-14トムキャット飛行隊」大日本絵画 ISBN:9784499231855

2017-05-15

つまり馬鹿な今日を生きる そして見事に夜を眠る

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/15購入。

-高橋呉郎「週刊誌風雲録」ちくま文庫 ISBN:9784480434432
-齋藤嘉臣「ジャズ・アンバサダーズ」講談社選書メチエ ISBN:9784062586528
-「コミックアンリアル」2017年6月号
-「comicアンスリウム」2017年6月号
-「COMIC快楽天BEAST」2017年6月号

2017-05-14

Die In Cries

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/14借出。

-唐戸俊一郎「地球はなぜ「水の惑星」なのか」講談社ブルーバックス ISBN:9784065020081
-長谷川英夫「絵でわかる寄生虫の世界」講談社 ISBN:9784061547711
-大舘勝治/宮本八惠子「いまに伝える 農家のモノ・人の生活館」柏書房 ISBN:9784760125838
-福津京子「札幌人図鑑」北海道新聞社 ISBN:9784894538573
-G・ラッセル「失われた宗教を生きる人々」亜紀書房 ISBN:9784750514444

2017-05-12

おひっこし

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/12借出。

-金成隆一「ルポ トランプ王国」岩波新書 ISBN:9784004316442
-臺丸谷政志「日本刀の科学」サイエンス・アイ新書 ISBN:9784797381573
-樫尾幸雄「電卓四兄弟」中央公論新社 ISBN:9784120049699
-岡田昌彰「日本の砿都」創元社 ISBN:9784422701110
-對馬好一/橋本一朗「国鉄蒸気機関車 最終章」洋泉社 ISBN:9784800310873
-ヨシムラヒロム「美大生図鑑」飛鳥新社 ISBN:9784864105439
-臼井隆一郎「アウシュヴィッツのコーヒー」石風社 ISBN:9784883442690
-秋篠宮文仁/緒方喜雄/森誠一編「ナマズの博覧誌」誠文堂新光社 ISBN:9784416114544
-平成ボトル倶楽部監修「日本のレトロびん」グラフィック社 ISBN:9784766130034

6月の新刊チェック。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
ソースはここ。

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_adult&group=label&term=month&date=201706&view=LIST&count=all(成年向け)

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_all&group=label&term=month&date=201706&view=LIST&count=all(コミック全般)


確定:アスヒロ・飴沢狛・鈴玉レンリ・Noise・藤坂リリック

師範代:いのまる・神宮小川・木村寧都・ぐりえるも

ってなとこ。

デフォ買い/新規ともバランスよく新刊がそろった。なかでも安定のロリ巨乳銘柄たるNoiseとょぅι゙ょ絶品イキ顔百面相でおなじみな藤坂リリックのLO勢がことのほか楽しみ。
非エロの方は若干弱含みかなーというラインナップだけど、「七帝柔道記(4)」、「ど根性ガエルの娘(3)」、「球詠(2)」っちゅーあたりを確保で。

2017-05-10

本年度のシーソーゲーム。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-コア助「人妻な僕のヨメ」竹書房 ISBN:9784801959347
話○ 抜△ 消大 総合△

貞淑な御内儀たちが良人以外のモノをおずおず受け入れ背徳の悦びに熟れた肉体を熱くたぎらせて短編全8本。マークなし。既婚者とは思えない激カワ奥さま連中を美味しく頂戴のすばらしすぎるシチュエイションを多種多様な趣向のもとお届けする作者最新単行本は抜き物件としての通算5冊めにしてnot18禁扱いとしての第4弾、そして当レーベル発の2ndコミックスだ。
その存在を最初に知ったころはまだ成年マークつきの雑誌を舞台に活動していたこの人、ゼロ年代末あたりからは本拠地をライトエロに移し以後はそれ系の出版社をいくつか股にかけながらの執筆を行っている。自分はもっぱらガチ黄色い楕円媒体ばかりを追いかけているのでどうしても慎太郎シール誌メインの漫画家への目配りがおろそかになるのだけど、そんななか変わらずその動向に注目し続けている数少ない作家ゆえ本作リリースも待ちこがれておりましたよ。なお版元公式サイトの新刊情報ページで書誌データや各通販サイト(その先ではkindle版の購入も可能)の案内がなされているので、書店へ直行する前にまずチェックしておくべし。
同じ竹書房から2015年末に上梓された前単行本「人妻な彼女」からおよそ1年半を経過してのこの新刊、前作発売後に当社刊行のライトエロ誌「ナマイキッ!」に掲載の直近作ばかりを収録ゆえコア助特有のキャッチー&シルキーな筆致も品質は高い水準で安定。一般青年誌系の端整なタッチを基調に据えた破綻のない造形に加え、モノクロ原稿における、はったい粉をパッと掃いたようなお肌のきめ細かな質感がまいどマーヴェラスだ。
この滑らかなヴィジュアルでものされる女性陣はタイトルどおりの妖艶マダム特盛り状態。とはいえこの人の描く奥さま連中はクリッと大きな瞳にほどよい愛らしさをブレンドした造作のカワイイ人妻ばかりで、俺みたくハッキリと熟女苦手を公言する人間でもずっとこの作家のプロダクトを買い続けているくらいに魅力的だ。設定年齢は20代中盤から最高アラフォー近辺とかなり上方向に偏っていてもルックス的にはみなさん若々しくてたいへんよろしい。一方でボディの方はお歳相応の完熟ダイナマイツであり、わずかに崩れかけの兆候が見えるえっちなお肉のつき方がなんとも辛抱たまりませんね!
このたびくり広げられる物語たちははいずれも現代日本を舞台のきわめてドメスティックなタイマンエロスの殿堂。シチュを図式化すれば各回の男性主人公が該当話ヒロインたる旦那持ちの人妻と紆余曲折ありつつなんだかイイ雰囲気になって彼女らの熟れきった蜜壷をおのが怒張でゴチになり……という全男子垂涎なタナボタラヴの連鎖だ。しかしながらコア助はそこへ至るまでのプロセスに工夫をこらし全編通しても読み飽きないよう細やかな配慮を見せる。上司だのナースだの入居人だの奥さまたちの属性をダブりなくバラけさせ、初対面時の親密度から会話の弾み具合まで差異を設けながらも最終的にみなハッピーにガッツリファックへと到達する緩急自在の進行に導かれて読後ほのかな興奮とたしかな心の安寧を得て読み手も大満足という、これぞライトエロ作品としての模範解答だ。
雑誌初出後は非成年扱いでの単行本化を前提とする純粋ライトエロを最後までこの業界で貫いている竹書房物件だけに、濡れ場密度は率直に言って高くなく性器もほとんど見えない状態。ゆえにこれ単品でちんこのお供とするには少々心もとないのだけど、コア助謹製の絶品美おっぱい描写&魅惑のトロ顔百面相でどうにか相殺というところ。出てくる女子みな人妻らしからぬ可愛さを存分に見せつけつつも濡れ場ではお歳相応の熟達ぶりをアピールし年下男子の暴走する欲望を完璧にコントロールだ。包容力豊かなムッチリボディに埋もれつつだらしないラインの巨尻をむんずと抱えこみハードに腰を使いながら完熟まんこのいちばん奥まで猛り狂うヤングな白濁をたっぷりとプレゼント。
ストロングセックス至上主義の当ブログではどうしてもマークなし作品への採点が辛くなり非常に申しわけない次第。しかしながらその大ハンディを背負ってなおレヴュウせずにはおれない吸引力をコア助漫画は有しているし毎回記事にするのもまさにその証ということでどうかご寛恕を。いずれにせよ人妻属性かつ明朗快活ラヴコメスキーには迷うことなくオススメしたい1冊だ。個性豊かでエロっちい奥さま連中いずれもたいそうキュートだったけど、なかでも高身長ショートヘア爆乳元気系ママさんバレー女子という私的経絡秘孔突かれまくりな「大きい人妻は好きですか?」主演女優の園川(そのかわ)さんと、火事で焼け出された叔父夫婦と急きょ同居の大学生主人公が毎日ドキドキの「無口妻は肉食系」に登場するフェロモンダダ漏れドスケベワイフ・佐緖里(さおり)さんが今作中の私的2トップ。

教壇のポラリス

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/10購入。

-鴨鍋かもつ「魔王の秘書(1)」泰文堂 ISBN:9784803010138
-水瀬るるう「大家さんは思春期!(7)」芳文社 ISBN:9784832255869
-トイシキ「でっかいんちょ(2)」芳文社 ISBN:9784832255883
-石橋孝夫「超駆逐艦 標的艦 航空機搭載艦」光人社NF文庫 ISBN:9784769830061
-首都圏鉄道路線研究会「駅格差」SB新書 ISBN:9784797390223

2017-05-09

今夜の十勝おはぎ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-牡丹もちと「学校でイこう!」ワニマガジン社 ISBN:9784862694874
話○ 抜○-△ 消小 総合○

クラスの人気者巨乳女子と彼女になにかとイジられる根暗メガネ男子とのハイテンション熱烈ラヴ本編/友人たちも熱気にあてられガチファック続編&全員呼び出し食らって巻末描きおろしショート+独立短編9本。華麗かつダイナミックな筆致でもって性春弾ける全力バカギャグエロスを読者の脳裡に叩きこむ壮絶なギャップがなんともシュールな作者これが記念すべきファーストコミックスだ。なお今回は本来GW突入前に発売の本を遅延レヴュウしていることをあらかじめおわびしておく。それとペンネームはこの綴りで「ぼたもちと」と発音すればよろしいようだ。
時代の最先端をゆく絵柄の執筆陣ばかりを取りそろえる業界のトレンド・リーダーたる快楽天系列各誌のなかでもひときわいま風のタッチな執筆陣がそろうのが「COMIC快楽天BEAST」。そんな誌風を反映しBEAST発のニューカマーたるこの人も見るからにキャッチーな絵ヅラだ。しかしながらいざページを手繰りはじめてみればいきなりはじまる奇怪な雰囲気に驚くこと請け合い。
先に触れたように2017年現在のエロ漫画シーンにあって流行ド真ん中を突っ走るブリリアントな筆致が牡丹もちと最大の特色だ。普遍的なアニメ/ゲーム系の絵柄をベースにシャープネスとオサレ感をふんだんにブレンドした派手派手しいヴィジュアルは万人を惹きつけずにはおれない。事実早いうちから掲載誌の表紙イラストを任されたりもしてその華やかさには定評のあるところ。2015年から直近までのBEAST執筆分を収録と新しめの原稿ばかりでクオリティも高値安定だ。ワニマガ単行本でいつもそうであるように版元公式サイト内のコミックス情報ページでサンプル画像および各ショップ購入特典の確認が可能なので、作者に関する予備知識のない方はまず一瞥を。
このたび登場の女性陣はハイティーンから20代中盤附近のゴールデンエイジ。制服JKに女教師さん、看護師やキャリアウーマンなど定番どころをひととおり取りそろえ(まあ宇宙人なんて変化球も投入してますが)。すっかり巨乳ヒロインの殿堂と化した快楽天系列出身とくれば当然のごとく描かれるのは頭身高めボンキュッボンのモデル顔負けグラマラス体型女子ばかりで、着衣ではとうてい隠しきれない特大ヴォリュームの双丘が魅惑のトーンワークに彩られながら激しく自己主張するさまは壮観。とはいえ顔パーツの配置はリアル寄りなのにフェイス全体としてはどことなくあどけない感じに見えるのがちょっと不思議。あと抜きとは直接関係のない話だが、こういう絵柄の作家だとたいてい相方たる野郎側は健全安全無個性タイプになりがちなところ、むやみに性格描写が濃かったり性癖に変な味つけがなされていたり独特の存在感を放っているのが興味深い点だ。
そしてなんといっても牡丹もちとの独自性が最大限に発揮されるのがそのストーリー面。物語全体のトーンとしてはオーソドックスなラヴコメ基調なのだが、キャラクターたちがみなテンションド高めで異様に空回ったりリミッターなしに暴走する人格の持ち主が男女ともえらく多いのだ。普遍的なイチャラヴでさえむやみに浮かれはしゃぐ彼ら彼女らの高揚ぶりが暑苦しいほどに伝わるのに、一部あるギャグテイストの作品では悪ノリぶりが制御不能になるレヴェルでもはや実用性を阻害しかねないほど。たとえば無防備な富豪若妻が行きつけの自動車整備工場で働く青年とアヴァンチュールをくり広げる「人妻MIDNIGHT」では濡れ場のエロワードすべてが自動車用語に置き換えられ(おっぱいはエアバッグだし精液はガソリンですよw)、ボンクラ美術部員連中の口車に乗せられ顧問女教師が彼らと乱交突入の「ダ・ヴィチン・コード」だとそれがアート関係の語彙に成り代わるといった具合。いずれも最終的にはさわやかにオチがつき恋愛ものとしてきちんと収束するとはいえ、こんなアホまる出しのネームを押しこんだ作者もそれを通した編集もたいしたもの。
1本あたり平均20ページ弱とそんなに余裕のない分量ながらエロシーン密度は意外と高く(しかも前述のバカ話三昧をやりつつである)、牡丹もちと特有のむやみにゴージャスな作画のアシストもあり使い勝手は良好だ。コッテリ濃厚なトーンのお肌にたっぷりまぶされるテラテラの体液がはじけ飛びながら汗だく汁だくファックにいそしむヒロインズはハート目で淫語マシンガン連射とまことに猥褻でよろしい。ちちしりまんこをことさら強調するアングルをこれでもかと多用し擬音やアヘ声の奔流がにぎやかに行き交うムチャクチャ情報量の多い画面が読み手の勃起中枢を効果的にドライヴ。
人の話を聞かないテンパリ娘と全力で勘違いしまくりの暴走野郎とのラヴ・アフェアはほほえましくもひたすらアホ全開。愛の言葉を交わすのも超高BPMでせわしなく豪華絢爛ボディへダイヴインしもちもちお肌の間食を堪能しながら即座にいきり立つ怒張を蜜壷めがけロックオン。たわわなビッグバストの谷間に顔をうずめつつ下腹部は粘膜どうしの真剣勝負にいそしむのだ。タイトに抱き合い激しく腰を使うたびトロトロのイキ顔さらし四方八方へハートマークをまき散らしのぼりつめてゆく彼女のドスケベまんこの最深部へ白くねばつく飛沫を怒濤のごとく叩きつけようやく長きにわたる性の饗宴もフィナーレ。
2017年最新型のタッチでとびきりキュートなおっぱい女子てんこ盛りという部分までは他のワニマガ作家陣と共通ながら、物語パートでの途方もないハジけぶりと湯水のごとくわき出るバカアイディアの奔流とが唯一無二の個性を発揮。どのオハナシも相当な割合でギャグが乗っかっているのでエロにお笑い要素が入るのを嫌う方には不向きだが、そのへんに耐性があるのならちんこのお供として過不足ない働きをしてくれる。ちなみに自分が一部抜き評価をダウンさせたのはそこがネックだったのではなく、最後外出しで終わっちゃうオハナシがいくつかあって膣内射精原理主義者たる俺としては慟哭せざるを得なかったがゆえ。このへんはよほどの必然性がなければすなおに中田氏エンドにしてもらいたかったところだなあ。ともあれ快楽天BEAST物件としてはきわ立って個性的なのは間違いないのでいちどは体験してみることを強くオススメ。このたび収録のものでは、すべての単語をカー用品がらみのネタに置き換えた科白まわしのキテレツ具合に雑誌掲載時から笑い転げた「人妻MIDNIGHT」がネタ的に、関西弁巫女っ娘が自分ちの神社へ参詣に来た童貞柔道野郎と妙ちくりんな勘違いの末なぜか結ばれて……の「八つ袴村」が息子の慰安的にマイフェイヴァリット。

妻との修復

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/9購入。

-嵐山光三郎「新廃線紀行」光文社文庫 ISBN:9784334774431
-林鍾国「親日派」御茶の水書房 ISBN:9784275014757
-「スラッガー2017年6月号増刊 2017MLBプレーヤーズ・データファイル」

2017-05-07

今晩の教養小説。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-ZUKI樹「ひどいことしないで」ティーアイネット ISBN:9784887746503
話○ 抜○ 消小 総合○

親友同士のJC2人はともに痴漢の手で純潔を散らされやがて電車以外の場所でも凌辱の限りを尽くされて前中後編+美術部男子のためヌードモデルを買って出た級友女子2名は現場を教師連中に押さえられ強姦輪姦フルコース中編3話+独立短編1本。悪意と欲望の生贄として華奢な体躯を無慈悲に蹂躙され未発達な蜜壷へ遠慮会釈なく精液を注がれ悶絶する少女たちの凄惨きわまりない受難劇をノンストップでお届けの作者最新刊は成年マーク指定物件としての9thコミックスだ。なおエグい内容のせいかいきなり某密林では取り扱いがなくなっているようなので、本作の書誌情報リンクはまんが王のサイトへ。
決してデフォ買い作家ではないけれどこの人のことはキャリアの比較的早い時期からその存在を認識していて、ガチエロ漫画のほか一般誌で描いた作品などもちょくちょくゲットしていた。ただ昨今は自分の観測範囲であまり見かけることがなくなってしばらく購入もごぶさたであり、当ブログで評価の俎上に載せるのは2013年に同じTIより刊行の「媚薬ガ私ヲ牝ニスル」以来とじつに3年半以上のインターヴァルが空いてしまいまことに申しわけなく。そんなわけでZUKI樹作品とは久しぶりの邂逅となるのだけど……なんだか以前に記憶してたのとえらくノリが違うぞ!
まずは昔の印象から変化のない部分を先に列挙すれば、この人特有のドライでシャープな描線から生み出される硬質のタッチはあいかわらずオリジンな味わい。いまのエロ漫画シーンの主流からはだいぶ外れているし一般誌で見かけたときもずいぶんソリッドなその筆致は少々浮きぎみだったけど、それゆえにいちど脳裡に焼きついたら2度と離れない抜群の存在感だ。なおティーアイネットの単行本としてはめずらしく収録作品の初出媒体と執筆時期がきちんと記されているのだけど、それによればすべて2016年以降の「COMIC夢幻転生」掲載分と最新のプロダクトばかりゆえ表紙とも完全互換の絵ヅラ。むろんここの本はすべて公式web内の著者別情報ページでサンプル画像の確認および1話立ち読みが可能なので、あわてて本屋へおもむく前に要チェック。
とまあ従来どおりの点もあったのだけど読み進むうちまず「えっ?」と思ったのが、どのお話でも登場ヒロインたちがえらく若返っていたこと。以前はTIのほかライトエロ誌でも描いていたという事情もあるとはいえ10代後半から20代なかばあたりのおっぱい女子メインだったのが、この作品ではどっちを向いても貧乳っ娘ばかり。付随して彼女らのお歳もロウ~ミドルティーン専科となり、ZUKI樹謹製のグラマラスガールズ&レディースをお好みの方には不向きになってしまった。とはいえこの人の鋭利な筆致は育ちかけ少女の若干ゴツゴツした肢体を描くのにも意外とマッチしていて、これはこれで大いにアリですよ。
そして女の子の年齢設定以上にビックリしたのがこのたび全編にわたりくり広げられるダークネス炸裂の救いレスな凌辱地獄絵巻。これも以前なら真摯ななかにもハートウォームな恋愛模様だったり突飛なアイディアや変態的なシチュを続々投入しながらも最後は口当たりよく収束する軽妙エロコメが芸風だと思ったのだが、まさかこんな問答無用のレイプ調教おしおき満漢全席に変貌しているとは。非エロの方なんか楽しく読ませつつちょっと泣かせるほのぼの家族ネタなどを手がけていただけに、そっちから入門した新規のZUKI樹ファンは酸鼻を極める人権蹂躙劇の連鎖を前にして卒倒すること必至。それプラスどのお話も野郎サイドがことごとく弁護不可能な正真正銘100%クズなのもいっそう凄惨さを増す要因で、犯罪を暴露され逆上した痴漢は陰湿な復讐のあげく少女拘束調教肉便器化を遂行し、空き巣に入った泥棒は首尾よく姉妹セットでレイプ中田氏、悪徳教師たちは盗撮画像をネタに女生徒2名を強請りダブルで教え子まんこご開帳、当初被害者だったはずの男子生徒は後年りっぱな性犯罪者と化し……と誰をとっても強姦魔のオンパレード。少し調べたところテイストが激変したのはこちらでは未レヴュウの当社前単行本「もう、やめてぇ!」(2015年刊)からのようで、いきなりの路線変更のいきさつはわからないけどエロ漫画を長年読みつけていてこれだけ作風が覆ったのを目撃したのは久しぶりだ。
ちんまい体躯を大人の強大な力で拘束されろくに愛撫もせずに前人未踏のちびっ娘まんこをゴリゴリ剛直で貫かれる無残な光景をZUKI樹はカメラ・アイで冷徹にスケッチ。犯される側の少女たちがみなお歳のわりに発育がよろしくないこともあってゴツい大人のレイプマン連中との体格差がいっそうきわ立ち犯罪臭もマシマシですよ。物語傾向はともかく昔から濡れ場はSMやら異種姦やらハードめの特殊プレイが多かっただけにそれらが強姦調教風味になったところで作劇面ほどショックは大きくないとはいえ、やはり女の子が始終いやがり異物挿入に阿鼻叫喚の嗚咽をまき散らしては遠慮会釈なく射精され続け人事不省におちいるさまは痛々しく哀れを誘うのだ。ヒロインの年齢層がグッと下がっただけによけい日常パートで純真無垢な笑顔を見せる彼女たちが尽き果てぬ凌辱の日々に涙も涸れ果てたのち浮かびあがる暗黒に塗りこめられた絶望の表情が読み手の心にグサグサと突き刺さる。
突然の闖入者になすすべなく自由を奪われ、あるいは信じていた大人に裏切られて、希望に満ちた青春を送っていたはずの乙女たちは苦痛と絶望のさなか情欲の畜生道へと一直線。着衣を剥かれいまだ第二次性徴の兆しもないおこちゃまボディを好きでもない男の前で開かされる屈辱に涙するのだ。全身をまさぐられ秘所を乱暴になぶられたのちいきり立つ怒張を容赦なくねじこまれヒイヒイ金切り声を発しては落涙し歯ぎしりして未曾有の苦しみに身をよじらせる。破瓜の血を流し結合部の粘膜は悲鳴をあげるなかなおも執拗に膣内を暴れん棒が出入りして脳を灼く衝撃にヒロインズ失神寸前。カッと瞳を見開き断末魔のごとく嗚咽する少女のコンパクトな子宮めがけザーメンの奔流を2度3度4度とお見舞いだ。
単行本タイトルとは裏腹にどこからページをめくっても女の子がひどいことばかりされている、まさにこれ全編ヒロイン生き地獄。行為内容は当然のこと、ストーリーも安直な救済などいっさい拒否し勧悪懲善100%バッドエンドぞろいの徹底ぶりがいっそ清々しい。ここまで一方向へ振り切った仕様だとハッキリ読み手を選んでしまうが、それゆえに好事家にとっては禁じられた欲望を紙の上だけでも存分に解き放ちこのうえない至福の時を過ごせるはずだ。収録作いずれも読後の胸糞気分間違いなしの1冊、なかでも悪辣非道な痴漢の手で次々に犯され凌辱の限りを尽くされる少女2名の惨状と裏切りの悲劇をヴィヴィッドに描き出す冒頭連作「Please don't touch me.」のエグい展開/やるせない結末には慄然とさせられましたよ。

伊賀野カバ丸

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/7借出。

-澤康臣「グローバル・ジャーナリズム」岩波新書 ISBN:9784004316534
-渡部謙一/佐伯茂樹/松本たか子/生乃久法「おもしろ吹奏楽事典」ヤマハミュージックメディア ISBN:9784636941838
-吉丸雄哉/山田雄司編「忍者の誕生」勉誠出版 ISBN:9784585221517
-「ニュートン別冊 最新 太陽系大図鑑」ニュートンプレス ISBN:9784315520613

2017-05-05

Conversion à l'islam

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/5購入。

-濱田浩輔「はねバド!(10)」講談社 ISBN:9784063882544
-M・ウエルベック「服従」河出文庫 ISBN:9784309464404
-山崎雅弘「「天皇機関説」事件」集英社新書 ISBN:9784087208788
-「Sports Graphic Number」926号

2017-05-04

今週のちびっこギャング。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-こりす「かよわき小さな獲物」三和出版 ISBN:9784776991069
話△ 抜○ 消小 総合○

人違いから強姦され毎日犯される少女はやがてセックスの最中にだけ安らぎを覚えるようになり……本編&巻頭フルカラー後日談+独立短編7本。萌えまっしぐらなタッチでもってキュートネス炸裂のあどけないちびっ娘たちが無残に純潔を散らされ赤飯前まんこに容赦なく精液注がれ放題の壮絶な光景を詳細描写の作者最新刊はトータル4冊めのコミックスにしてこの出版社からの初お目見えだ。
自社の看板雑誌「コミックマショウ」執筆陣以外の作家にも積極的に声をかけ、同人作品を商業単行本化することでラインナップを拡充する攻めの戦略をここ1、2年ほどから展開しているのがこの三和出版。同業他社でも似たようなコンセプトを実施しているところがいくつかあるなかで2匹目/3匹目のドジョウに参戦したということはそれなりに旨味のある商売なのだろう。まあ出版社の思惑はともかく大都市圏以外では購入に大きなハンディのある薄い本が比較的入手しやすい流通ルートに乗るのは僻地在住者としては単純にありがたいところ。そんなわけでこちらも商業誌掲載分ではなくオリジナル同人にISBNコードをつけて売り出したって寸法ですね。
今年2月に海王社より前作「快楽をむさぼるだけの行為」が出たばかりだというのに早くも単行本リリースにこぎ着けたのはそうした事情により原稿をイチからそろえる手間が省けるから。といってもその「快楽をむさぼるだけの行為」だって版元が違うだけでやはり同人再録なのだけれど。往年の萌えエロゲーを彷彿とさせるラヴリィな萌え系の絵柄は早い時期から確立しており、収録作の初出時期はわからないが全編通じてクオリティは高値安定。この種の物件の常で本作も出版社サイドから商品詳細ページが提供されそちらでサンプル画像が参照可能なので、こりす初体験の方はまずそちらを吟味したのち購入可否判断を。
薄い本の総集編という点では共通する前作とこの新刊との最大の相違点は、コミックス表題が示唆するように登場ヒロインの年齢とバストサイズ。ミドル~ハイティーン中心で巨乳専科の前単行本に対し、こちらはそのほとんどがランドセル世代でお胸はフルフラットからせいぜい甘食クラスのささやかな双丘だ。一部のちうがくせいでさえお歳のわりに発育のよろしくない華奢なボディであり、つるぺた大好きっ漢の琴線を的確に突いてくる。個人的には露骨なくらい童顔巨乳な前作の路線の方が好みなのだけど、この人のエロゲー直系な絵柄でものされる瞳おっきめロリっ娘の持つ悪魔的な吸引力にはなかなか抗いがたいのですよ。
一方で物語傾向は2つの単行本で重なる部分が多く、その多くは問答無用ガチ凌辱系。公衆便所へ連れこまれレイプ、満員電車でバックから挿入、幼女を口先巧みにだましおしゃぶりさせたのち本番、不良どもの性のはけ口に利用され……と次々ょぅι゙ょを襲う受難劇に読んでるぼくらも義憤に駆られつつ股間の昂ぶりは隠しようもないですね! いずれも薄い本に特有なワン・アイディア即実践タイプのインスタントな造りで物語的コクは希薄だが、ちんこの活用的にはよけいな夾雑物がないぶん使い勝手良好だ。なお口直し的に数本コミカルな合意エロを載せているのも「快楽をむさぼるだけの行為」と類似する点で、そのへんを適切な配慮と感じるか無用なおせっかいと取るか人によって見解は分かれるかも知れない。
わずか数ページの掌編から同人としては大作な30ページ超えのお話まで作品の分量はバラバラだが、いずれも濡れ場オリエンテッドな構成でエロシーン占有率はかなり高め。ぷにぷに愛らしい作画なのに行為はハード志向で、とりわけ性器結合場面の多用とそれらをえげつないほどに強調するアクロバティックな構図の横溢がいっそう読み手の勃起中枢を励起せしめる。まだ初潮も来てないような少女が執拗に膣内を貫かれ幾度となく射精をくり返されるうち意に反して身体が快感を覚えてしまいその衝動に小さな体躯を打ち震わせる光景で自慰表明もはかどりまくりだ。
悪い大人の強大な力に小学生のちんまい肢体はあっけなく押さえこまれ、人気のないところへ追い詰められていきなり下腹部をご開帳されてしまう。滑らかなスリットをグリグリ押されその裂け目に指先が侵入してくるのと同時に華奢なボディをビクンと固くしいまにも泣きそうな表情を浮かべる姿がいっそう嗜虐心を刺戟。抵抗などおかまいなく強引に欲棒をねじこみ前人未踏の粘膜をこすり合わせては白くねばつく液体を幼い子宮へ連続射出だ。幾たびも熱い飛沫を胎内で受けとめるうち強引に快楽に目覚めさせられまだしちゃいけないオンナのイキ顔を見せつけながら初めての絶頂を迎えんとする彼女のちびっ娘まんこの最深部へとどめの特濃ザーメンをプレゼント。
こりすヒロインでは断然貧乳より巨乳派の俺はじつを言うと当初この新刊を買うつもりはなかったのだけど、書店で見本をパラパラしているうちつい愚息のたぎりを抑えきれずレジへ向かってしまった。そりゃおっぱい女子ぞろいの前作に対し実用度は一歩を譲るとはいえ、この人の描く極上萌えっ娘がなすすべなく犯され恐怖と快感の奇妙に入り交じった表情をさらけ出しながら膣内射精され放題のワンダフルな情景を見せつけられれば辛抱しきれるものではない。いずれ本格的に商業誌復帰をしてもらいたいのが本音だけどまずはしばらくの寂寥感を今年の2冊の単行本でいくらかは解消でき感謝。このたび収録の作品群では、おそらく自分のこりすファーストコンタクトであり同人購入時から怒濤のごとく使いまくった、混浴露天風呂でちびっ娘JCと出会って即ファックの「温泉少女H」と、こちらは完全に初見である、治安の悪い街でヒロインが地元DQNの餌食となりランドセル背負ったままガッツリ膣内射精され「KS市の女の子の話」がフェイヴァリット物件。

ネウロイになってハルトマン中尉にデュアルコア破壊され隊結成・解散

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/4購入。

-珈琲「のぼる小寺さん(4)」講談社 ISBN:9784063882568
-迂闊「日々是平坦(1)」白泉社 ISBN:9784592711179
-「艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 十四」角川書店 ISBN:9784041055595

2017-05-03

今宵の北町奉行。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-サエモン「イロンナ カンケイ」ワニマガジン社 ISBN:9784862694843
話○ 抜○ 消小 総合○

亡き恩師の娘を引き取り育てた主人公は美しく成長した彼女の積極果敢なアプローチに無条件降伏本編&描きおろしアフターストーリー+独立短編10本。極上激カワ巨乳ガールズが最愛の人の前でだけビッグバストを振り乱しはしたなくトロ顔さらけ出しながらたっぷり膣内射精され絶頂のすばらしすぎる光景を読者の脳裡へマシンガン連射の作者これが記念すべきファーストコミックスだ。
快楽天系列各誌のなかで唯一自分が定期購読していないのが「COMIC失楽天」なのだけど、誌面の傾向がもう少し私的嗜好にフィットしおのれの経済力が追いつくのならほんとは毎月買いたいくらい充実の作家陣がそろっている。そんな同誌から飛び出してきた期待のニューフェイスがまたひとり。と言ってもググってみるとまっさらの新人というよりは辣腕のワニマガ編集がすでに同人などで大活躍の有望株を青田買いというおなじみの情景のようだ。なお版元提供の単行本情報ページおよび著者公式サイト内の発売告知記事で収録作一覧や内容サンプル、さらには各ショップ購入特典の案内がなされているので、あわてて書店へ駆けこむ前にまずは一読を。
いつもその時点でもっとも旬な絵柄の作家を起用するのが得意なワニの例にもれず、この人もオーソドックスなアニメ/ゲーム系のタッチを基調に据えつつ業界のトレンドを適宜取り入れた2017年最新型のヴィジュアルだ。駆け出しの漫画家とは思えないほど洗練された描線に破綻のないデッサンは収録作中もっとも古い2014年掲載分ですら早くもほぼ完成形で、全編通じ作画クオリティは恐ろしく安定。最初からこれだけデキがよろしいと別分野でずっとお仕事してたとかアマチュア時代からの膨大なキャリアありの方だとかとつい疑ってしまいますね。
この洗練された筆致から生み出される女性陣は制服ハイティーンを中心に上方向数名をプラスというエロ漫画愛好家層の最大公約数的ニーズを的確に突いてくる構成。むろん昨今ことさらデカチチ推しなワニマガ勢ゆえこの人も滑らかなおわん型のビッグな双丘を全ヒロインに標準装備だ。それもほとんどのキャラがお顔を凌駕する勢いの爆乳さんなのに、サエモンはそれを巧みな輪郭の処理やなめらかなトーンワークにより上品で自然なボディラインにまとめ上げてみせる。このド迫力おっぱいと美おっぱいとをみごとに両立させた魅惑の肢体描写は最大最強の武器としてこの作家をいずれスターダムにのし上げるに違いない。
作劇は絵の方ほどには個性明確ではないけれど、こちらも処女単行本とは思えぬウェルメイドなもの。フォーリンラヴ直前もしくは恋人関係になりたて男子女子の普遍的なタイマンエロスをベースに単行本タイトルどおりの多彩な関係性を網羅する。同級生あり年の差カップルあり、野郎側からグイグイ攻めたてたかと思えば女の子がすっかり主導権を握ったりといろんなタイプの恋愛模様を堪能だ。導入部では多少の温度差が見られる2人でもいざお互いの気持ちを確認すれば恋人たち全員そろって熱烈ラヴモードに突入するのも特徴のひとつで、ほとんど他者の介在しないクローズドで広がりのない世界観を逆にプラスへ転化し物語全体にメイプルシロップをぶちまけたみたいな赤面必至のイチャイチャっぷりを過剰摂取。
ほとんどの作品がコンビニ売り誌掲載分ゆえ奇抜な趣向や特殊なアイテムなどはいっさいなくエロシーンはもっぱら彼ら彼女らの肉体言語の応酬となるが、現代成年漫画に不可欠な各種演出を網羅しつつもそれらをことさら強調せず自然な形でセックスを盛り上げてゆく総合的な濡れ場構成力の高さが白眉。おっぱい描写のところでも述べたように、一歩間違えると下品になりかねないハート目やトロ顔といったアタックの強い要素をこの人はじつにエレガントなやり方で取り入れ相手への全面的な愛情告白の証として表出させているのがすばらしいと思うのだ。清楚で純真な少女たちがステディな彼氏の前でだけは日常の枷を解き放ち全身全霊でよがり狂いながら心底幸せそうにアクメるさまが読み手の股間をいつまでも屹立させて止まない。
当初から好意を隠さないか最初はつれなくしてみせるかの違いはあれど、素直な気持ちをぶつけあえば出てくるカップルみな相思相愛ゾッコンLOVE。きつく抱き合い濃密に舌先を絡めあいながらベッドでの真剣勝負へすぐさま移行だ。着衣の上からでも存在感抜群のエクストララージバストを布地から解き放ち下腹部の茂みへゆっくり指を這わせては敏感な部分を刺戟するとたちまち女子どもほおを紅潮させ呼吸を荒げて発情モード。執拗な愛撫に濡れそぼちすっかり準備万端の蜜壷を自分から突き出して挿入をおねだりの彼女のご要望にお応えして粘膜どうしのハードな摩擦運動を開始。大ぶりのヒップを抱えこみながら激しく腰を突き上げるたび瞳にはハートマークを浮かべ日本語にならない嬌声を四方八方へまき散らす光景がなんとも扇情的だ。大量の分泌物と擬音にまみれながらイクイク連呼し涙ながらにのぼりつめてゆくヒロインズのドスケベまんこの最深部に2度3度と熱い飛沫をプレゼント。
ワニマガ物件らしくのっけから作画/作劇とも高い水準でバランスした上々のデビュー単行本。加えて全編恋人どうしエロス専科であり多くの作品で膣内射精複数ラウンド制であるのもマイちんこ的に大いなるプラス要素だ。絵柄がキャッチーすぎて早いうちに一般誌へスカウティングされてしまいそうなのが不安要素だけれど、しばらくの間はこのワンダフルな美おっぱい描写とハッピー&ストロングセックス満漢全席を楽しませてもらいたいもの。どの作品も腎虚になるまで息子を酷使させてもらったが、なかでもキュートでドエロい同居少女と朝までガチファック&卒業と同時に結婚という全人類男子の夢実現な「カワルカンケイ」連作と、お付き合いが深まるほどにおとなしめ地味っ娘彼女はドスケベな本性を見せてくれて……の「黒川さんとの休み時間」でことのほか抜きまくりしごきまくり。

ネコと和解せよ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/3購入。

-来住英俊「キリスト教は役に立つか」新潮選書 ISBN:9784106038006
-K・ヴォネガット「人みな眠りて」河出書房新社 ISBN:9784309207261

2017-05-01

今月のプルテウス幼生。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-東雲龍「セックスガールフレンズ」ワニマガジン社 ISBN:9784862694881
話○ 抜○ 消小 総合○

おぼこいJKから熟れ熟れの人妻まで出てくる女子みなドスケベフェイスをさらけ出しイキまくり射精されまくり短編9本+巻頭フルカラーショート1本。ガチエロ界から飛び出しライトお色気漫画や非抜き物件で羽を伸ばしてきた俊英がひさびさにリミッター解除で問答無用ストロングセックスを大量投下の作者最新刊は完全新作黄色い楕円作品集としての第13弾コミックスだ。
この作家の存在を知ったのはたしか10年以上前のことだと思うが、おそらくは女性向け仕事から転向してきた直後で絵柄もオーセンティックな少女漫画絵そのままなのに、異様にリキの入った性器描写と背徳感あふれるエグい作劇を怒濤のごとく展開していてすっかりその魅力のとりこ。以後は当ブログでもこの人の新刊が出るたびに速攻購入しつらつらと感想をつづっていたのだけれど、昨今は成年誌での執筆が極端に減り単行本も出るのは自慰表明に向かない系統の作品が続いてすっかりレヴュウがごぶさたに。そんななか突如としてガチ成年指定の新作リリースが予告されたのだから意気消沈していた俺のポークビッツも俄然ビッグマグナムと化しましたよ!
最近でも旧作の再録集はときおり出ていたのだけれど、ガチ成年向けかつオール新作単行本としては2012年にエンジェル出版より刊行の「デレてみだら」からじつに5年以上経過してのお目見え。こちらで記事にするのもnot18禁で同年秋に発売された「なでしこ・すいむ」(少年画報社刊)以来4年半ぶり。なお版元公式web内のコミックス情報ページでサンプル画像や各ショップ購入特典が参照できるので、いきなり本屋へ向かうより先にそちらを覗いておくのをオススメ。
いざブツを手にするまではガチエロからしばらく遠ざかって現場感覚も薄れているのでは……と勝手に思っていたのだけど、のっけからビッグバストをまろび出し液汁まみれでえげつないアヘ顔を披露するカヴァーイラストを前にそんな心配も雲散霧消。中身のモノクロ原稿も端整なBL/TL系のタッチをベースに上品さと淫靡さがほどよくブレンドされた、俺の記憶しているとおりの東雲龍印。ただ収録作の初出が2011-17年とかなりワイドレンジなぶん絵柄の新旧差はハッキリわかる部類で、後半に収められた古めの作品群は若干表紙絵とのギャップがある。昔の作品はいささか筆は粗っぽいもののよりポップで弾けた雰囲気で、最近のそれは描線が整理されいくらか迫力を失った代わりシルキーに洗練されたと評せようか。個人的にはどちらのタッチも好きなので1冊で2タイプのヴィジュアルを楽しめてお得な感じ。
この滑らかなお筆先から生み出される女性陣は年のころハイティーン~アラサー附近の黄金世代で占められる。花も恥じらうJKちゃんからフェロモンダダ漏れ奥さま連中まで多種多様なヒロインがお出迎え。お歳の上下を問わずキュートかつきらびやかなフェイスにド迫力ボディの組み合わせがこの人の昔から変わらぬ武器で、ツヤベタも美しいおぐしや繊細な下着類のディテイルもまた女性作家らしいフェミニンな空気が表出されておりナイスだ。そう言いつつも豊満すぎていくらか崩れはじめているおっぱいのラインやぷっくり土手が盛り上がった美味そげなまんこなど魅惑のエロパーツ描写が想定読者層たる男子諸君の劣情を大いに励起せしめる。
長編シリーズでは疾風怒濤の大河ドラマや愛憎入り乱れる寄る辺なき衆生の業を訥々とつづってゆくこの人も、本作がそうであるように読み切り作品だと肩の凝らないライトエロコメが中心。現代日本の日常生活をベースに据えつつ甘々タイマンラヴから楽しく多人数ファックまで、はたまたおバカなノリありほの暗い愛の機敏を描くものありとヴァラエティ豊かな恋愛模様を展開してみせる。連載もので見せるような少々重苦しいくらいダイナミックにうねるお話運びも悪くないけど、私的嗜好からするといろんな味わいのアラカルトを楽しめる今回のような短編群がよりフィット。いずれにせよエロ/一般を股にかけ長らく活躍するそのキャリアは伊達ではなくリーダビリティはきわめて良好だ。
1本あたり20-22ページの平均的な容量でエロシーン密度も突出したものとは言えないけれど、東雲龍謹製のゴージャスボディが画面狭しと入り乱れるさまはそれだけでもう眼福。加えてSMティックな趣向を導入したり男女どちらかに主導権を寄せて支配/服従の構図を浮き彫りにしたりとノーマルエロにとどまらない刺激的なギミックを随所に織りこんでセックスの背徳感や臨場感を高める工夫がマーヴェラスだ。ここに古めのお話だと大量の分泌物まみれのウェッティな交合が、直近作ではトロトロのだらしないアクメフェイスを前面に押し出した淫猥なセックスがそれぞれ加わることで読み手の摩擦運動を大いにアシスト。
清純な少女も妖艶な淑女も日常の仮面をひと剥ぎすればたちまちセックス大好きドスケベっ娘へと変身。たわわに実った双丘にたぎる怒張を迎え入れ即座に先走り汁を搾取したかと思えば休憩など許さずこんどは屹立したままのシャフトへしとどに濡れた蜜壷をゆっくり沈めてゆく。激しく内奥を貫かれるたび呼吸を荒げダラダラよだれ垂らしながら脳を灼く快感に全身を打ち震わせ法悦の態でよがり狂うさまがなんともエロティックだ。ビッグバストをブリブリ揺らし自分から結合部を突き上げてはしきりに膣内射精を懇願する彼女のリクエストにお応えし、子袋の奥深くまで特濃孕み汁の奔流をしみこませフィニッシュ。
活動の主軸はもはや成年マーク業界以外のところに置いている人だけど、往年の熱に浮かされたような狂騒をいくばくかは追体験できて昔からのファンとしてはありがたい限り。毎月どこかのエロ漫画誌でその姿を見かけた全盛期のノリを再び……とまでは言わなくても引き続きたまにはこっちに戻って容赦なきストロングファックを見せつけ貫禄を示してほしいもの。個人的には新旧どちらの作品も美味しくいただいたけれど、母乳が出ちゃう体質の同級生女子を男子2名が調子に乗ってハードに蹂躙しまくりの「佐伯さんの日課」がオールドタイムの、フラレナオン後輩JDのヤケ酒につきあう先輩男子が複雑な思いを抱えつつ据え膳頂戴「飲み友達」がニュータイムの、それぞれ私的ベストバウト。

やきもち焼きの土器つくり

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
5/1購入。

-川田順造「レヴィ=ストロース論集成」青土社 ISBN:9784791769797
-「COMIC快楽天」2017年6月号

2017-04-30

日御子

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
4/30借出。

-高田寛太「海の向こうから見た倭国」講談社現代新書 ISBN:9784062884143
-立岩真也/杉田俊介「相模原障害者殺傷事件」青土社 ISBN:9784791769650
-小泉和子編「パンと昭和」河出書房新社 ISBN:9784309750231
-「江戸の武士 仕事と暮らし大図鑑」廣済堂出版 ISBN:9784331803578

2017-04-29

今夜のハイパーレスキュー。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-リリスラウダ「巨乳優等生」ジーウォーク ISBN:9784862976697
話○ 抜○ 消小 総合○

純真無垢な同級生や凛とした委員長が卑劣な罠に堕ち執拗な調教のもと性奴へと転落してゆき短編6本+描きおろしフルカラーショート1本。キュートフェイス&すべすべボディのおっぱいっ娘連中が見るも無惨なメスブタへの道一直線の凄惨な光景を頭からシッポまでたっぷりと充填の作者最新刊は通算3冊めのコミックスにして初の巨乳ヒロイン作品集だ。
予備知識ゼロの状態で手にしたこの人の初単行本「いいなりっ娘」に強い衝撃を受け以後すっかりデフォ買いするようになったのももうだいぶ前のこと。掲載媒体がややマイナーで書店店頭ではなかなかお目にかかれないもののコミックスは欠かさず購入してきた。そんななかずっとつるぺた専科だった彼の新刊がなんとビッグバスト女子オンリーとの報がもたらされ驚愕しながら発売日を待ちこがれておりましたよ。
前作「つるつるまん娘」刊行からおよそ1年半ぶりの再会となったこちら、単行本タイトルでもう露骨に明らかだがホルスタイン級の雄大な双丘がまる見えなカヴァーイラストを前に「ついにリリスラウダが巨乳ものを……」と感慨にふける。中身の作画は従来どおりファンシィかつ愛らしい端整なタッチでホッと安堵するも、暗く禍々しい表紙の彩色がいやがうえにも股間を刺戟。なお出版社公式web内の新刊案内から内容サンプルが見られるので、本屋へおもむく前にそちらで全体の雰囲気をつかんでおくのも一興だ。
この艶めく筆致でものされる女性陣はちんまい女子専科の既刊3冊から平均年齢が若干アップして制服JKオンリーとなる。お顔の造形はロリっ娘同様おっきな瞳に丸っこい輪郭の親しみやすいものながら、首から下はおわん型の雄大な2つの頂が目を見張る存在感を発揮。巻末著者あとがきで「制服+おっぱいという組み合わせが好き」と自身述べるとおり、カッチリとフォーマルな着衣からメスの記号たる淫靡な乳房がまろび出されているさまがなんとも扇情的なのだ。この作家特有の強いディフォルメで描かれる、リアル女子では実現不可能なボンキュッボンの2次元ならではの理想体型がナイス。もっともそんな彼女らの美しい女体ものちの調教次第では無残に崩れ奇怪な様相を呈してゆくのだけれど。
肢体描写こそ大幅にチェンジしたものの、くり広げられる物語たちはどこをとっても明確なメイド・イン・リリスラウダ。すなわち、薬や器具によるコントロールを多用した凌辱調教堕ちもの系の雨あられ。単行本のサブタイトルで「ドMの淫乱雌豚に大変身!」とあるように、純真だったり高潔だったりのヒロインを被虐の悦びに目覚めさせどのような下劣な行為もいとわぬ立派なビッチへと作り替えてゆくのがオハナシの通奏低音となる。収録作の初出については記載がないものの、作者サイトの発売告知記事によると過去に発売した同人作品に加筆し新作をプラスしたとのことで、そのぶん作者の欲望がよりストレートに表出された作品群といえよう。
大半のお話が30ページ以上の大容量ゆえ濡れ場の物理的なスペースもその密度も過去単行本以上に充実だ。なにも知らない少女が毒牙にかけられ無残に純潔を奪われては悪夢のごとき凌辱を受け続け一人前の肉便器へと堕ちてゆくまでの一連のシークエンスをSMティックな趣向を交えながらじっくりねっとりお届け。加えて調教ネタという性格上ただ女の子に射精して終わりなのではなくむしろそのあとこそが本番に相当するもので、ピアッシングや性器拡張などエグい肉体改造系の描写が頻発する。身の毛もよだつような投薬や器具操作の成果で爆乳の先端からだらしなく乳首を伸長させ男性器のようにクリトリスを長く猛々しく屹立させられる屈辱にももはや感応せずニッコリほほえむ彼女の精神は完膚なきまでに破壊され動物のごとく浅ましき肉欲のみが残るのだ。
ありとあらゆる手段で人権を蹂躙され人間としての尊厳を徹底的におとしめられながら少女たちは徐々に脳の回路を灼き切られ即物的な欲望にだけ反応する一種のオートマタへと作り替えられてゆく。当初口答えし反抗する余裕のあった彼女らもやがて全身を拘束され怪しげな薬物の副作用でちんこのことしか考えられない立派なメス奴隷へと堕ちてゆくのだ。ビッグバストをブリブリ揺らし下腹部からドバドバ愛液垂れ流しながらハート目で咆吼し四方八方へ淫語マシンガン連射の壮絶な痴態はもはや人類とは思えない。肉体を切りつけられ奇妙な形へ歪まされながらヒトならぬモノへと変容してゆくももはやヒロインの摩滅しきった精神からはいっさいの苦痛も苦悩も失われ一体のセックス人形として解脱する。
以前からイラストではよくおっぱいっ娘を描いていたのを目にしていたので、リリスラウダの巨乳ものと聞いても自分はそれほど違和感はなかった。それにこの新刊を読み通し改めて認識したのは、結局のところこの作家の本領はバストの大小とは関わりなく彼の創りあげる物語世界自体なのだということ。壮絶な人格破壊プロセスを細かな感情表現のディテイルにまで気を配りながら緻密につむぎヒロインのビフォー/アフターの悲劇的なまでの落差を浮き彫りにするその荒涼とした精神のありようが読み手の心の奥底にヒリつくような感触を刻みこむのだ。だもんで俺とは逆に乳オバケだからと敬遠しているようなリリスラウダ愛読者はぜひ本作を手にしてほしい。一読すればこの作品集がなんら異端ではなくこれこそリリスラウダの王道なのだと理解できるはず。まあそんなエグい作風なので甘々イチャラヴ大好きっ漢には間違っても推薦できませんがね! 収録作いずれも心はキュッ股間はふっくらだけど、なかでも見るからにおぼこい純情可憐制服っ娘が脅迫のうえレイプされ恋人以外のセックス奴隷へとおとしめられては見るも無残な最期を迎える「寝取肉便姫」と、才色兼備強気生真面目爆乳委員長をマインドコントロールで知らぬ間に従順なドM露出狂ビッチへと人格改造の「操姫(アヤツリヒメ)」が私的ベスト。